ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本の製造業の有望事業展開先、ベトナムは3位に返り咲き

2019/12/02 06:06 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 国際協力銀行(JBIC、東京都千代田区)が発表した日本の製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査報告によると、今後3年程度の中期的な有望事業展開先国・地域のランキングで、ベトナムは前年の4位から順位を1つ上げて3位に返り咲いた。

 今回で31回目を迎える同調査は、海外事業に実績のある日本の製造業企業の海外事業展開の現況や課題、今後の展望を把握する目的で1989年から実施しているもの。調査対象は製造業で原則として海外現地法人を3社以上(うち生産拠点1社以上を含む)有する企業。調査企業数1004社、回答企業数588社、回答率58.6%となっている。

 中期的に見て「ベトナムは有望な事業展開先」と回答した企業は全体の36.4%で、前年の33.9%から+2.5ポイント上昇した。中堅・中小企業からみた中期的有望国・地域のランキングでは、ベトナムは33.6%で前年の4位から1つ順位を上げて3位となった。

 ベトナムが有望だとする理由として、◇現地マーケットの今後の成長性(63.6%)、◇安価な労働力(43.4%)、◇優秀な人材(26.6%)、◇他国のリスク分散の受け皿として(18.9%)、◇現地マーケットの現状規模(18.9%)などが挙げられた。

 一方、課題として、◇他社との厳しい競争(35.4%)、◇労働コストの上昇(31.0%)、◇法制の運用が不透明(29.2%)、◇管理職クラスの人材確保が困難(29.2%)、◇技術系人材の確保が困難(19.5%)などの回答があった。

 中期的有望国・地域ランキングの1位は前年2位のインド(得票率47.8%)。以下、◇2位:中国(同44.6%、前年1位)、◇3位:ベトナム(同36.4%、前年4位)、◇4位:タイ(同32.9%、前年3位)、◇5位:インドネシア(同25.2%、前年5位)だった。

[2019年11月27日 国際協力銀行プレスリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
HOLUS、チャビン省で農業調査を実施へ―省政府と覚書 (15:05)
 ベトナムで野菜の栽培・加工を手掛け、日本で輸入・販売を行う株式会社HOLUS(大阪府大阪市)は11月30日、南部メコンデルタ地方チャビン省政府および在名古屋ベトナム名誉領事館の夏目長門名誉領事との三者間で、...>> 続き
ホンダベトナム、高級スクーター新モデル「SH150i」を11日に発売 (13:46)
 ホンダベトナム(HVN)は、人気高級スクーター「エスエイチ(SH)」のフルモデルチェンジバージョンである「SH 150i」を12月11日に発売すると発表した。同車種は当初、11月24日に発売を予定していたが、発売時期が...>> 続き
関西電力社内ベンチャー、ホーチミンのローカル旅行サービスを開始 (9日)
 関西電力グループのTRAPOL合同会社(大阪市北区)は5日、旅行者と海外のローカルフレンドを繋ぐサービス「TRAPOL(トラポル)」を正式リリースした。  現時点ではベトナム(ホーチミン市)のみで展開しているが、...>> 続き
三国歯科グループ、チャビン省と国際協力協定―口腔ケア推進と大学教育支援 (9日)
 三国歯科グループを運営する医療法人社団大伸会(千葉県松戸市)は11月30日、南部メコンデルタ地方チャビン省との間で、チャビン省の住民に対する口腔ケアの推進およびチャビン大学歯学部に対する教育支援を柱と...>> 続き
ユニクロのベトナム1号店がオープン、開店前から長蛇の列 (6日)
 6日、カジュアルブランド「ユニクロ(UNIQLO)」のベトナム1号店が、ホーチミン市1区にオープンした。  「ユニクロ・ドンコイ店」は、ドンコイ通りとレタントン(Le Thanh Ton)通りの角にある「パークソン・サ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)