ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

禅僧ティク・ナット・ハンが帰国、70年間の使命終え故郷で静養へ

2018/11/02 06:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) Tuoi Tre
(C) Tuoi Tre 写真の拡大

 ベトナム出身の禅僧で平和や人権運動家として広く知られるティク・ナット・ハン(ティック・ニャット・ハイン/Thich Nhat Hanh/釈一行)氏が10月26日、リハビリ療養の拠点としているタイのナコーンラーチャシーマー(Nakorn Ratchasima)から南中部沿岸地方ダナン市ダナン国際空港に降り立った。ハン氏は2017年半ばに9日間帰国しており、およそ1年ぶりの帰国となった。

 空港では北中部地方トゥアティエン・フエ省フエ市のバオラム(Bao Lam)寺から禅僧ティク・ザック・クアン氏率いる代表団がハン氏を出迎えた。ハン氏がバオラム寺の僧侶らに宛てた手紙には「私はこの身が尽きるまでの日々を、トゥーヒエウ(Tu Hieu/慈考)寺の師や弟子が揃う地で過ごすためにベトナムへ帰国することを決意した」と記されている。

 またハン氏は手紙で、「師に託された使命は70年間の活動を通して、その教えはトゥーヒエウ寺の継承者やベトナムの仏教徒、世界中へ広まった。命の輪が閉じつつある今、残る月日を師や弟子と共に過ごす時が訪れたと感じている」とも綴っている。

 ハン氏の教えや同氏とのエピソードを書いた「Dinh xuat ky nhan」の著者で学者のグエン・ダック・スアン(Nguyen Dac Xuan)氏は、ハン氏の帰国についてこう語る。「ベトナム国民なら誰もが余生は故郷で迎えたいと思うのと同じようにハン氏も使命を終えた今、師や弟子の元へ帰りたいのです。ハン氏の願いはとてもシンプルです。大きなお堂もお墓もいらない、ただ火葬して故郷の血に撒いて欲しい、そう願っているのです」。

 ハン氏は1926年にフエで生まれた。1942年にトゥーヒエウ寺で出家し禅僧となり、ベトナム戦争中には仏教指導者として人々の救済にあたった。 後に米国やフランスへ渡り、平和活動や瞑想指導に従事し、1967年にはノーベル平和賞の候補に挙げられた。

 ハン氏は2014年の脳出血の後遺症で言葉を発することはできないものの、健康状態は良好で専属スタッフが身の回りの介助をしている。この後、ダナン市内の海岸沿いのホテルに滞在してからフエ市で静養するとされている。

[Tuoi Tre 20:41 26/10/2018 / Tuoi Tre 19:06 30/10/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ベトナムの全国人口9467万人に増加、世界14位 (6:20)
 保健省人口・家族計画化総局によると、2018年におけるベトナムの全国の人口は前年比で約100万人増加して9467万人となった。ベトナムの現在の人口は世界で14位につけている。  2018年における全国の出生数は...>> 続き
台湾でベトナム人152人逃亡、人身売買容疑などで7人逮捕 (4:26)
 2018年12月に台湾でベトナム人観光客152人が行方をくらました事件で、台湾当局はベトナム人らの不法入国を支援したとして人身売買容疑などで7人を逮捕したことを明らかにした。  容疑者7人の行為は、移住法...>> 続き
出所不明の金のジュエリー2300万円相当、窃盗品と判明―男を逮捕 (22日)
 南中部沿岸地方クアンナム省の宝飾店で、男2人が出所不明の大量の金のジュエリーを転売しようとしていた事件で、同省刑事警察は2人のうち1人を窃盗容疑で逮捕した。  逮捕されたのはグエン・ドゥック・トゥ...>> 続き
ベトナム製の超小型衛星、軌道投入に成功―「イプシロン」4号機に搭載 (21日)
 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前、ベトナムの「マイクロドラゴン(MicroDragon)」を含む超小型衛星7基を搭載したイプシロンロケット4号機を、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げ、全ての衛星を予定の...>> 続き
ホーチミン:テト特需で家政婦確保できず、高日給+お年玉支給も (21日)
 テト(旧正月)を3週間後に控え、ホーチミン市では商業・サービス業が繁忙期を迎えている。ところが、日給100万VND(約4600円)の高額で求人をしても応募者が集まらない事態となっている。  同市では例年テト前...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)