ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

LED照明のニイヌマ、ベトナム2社目の現地法人を設立

2020/08/03 12:23 JST配信
Clip to Evernote
(C) ニイヌマ株式会社
(C) ニイヌマ株式会社 写真の拡大

 LED照明の開発・製造・販売などの環境事業を手掛けるニイヌマ株式会社(宮城県石巻市)は、ベトナムで2社目の現地法人となる「NIINUMA TOMOFARMCO., LTD」を南中部高原地方コントゥム省に設立し、 8 月より業務を開始する。

 昨年設立した1社目の現地法人「NIINUMA VIETNAM CO., LTD.」では、民間事業だけでなく、ベトナムの地方部での行政関連事業の拡大および関係構築を進めてきた。活動の中で、都市部の経済発展と健康意識が高まっていること、その一方で、貧困や食糧難・衛生面や健康面など生活水準が著しく低いという地方が抱える問題を目の当たりとし、産業構築に取り組む必要性を実感してきた。

 新会社では、ニイヌマ株式会社が展開してきた農業事業をベトナム山間部にて事業展開し、ベトナムの地方に住む人々とともに、健康で安心できる価値の高い食材を栽培し、販売していく。

 さらに行政と協力し、農業事業を行いたい企業を誘致・発展するためのサポート、アグリツーリズム事業(農業×観光)を展開し、ベトナムにおける農業事業全体の発展を目指す。

 ベトナムに住む人々の食と安全を守るとともに、きめ細やかな品質管理とサービスを提供することで、顧客の期待に応えられる体制を整えていきたい考え。ベトナムの各地方の人々とともに成長していき、同社が目指すSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みの一つとして、地方の貧困や食糧難、衛生面や健康などの生活の質が改善されていくこと、健康で豊かに生活が送り続けられるような産業構築を目指していく。

現地法人の概要
社名:NIINUMA TOMOFARM CO., LTD
農園::Mang Den High-tech Agriculture Area, Kon Plong Dist., Kon Tum
事業内容:農作物・果物の栽培、加工、販売事業
資本金:10億5000万VND(約480万円)
出資関係:ニイヌマ株式会社 100%出資
設立日:2020年7月17日

[2020年7月31日 ニイヌマ株式会社ニュースリリース U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
在ベトナム日系企業の給与動向、管理職層の上昇率+10%以上 ICONIC調査 (25日)
 グローバル人材総合サービスを手掛けるICONIC(ホーチミン市)は、在ベトナム日系企業178社(総従業員数:3万7347人)を対象に実施したベトナム人従業員の給与動向に関するアンケート調査の2020年版データを発表し...>> 続き
第一三共、ベトナムに子会社を設立 (25日)
 第一三共株式会社(東京都中央区)は18日付けで、同社の100%子会社として「第一三共ベトナム」をホーチミン市に設立した。資本金は800万USD(約8億4000万円)。  第一三共は、2014年にホーチミン駐在員事務所...>> 続き
通販のLibeiro、FLCグループと業務提携 ベトナムに新会社を設立 (24日)
 通信販売を手掛ける株式会社Libeiro(東京都中央区)は、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)と業務提携を締結し、ベトナムに新会社「セーレン(SEIREN)」を設立した。  セーレンは、ベトナム在住者向...>> 続き
カネカ、ベトナムで医療用カテーテルの生産能力を3倍に増強 (24日)
 株式会社カネカ(東京都港区)は、グループ会社で医療用カテーテル製品の組立加工を手掛けるカネカメディカルベトナム(旧社名:カネカファーマベトナム=Kaneka Pharma Vietnam、東南部地方ビンズオン省)における...>> 続き
農林水産省、「日本食普及の親善大使」にハノイ在住の小林氏を任命 (23日)
 山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使は15日、ハノイ市の日本食レストラン「和食処紀伊」と「寛」のオーナーである小林宏治郎さんに対し、「日本食普及の親善大使」の任命状を授与した。  「日本食普及の...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited