ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:在住日本人がキャッシュカードのスキミング被害に

2019/02/12 04:07 JST配信
Clip to Evernote
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 ホーチミン市在住日本人がキャッシュカードのスキミング被害に遭ったとして、在ホーチミン日本国総領事館が注意を呼びかけている。

 在ホーチミン日本国総領事館によると、同市2区の銀行ATM(現金自動預け払い機)で1月、在住日本人が使用したキャッシュカードを置き忘れたわずか数分の間にこのキャッシュカードをスキミングされ、翌日から2日間で複数回にわたりATMから口座の全額を引き出されるという事件が発生した。

 被害者は置き忘れたキャッシュカードを次に並んでいた女性から数分後に返却されており、この女性が容疑者の可能性があるという。また、このATMには見慣れないかばんが置いてあったとの情報もあり、このかばんの中に隠しカメラを仕掛けて暗証番号を盗撮していた可能性もある。

 スキミングは、店舗ではスキミング装置(スキマー)に客から預かったクレジットカードを通して情報を盗んだり、ATMなどでは携帯可能なスキマーに入手したキャッシュカードやデビットカードを差し入れて情報を盗み取ったりする手口で行われる。

 その後、偽造用の生カードと呼ばれるものにスキマーで盗んだ情報を記録し、キャッシュカードやクレジットカード、デビットカードを偽造する。また、カード情報を盗むのと同時に、暗証番号を盗み見たり、隠しカメラで盗撮したりもする。

 こうした中、在ホーチミン日本国総領事館はスキミング被害を予防するために、◇信用できない店でのクレジットカードなどの使用を控える、◇ATM周辺に置いてある不自然なかばんなどに注意する、◇不審な装置が取り付けられているATMは利用しない、◇周囲の人物に暗証番号を見られないようにする、◇店舗内の防犯カメラからも暗証番号が見えないようにする、◇暗証番号をメモなどで残さない、◇容易な暗証番号(1234、1111、誕生日など)を使用しない、など、注意喚起を行っている。

[2019年2月1日 在ホーチミン日本国領事館プレスリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
エミレーツ航空に罰金、ベトナムの規定に違反 (15日)
 ベトナム民間航空局(CAAV)はこのほど、ベトナムにおいて複数の違反があったとして、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地とするエミレーツ航空(Emirates)に対して1500万VND(約7万3000円)の罰金を科した。 ...>> 続き
違反車両の高速乗り入れ永久禁止、当局が道路管理者に規定見直し指示 (15日)
 ベトナム高速道路開発投資総公社(VEC)傘下のベトナム高速道路技術サービス社(VEC E)は11日、VECの規定に違反したとして乗用車2台に対し、同社の管理する高速道路4本への乗り入れを永久に禁止すると発表した。 ...>> 続き
国際数学コンテスト「ITMC 2019」、ベトナムの学生2人が金メダル (15日)
 タイで8日から12日にかけて開催された「第7回国際数学コンテスト(International Talent Mathematics Contest=ITMC 2019)」で、ベトナム代表として出場したハノイ市の学生52人のうち2人が金メダル、15人が銀メ...>> 続き
バレンタインと富の神様の日がドッキング、宝飾店にひしめく人々 (14日)
 テト(旧正月)明けの旧暦1月10日は「富の神様の日(ngay Via Than Tai)」で、今年は新暦2月14日のバレンタインデーと日にちが重なった。大切な人への贈り物や幸運のアイテムを手に入れるべく、多くの人々がゴール...>> 続き
ILOの職業安定組織条約を批准、職業紹介サービス充実化に期待 (14日)
 ベトナムは、国際労働機関(ILO)の1948年の職業安定組織条約(第88号)を批准した。これは、ベトナムが批准した22件目のILO条約となる。  同条約は、職業安定組織の本来の任務を完全雇用の達成と維持だとし、...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)