ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

元保健次官に執行猶予付き禁固2年半の判決、鳥インフル抗ウイルス薬の調達違反事件で

2022/11/25 05:31 JST配信
(C) bnews
(C) bnews 写真の拡大

 2006年に発生した、鳥インフルエンザA(H5N1)に対応するための抗ウイルス薬「オセルタミビル(oseltamivir)」の調達において医薬品会社が不正を働き国に損失をもたらした事件で、ハノイ市人民裁判所は24日、被告8人に有罪判決を下した。

 同事件は、保健省がクーロン製薬[DCL](Cuu Long Pharmaceutical)にオセルタミビル製造を発注したが、DCLが取引先から割引を受けた原材料の購入代金を保健省が契約終了時にDCLから回収せず、国に385万USD(約5億4000万円)の損失をもたらしたというもの。

 カオ・ミン・クアン元保健次官(男・66歳)をはじめとする保健省の当時の官僚と職員はこれを認識していたにもかかわらず、検査・処分・回収を指示せず、DCLの公的資金横領を黙認した。

 財政省は、原材料の購入代金を保健省が契約終了時にDCLから回収しなかったことを発見し、保健省に対して検査と資金回収を求めたが、クアン元保健次官らはこれに応じていなかった。

 同事件に関与した保健省の元官僚・職員5人は、責任を果たさず甚大な被害をもたらした罪に問われていた。このうち、クアン元保健次官は執行猶予付き禁固2年6か月の判決を言い渡され、残る4人は執行猶予付き禁固1年3か月~禁固2年6か月の判決だった。

 DCLの元役員3人について、元社長のルオン・バン・ホア被告(男・65歳)は禁固9年の判決を受け、残る2人はそれぞれ禁固5年、禁固6年の判決だった。いずれも公務執行にあたり役職・権限を乱用した罪に問われていた。

 裁判所は、◇被告らが深く反省していること、◇賠償金を支払ったこと、◇国の医療事業に貢献したこと、◇家族に革命功労者がいることなどを検討した上で、情状酌量の余地があるとして軽い刑を下した。

Clip to Evernote
[Bnews 13:15 24/11/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:1日の新規感染者581人・死者1人 (1日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する1日の発表によると、国内で感染者581人が新たに確認された。  1日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1151万6489人となっている。  新型...>> 続き
全国44省・市で4万1500人余りが失業、労働総連盟が報告 (1日)
 ベトナム労働総連盟(VGCL)の報告によると、全国の44省・市の企業の状況を調査した結果、生産活動に困難が生じた企業1235社の従業員計47万1500人余り(調査対象全体の65.54%)に影響が及んでいることが分かった。...>> 続き
ベトナムの人口、23年に1億人突破の予想 (1日)
 保健省人口総局のファム・ブー・ホアン副局長は先般開催された家族計画化分野に関する協力覚書の調印式で、現在のベトナムの人口は9900万人余りとなっており、世界で15位、アジアで8位、東南アジアで3位に立っ...>> 続き
ベトナム遠征の独ドルトムント、封鎖されているはずの「線路沿いカフェ」で写した写真が物議 (1日)
 サッカードイツ1部の強豪ボルシア・ドルトムントが東南アジアツアー最終目的地であるベトナム・ハノイ市を29日と30日の両日に訪問した。29日には、ドルトムントの面々がハノイ市内でファンとの交流や市内観光を...>> 続き
余命6か月宣言の末期肺がん患者、20年近く経っても元気はつらつ (1日)
 ハノイ市に住むチャン・ティ・ルアさん(女性)は20年近く前の55歳の時、肋骨まで転移した末期の肺がんと診断され、医師から「余命6か月」の宣言を受けた。しかし、74歳になった今もぴんぴんしており、子供らの家...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved