ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:ホーチミンなどからの入域者の自宅隔離措置を2日で撤回

2021/11/19 17:51 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市人民委員会は18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の調整に関する公電第24号/CD-UBNDを発出し、16日付け公電第23号/CD-UBNDで規定した、ホーチミン市など感染リスクのある省・市からの入域者に対する自宅隔離を含めた措置をわずか2日で撤回した。

 公電第24号によると、十分なワクチンを接種済み、または感染して回復済みの人がハノイ市に入域する場合、自宅隔離は不要で、7日間の健康観察のみを適用し、1日目のみ新型コロナウイルス検査を実施する。ただし、咳や発熱、息苦しさ、喉の痛み、味覚喪失などの症状が出た場合、入域者は地元当局に報告しなければならない。

 ワクチンを1回のみ接種済みの人には、7日間の自宅隔離と続く7日間の健康観察を適用し、1日目と7日目に新型コロナウイルス検査を実施する。

 ワクチン未接種の人には、14日間の自宅隔離と続く14日間の健康観察を適用し、1日目、7日目、14日目に新型コロナウイルス検査を実施する。

 同市人民委員会がこれに先立つ16日に発出した公電第23号では、十分なワクチンを接種済み、または感染して回復済みの人がレベル3(高リスク:オレンジゾーン)・レベル4(超高リスク:レッドゾーン)の行政区、ホーチミン市や東南部地方ビンズオン省、同ドンナイ省、南部メコンデルタ地方ロンアン省など感染者が多い省・市からハノイ市に入域する場合、健康観察の代わりに7日間の自宅隔離を適用するなど、措置を強化していた。

 これを受け、多くの人々がハノイ行きの航空券をキャンセルするなど、移動を自粛した。

 一方、公電第23号の措置は新型コロナと安全かつ柔軟に共存していくための臨時措置に関する政府決議第128号/NQ-CPに違反するとして反対の声が多くあがっていたため、市は対策を調整する公電第24号を発出する形となった。

 政府決議第128号/NQ-CPの中で、政府は地方自治体が新型コロナ対策の実施において必要以上の措置を適用して省・市間の接続を阻害し、社会経済活動に悪影響を及ぼすことを禁止している。

Clip to Evernote
[VnExpress 19:44 18/11/2021 / Lao Dong 17:12 17/11/2021 / Kenh14 12:42 17/11/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国内線を増便、3大都市間は1日16往復に 12月1日から (19:12)
 交通運輸省は11月30日、12月1日以降の国内線の増便を決定した。中でもハノイ市、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市の3大都市を結ぶ路線を強化する。  同省の決定によると、ハノイ~ダナン線とハノイ~...>> 続き
ホーチミン:小1・中4・高3の対面授業を13日から再開 (18:12)
 ホーチミン市人民委員会は1日、市内の小中学校・高校の対面授業を再開すると発表した。  計画によると、市内の小学1年生・中学4年生(日本の中学3年生に相当)・高校3年生は13日から25日までの2週間、登校が...>> 続き
ハノイ:12月6日から高校生の対面授業を再開へ (6:11)
 ハノイ市党委書記のディン・ティエン・ズン氏は29日午後、党常任委員会が学生の対面授業再開について検討し意見を述べたと明らかにした。それによると、市内の高校生と職業訓練センターの生徒の対面授業を12月6...>> 続き
ハノイ:12月からコロナ軽症・無症状者の自宅療養を開始 (5:32)
 ハノイ市共産党常任委員会は29日に開いた会議で、市の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について話し合った。この席で党委員会は、軽症および無症状の感染者の自宅療養を許可する方針を示した。  コ...>> 続き
新型コロナ:30日の市中感染1万3966人、累計感染者123万人超える (11/30)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する30日の発表によると、62省・市で市中感染者1万3966人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては9日連続で1万人を超え、9月8日以降で最も多かった。...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited