ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

少年同士の喧嘩で脳死状態となっていた14歳が死亡

2024/05/23 14:33 JST配信
(C)thanhnien
(C)thanhnien 写真の拡大
  • 脳死状態だった14歳少年が死亡
  • バスケ中のトラブルから暴行事件に
  • 2か月余りの集中治療の甲斐もなく

3月中旬にバスケットボールのプレー中のトラブルから暴行事件に発展して外傷性脳損傷を負い、2か月以上も入院していた8年生(日本の中学2年生に相当)の男子生徒が5月21日昼頃に死亡した。ハノイ市中央小児病院が明らかにした。

 死亡したのは、ハノイ市ロンビエン区在住のN・H・D君(14歳)。5月20日、家族が東北部地方フート省総合病院から中央小児病院への転院を求め、病院は専門チームを組織。医師らはD君を多臓器不全、敗血症性ショック、重度の外傷性脳損傷による深昏睡と診断。人工呼吸器を装着し、人工透析や抗生物質投与などの治療を施したが、その後に容体が悪化。21日午後12時30分頃に死亡した。

 ロンビエン区警察によると、3月17日午後3時ごろ、D君は地元の共同広場でバスケットボールをして遊んでいた際、T・V・K君(12歳)と喧嘩になり、K君を平手打ちした。その後、K君は自分の兄であるT・V・M君(16歳)を呼び出して、M君がD君に殴りかかった。

 M君がD君を殴るのを目撃したM君の父親が止めに入り、息子2人を家に連れ戻した。その後、父親が現場に戻ってくると、顔面蒼白で意識がもうろうとしたD君がいたため、地元総合病院に搬送。重傷のため、第108軍隊中央病院に転送となり、外傷性脳損傷と診断された。

 昏睡状態が続いたD君は治療のため、3月26日にフート省総合病院に移っていたが、2か月余りの集中治療中も意識が回復することはなかった。家族の希望により、5月20日から中央小児病院に転院したものの、治療の甲斐もなく21日に息を引き取った。

 なお、ロンビエン区警察は3月26日、D君を故意に傷つけて脳死状態に至らせたとして、同区在住のM君を傷害容疑で逮捕・起訴していた。

[Thanh Nien 15:35 21/05/2024 U].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チン首相、副首相4人の役割分担を決定 (6:02)

 ファム・ミン・チン首相は13日、副首相4人の役割分担を決定した。これに先立つ6月上旬、日本留学経験があるレ・タイン・ロン司法相が新たに副首相に任命されて、副首相が4人体制となっていた。役割分担は以下の...

ベトナム映画「Lat Mat 7」、ベトナム映画興収ランキング2位に (5:11)

 ベトナム全国の映画館の興行収入データを分析するボックスオフィス・ベトナム(Box Office Vietnam)によると、ベトナムの歌手・俳優・映画監督のリー・ハイ(Ly Hai)が監督を務める4月26日公開のベトナム映画「La...

ベトナムの子供向けMV、国内初のYouTube10億再生達成 (5:02)

 ベトナムの子供向けMV「Mot Con Vit(童謡アヒルの歌)」がこのほど、YouTubeの再生回数10億回を突破した。ベトナムのMVがこの大台を達成するのは今回が初めて。  「Mot Con Vit」は2019年8月31日にYouTube上...

EURO2024開幕、ベトナムのカフェとバーはサッカー特需で大繁盛 (4:24)

 UEFA EURO2024(ユーロ2024)が6月14日にドイツで開幕して、連日グループステージの熱戦が繰り広げられている。ベトナムの現地時間では、夜遅くから明け方にかけて中継があるが、多くのカフェやバーは夜通し大勢...

ウェビナー「ベトナム・オープンイノベーション事例集」発表イベ.. (3:32)

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スタートアップなどとのオープンイノベーションを進めるベトナム大企業へのインタビューを収録した「ベトナム・オープンイノベーション事例集 −地場大手8社によるスタートアップ...

ハノイ:第1回広告デザインアート展、6月24日まで開催 (2:26)

 ベトナム芸術協会が主催する「第1回ベトナム広告アート展2024」が、ハノイ市ホアンキエム区のゴークエン美術展示場(16 Ngo Quyen, Hoan Kiem, Ha Noi)で開催中だ。  これは2024年度のベトナム広告業界で活...

ハノイ市党委書記を処分、財政相在任時に華人系VTPの違反に関与 (17日)

 ベトナム共産党中央監査委員会は12日から14日にかけて開いた会合で、ハノイ市共産党委員会のディン・ティエン・ズン書記が、財政相時代に党規約に違反したとして、適切な処分を科すよう管轄機関に提案した。 ...

ベトナム・ロシア友好条約締結30周年、両国首脳が祝賀書簡を交換 (17日)

 ベトナムのグエン・フー・チョン書記長とトー・ラム国家主席は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との間で、ベトナム・ロシア友好条約締結30周年(1994年6月16日~2024年6月16日)を迎えるに当たって祝賀の...

ヘルスケアプラットフォームのマーソ、ハノイに開発拠点を設立へ (17日)

 ヘルスケアプラットフォームの運営を手掛けるマーソ株式会社(東京都港区)は、事業成長へ向けたエンジニアの確保を目的として、ハノイ市に開発拠点として子会社を設立する。  子会社「マーソ・アジア(MRSO A...

30年までにGDPに占める観光業割合を13~14%に拡大 (17日)

 チャン・ホン・ハー副首相は13日、「2045年を視野に入れた2021年~2030年の観光開発計画」を承認する決定第509号/QD-TTgに署名した。   同計画では、2025年までにベトナムを世界でも高い観光開発力を...

レンタカー市場規模、32年までに10億USDへ (17日)

 市場調査レポートオーシャン(Report Ocean)によると、ベトナムのレンタカー市場の規模は2024年から2032年までの期間に年平均+14%のペースで成長し、2032年までに10億USD(約1560億円)に達すると予想される。 &...

VSIP、ランソン省で工業団地を起工 投資総額390億円 (17日)

 ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)は14日、東北部地方ランソン省でVSIPランソンの起工式を開催した。まずはインフラ整備から着手する。規模としては同省最大の工業団地となる見通し。  VSIPランソンは...

通信郵便技術学院、ビンAIとAI人材育成で提携 (17日)

 情報通信省傘下の通信郵便技術学院(PTIT)はこのほど、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の人工知能研究所(ビンAI=VinAI)との間で、AI人材育成に関

リタイア後に住みたい国トップ8、ベトナムとコロンビアが選出 (17日)

 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、「リタイア後に住みたい国トップ8」を発表した。東南アジアからは、ベトナムが選ばれている。  これは、欧米の高齢...

配車アプリ運転手の制服、飲酒運転の摘発逃れで人気 (17日)

 外国人観光客がベトナムを訪れた際に、よくお世話になる配車アプリ。少しハードルが高いかもしれないが、東南アジアを旅慣れた人なら、バイクタクシーを利用するという人も多いだろう。配車アプリと契約したバ...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved