ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム戦争描く長編漫画「ディエンビエンフー 完全版」全12巻電子刊行

2019/11/15 10:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) 島島
(C) 島島 写真の拡大

 漫画家の西島大介によるベトナム戦争を描いた長編漫画「ディエンビエンフー 完全版」全12巻が、15日からKindleほか約50の電子マンガストアに一斉配信される。発行は「島島」、電子書籍販売代行は「電書バト」。

 発行元「島島」は、西島氏が設立した個人電子出版レーベル。「豊かな発想で未来を実装」をモットーとし、西島氏の作品だけを電子刊行していく発行所で、「ディエンビエンフー 完全版」はその第一弾リリースとなる。

 「ディエンビエンフー 完全版」には、双葉社の新装版では未収録だったエッセイ・コミック「アオザイ通信」を完全収録。電子版の装丁はIKKI版と同じデザイナー柳谷志有氏(nist)が手掛け、IKKI版の雰囲気を再現しつつ電子書籍に最適化させている。カバー裏面や折り込み部分もフルカラーで収録。劇画家・平田弘史氏による毛筆ロゴも本編で復活している。

 また、奥付に記された「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」により、「表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際(CC BY-NC-SA 4.0)」に対応。スクリーンショットなどによる本編画像の引用や改変を著者自身が許可している。著作の再利用に関してオープンな姿勢を作家自身が明示することは、セルフ・パブリッシングならではの試み。

 「ディエンビエンフー 完全版」はベトナム戦争を描いた物語で、複雑な経緯を持つ。2005年にKADOKAWAで最初の単行本が刊行され、翌年小学館へ移籍し月刊連載としてリスタート。しかし2014年に掲載誌「月刊IKKI」が休刊し、小学館から全12巻を敢行するも未完。

 その後双葉社へ移籍し完結編「ディエンビエンフー TRUE END」3巻を敢行し完結したが、新装版復刊は限定的だったため、物語の「第二部」「第三部」に当たる「ディエンビエンフー」7~12巻は長い間「絶版」状態にあった。

 双葉社より刊行された完結編「ディエンビエンフー TRUE END」と、IKKI版の「第三部」11、12巻には物語に齟齬があり、読者の間では「黒歴史」「BAD END」と呼ばれている。それぞれ異なるエンディングが描かれ、物語は「マルチヴァース(並行宇宙)」化している。今回の電子刊行はその「黒歴史」部分を含む「IKKI版」1~12巻の完全な復刊だ。

 「ディエンビエンフー 完全版」全12巻の配信により、昨年刊行された完結編「ディエンビエンフー TRUE END」全3巻(双葉社)と合わせれば、全ての物語を電子書籍で読むことが可能になる。

 なお、配信開始に先行して「島島」所属のバーチャル・ユーチューバー「ヒカル・ミナミ」によるバイリンガルによる作品解説が公開中。このほか、「島島」noteでは「『ディエンビエンフー 完全版』全12巻電子書籍リリースに関する覚え書」としてリリースに至る経緯を公開している。

[2019年11月11日 島島ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [日系]
原田工業、ベトナム連結子会社の第3工場を本格稼働へ (5日)
 車載アンテナ各種の企画・設計開発・製造・販売を手掛ける原田工業株式会社(東京都品川区)の連結子会社である原田工業ベトナム(Harada Industries Vietnam、東南部地方ドンナイ省)は、第3工場を2020年1月初旬よ...>> 続き
イオン5号店「イオンモール・ハドン」、ハノイで12月5日オープン (4日)
 イオン株式会社(千葉県千葉市)とイオンモール株式会社(千葉県千葉市)は12月5日(木)午前10時、イオンモールのベトナム5号店「イオンモール・ハドン」をハノイ市ハドン区ズオンノイ街区(phuong Duong Noi)にグラ...>> 続き
新潟・燕三条貿易振興会、ホーチミンにアンテナショップをオープン (3日)
 新潟県の県央地域の製造業者80社余りが参加する燕三条貿易振興会(旧:三条市貿易振興会)は1日、燕三条のものづくりをPRするアンテナショップ「燕三条ショップ(Tsubame Sanjo Shop)」をホーチミン市にグランドオ...>> 続き
JCBとヴィエティンバンク、ベトナム航空のクレカ発行―富裕層向け (3日)
 三菱UFJ銀行が出資するヴィエティンバンク[CTG](Vietinbank)と国営航空会社ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)、株式会社ジェーシービー(東京都港区)の海外業務を手掛ける>> 続き
日本の製造業の有望事業展開先、ベトナムは3位に返り咲き (2日)
 国際協力銀行(JBIC、東京都千代田区)が発表した日本の製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査報告によると、今後3年程度の中期的な有望事業展開先国・地域のランキングで、ベトナムは前年の4位...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)