ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

生き別れの親子、30年ぶりに再会 しかし・・・

2006/02/18 07:11 JST配信
Clip to Evernote

 全てはベトナム戦争終結間近の1975年3月から始まる。戦争で荒れ果てた国道7号線を1台のトラックが、焼け付くような暑さの中を走っていた。トラックの荷台は大勢の人で込み合っており、1人の女性が、片手には3歳の息子を抱え、もう片方の手は車から落ちないよう、トラックの荷台を握り締めていた。突如、爆音が聞こえ、車は急停止、衝撃とともに子供は母親の手を離れ、滝の奥へと消えていった。

 同じ朝、ジャライ族のシウ・バーさんがいつものように、牛追いの仕事をしていると、茂みの中にだぶだぶの服を身に着けた男の子が倒れているのを発見した。彼女はすぐさまその子を抱え、一直線に村へと帰った。子供はフオンというキン族(ベトナムの主要民族、いわゆるベトナム人)名を持っていたが、彼女はあえてその子にシウ・フェというジャライ族名をつけ、村で最も貧しい家庭にもかかわらず、実の息子のように育てた。フェさんは徐々に村の人たちにも慣れ、ジャライ語を話すようになった。

 バーさんの養育の甲斐があり、フェさんは無事に成長、幼いころに両親を亡くした女性と結婚して幸せな家庭を築いていたが、幼いときと同じように、運命の悪戯に翻弄されたこともある。ある日、フェさんは飲み水を探しに出歩き、猛毒のスズメバチに刺されその場で失神、生命の危機に立たされたのだ。家に帰らぬフェさんをいぶかしみ、村総出で捜索が行われた結果、フェさんは土砂降りの雨の中発見された。村人たちはフェさんを20キロも離れた病院に搬送、ようやく一命を取り留めたという。フェさんは、「普通、人はただひとつの命しか持たないのに、私は2回も生命の危機を乗り越えたんです」と語る。

 依然貧乏とはいえ、国の援助などにより村の中では比較的豊かになったフェさんの家に、30年前生き別れになった実の両親と、生き別れになった後で生まれた弟が現れた。

 「この子です。本当に私の息子です。」とだけ言うと、母親はのどを詰まらせた。父親はまるで足に釘を刺されたかのように立ち尽くし、唇を震わせていた。家の庭先に所狭しと集まった村人たちも、30年ぶりの親子の再会に、心の中で必死に泣き声を抑えていた。

 一緒に暮らそうという父親の提案を、フェさんは、「僕はこの村でやることがあるからそれはできない。ここの人たちはいい人ばかりで、僕たち夫婦が本当に1文無しだった時、何も言わずに食料を分けてくれ、しかも家まで提供してくれたんだ。だから、僕はこれからこの村に恩返しをしていきたい。」と断った。彼の言葉に込められた信念と気力があれば、きっと彼は彼を育てたこの村に恩返しをすることができるだろう。

[2006年2月8日 Tien phong電子版].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ショービズ界で生きる、ベトナムのLGBTとロトショー (5日)
 ベトナムにおけるLGBTの人々は、「ロトショー(Lo To Show)」をはじめとするエンターテインメント、ショー・ビジネスの分野で生計を立てることで、自らの在り方を探し求めてきた。  ニャー・ビーさん(26歳)...>> 続き
人里離れた村に暮らすアルビノの双子、ライブ配信が収入源 (6/28)
 北中部地方ハティン省フオンケー郡ハーリン村(xa Ha Linh, huyen Huong Khe)に暮らす2000年生まれのチャウ・スアン・フイ(Chau Xuan Huy)さんとチャウ・スアン・フン(Chau Xuan Hung)さんは、アルビノ(先天性白...>> 続き
妻に「他の人と再婚を…」、障害抱える夫の妻への思い (6/21)
 汗をかきながら自分を抱えてトイレに連れて行ってくれる妻を見て、ビンさんの胸は苦しくなった。「僕たちはこれで終わりにしないか。このような状況でいるのは君が気の毒だ」。  「私は障害者で、この3年間...>> 続き
四肢を切断した女性、家族と歩む新たな人生 (6/14)
 「皆さんこんにちは、今日はこの商品を紹介します」。ズオン・ティ・タムさん(女性・29歳)は、ライブストリーミングで動画を配信しながら、商品の箱を胸の前でつかみ、手足がある人と同じように商品を販売する...>> 続き
ハノイで創業94年の老舗カフェ、脱サラし継いだ4代目 (6/7)
 ハノイ市ハイバーチュン区チエウベトブオン(Trieu Viet Vuong)通り27番地の路地の一角に、94年の歴史を有する老舗カフェ「カフェ・タイ(Cafe Thai)」がある。  カフェの看板には「4世代」を表す4つ星に、黄...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)