ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

台風一過のホイアン、外国人観光客が「水の都」を満喫

2022/09/29 15:41 JST配信
(C)CAND
(C)CAND 写真の拡大

 過去20年で最大規模とされた台風4号(アジア名:ノルー、日本では台風16号)では、中部地方を中心に道路の冠水や倒木、家屋の屋根が吹き飛ばされるなどの被害が出て、各地に大きな爪痕を残した。世界遺産の古都ホイアン(南中部沿岸地方クアンナム省)では、ちょうど台風到来のタイミングに訪れていた観光客らが、台風一過で「水の都」と化した旧市街地をボートやレンタル自転車で回って、珍しい景色を堪能していた。

 台風4号は28日午後にはベトナムを通り過ぎたが、27日夜から28日朝にかけて大雨を降らせ、ホイアン旧市街を流れるホアイ川の水位が上昇。これにより、◇グエンタイホック(Nguyen Thai Hoc)通り、◇バクダン(Bach Dang)通り、◇チャンフー(Tran Phu)通りなど旧市街の通りが冠水した。来遠橋(日本橋:Chua Cau)周辺の歩道は1m近くも冠水し、人々はボートに乗って移動しなければならなかった。

 地元当局は、地域住民と観光客の安全を確保すべく、冠水が酷い各地区に交通規制の標識を設置。しかし、「水の都」と化したホイアンに外国人観光客らは興奮し、タイヤ半分が水に浸かった状態でレンタル自転車に乗ったり、水没した旧市街をボートで回ったりして、この時期にしか見られないホイアンの姿を満喫していた。

 毎年、雨季や台風シーズンのたびに水没しているホイアンだが、特に台風特需とも言える恩恵を受けているのがボート業者だ。旧市街で手漕ぎボートツアー業を営むCさんは、「毎年この時期は外国人観光客にとって魅力的なツアーになる。おかげで我々ボート乗りは失業せずに済んでいる。冠水している日は1日当たり平均100万VND(約6060円)の稼ぎになる」と話した。

 ホイアン市当局は、冠水の状況下での手漕ぎボートサービスやレンタル自転車の貸し出しについて、安全性に問題があり、違法行為であると再三指摘しているが、外国人観光客からの需要が高いため、業者が無断で操業を続けているのが現状だ。

Clip to Evernote
[Cong An Nhan Dan 21:10 28/09/2022,U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:1日の新規感染者581人・死者1人 (1日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する1日の発表によると、国内で感染者581人が新たに確認された。  1日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1151万6489人となっている。  新型...>> 続き
全国44省・市で4万1500人余りが失業、労働総連盟が報告 (1日)
 ベトナム労働総連盟(VGCL)の報告によると、全国の44省・市の企業の状況を調査した結果、生産活動に困難が生じた企業1235社の従業員計47万1500人余り(調査対象全体の65.54%)に影響が及んでいることが分かった。...>> 続き
ベトナムの人口、23年に1億人突破の予想 (1日)
 保健省人口総局のファム・ブー・ホアン副局長は先般開催された家族計画化分野に関する協力覚書の調印式で、現在のベトナムの人口は9900万人余りとなっており、世界で15位、アジアで8位、東南アジアで3位に立っ...>> 続き
ベトナム遠征の独ドルトムント、封鎖されているはずの「線路沿いカフェ」で写した写真が物議 (1日)
 サッカードイツ1部の強豪ボルシア・ドルトムントが東南アジアツアー最終目的地であるベトナム・ハノイ市を29日と30日の両日に訪問した。29日には、ドルトムントの面々がハノイ市内でファンとの交流や市内観光を...>> 続き
余命6か月宣言の末期肺がん患者、20年近く経っても元気はつらつ (1日)
 ハノイ市に住むチャン・ティ・ルアさん(女性)は20年近く前の55歳の時、肋骨まで転移した末期の肺がんと診断され、医師から「余命6か月」の宣言を受けた。しかし、74歳になった今もぴんぴんしており、子供らの家...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved