ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

生まれてすぐにフランス人の養子になった女性、SNSで産みの母と再会

2019/09/10 06:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) THANH NIEN
(C) THANH NIEN 写真の拡大

 ベトナム系フランス人のバージニー・パリゾットさんは、出生直後から22年間生き別れになっていた産みの母親を探すことを決意し、フェイスブック(Facebook)で情報提供を呼び掛けた。すると投稿後すぐに情報が寄せられ、母娘はテレビ電話で再会を果たした。

 バージニーさんは1997年12月24日にホーチミン市フンブオン病院で産声を上げ、レ・ティ・リエンと名付けられたが、直後にフランス人夫妻の養子となった。産みの母親レ・ティ・ラックさんの人民証明書の写真をフェイスブックに投稿すると、瞬く間に拡散されると共に母娘の再会を願う声が多数寄せられた。

 すると、ラックさんの親族だと名乗り出る人が現れ、バージニーさんとフェイスブックを介して対面した。さらに警察当局の助けもあり、ラックさんは人民証明書に記載されたホーチミン市6区ビンティエン(Binh Tien)通りの住所から引っ越し、現在は8区ホアイタイン(Hoai Thanh)通りに住んでいることが明らかになった。

 当時ラックさん夫妻は2人の娘と6区に住んでいたが、立ち退きに遭い8区に引っ越したという。ラックさんは、経済的に苦しいなか、三女となるバージニーさんを身ごもった。そしてバージニーさんを出産したが、やむを得ない理由で手放すこととなった。

 「昔は本当に貧しくて私は読み書きもできませんでしたし、家族計画も何もありませんでした。病院で出産したものの入院費を工面できず、病院を抜け出そうと思っていたところに子供を望んでいるフランス人夫妻がいると聞いたんです」とラックさん。

 情報を得たフランス人夫妻はすぐにラックさん夫妻の元を訪れて、入院費を肩代わりし3日後にバージニーさんを迎えに来た。1週間で諸所の手続きを終え、バージニーさんはフランス人夫妻の養子となった。この時ラックさんにできることはレ・ティ・リエンと名付け出生届を出すことだけだったという。ラックさんはその後新たに2人の子供を授かった。

 養子縁組の手続きの際にフランス人夫妻の住所を渡されたが、先々のことを考える余裕もなく文字も読めないラックさんはその紙を保管するしかなかった。8区に引っ越して以降も、風の便りで古い住所宛てに手紙が届いたという話は聞いたことがあった。しかし文字も読めなければ受け取りに支払うお金もなかったラックさんは、何もしなかった。

 「もし願いが叶うなら、この胸に娘を抱き一言謝りたいです。そして私たちが一番苦しい時に助けてくださったフランス人のご両親にも感謝の言葉を伝えたいです」とラックさんは声を詰まらせながら想いを語った。

[THANH NIEN 09:10 04/09/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ベトナムから日本到着の女性、空港検疫で新型コロナ変異株確認 (27日)
 厚生労働省は26日、ベトナムから日本の空港に到着した乗客1人から、英国で報告された新型コロナウイルス感染症の変異株が確認されたことを公表した。  変異株が確認されたのは、1月17日にベトナムから関西...>> 続き
新型コロナ保険、首相が導入検討を指示 (27日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、地元紙に先般掲載された観光促進策に関する旅行会社の提案に賛意を示した。首相は交通運輸省に対して、文化スポーツ観光省などの関係省庁と協力し新型コロナウイルス感...>> 続き
ハティン省:民家のトイレに死んだトラ、漢方薬密造か (26日)
 住民の通報を受け、北中部地方ハティン省警察は19日午後11時半ごろ、フオンソン郡クアンジエム村(xa Quang Diem, huyen Huong Son)にある民家の立ち入り検査を行い、体重約250kgのトラの死骸を発見した。  ...>> 続き
MTFミスコン国内大会、在米越僑ネイリストが優勝 (26日)
 MTF(Male to Female=身体的には男性であるが性自認が女性)のミスコンテストの国内大会「ミス・インターナショナル・クイーン・ベトナム2021(Miss International Queen Vietnam 2021)」の決勝が24日夜に開催さ...>> 続き
日本でがん闘病後に帰国したベトナム人留学生、27歳で死去 (26日)
 留学先の日本で末期の肺がんと闘い、新型コロナ禍の2020年4月にベトナムに帰国して治療を続けていた南中部沿岸地方ダナン市出身のダン・ティ・ミン・アインさん(女性・27歳)が、21日午後に死去した。  数日...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited