ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

生まれてすぐにフランス人の養子になった女性、SNSで産みの母と再会

2019/09/10 06:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) THANH NIEN
(C) THANH NIEN 写真の拡大

 ベトナム系フランス人のバージニー・パリゾットさんは、出生直後から22年間生き別れになっていた産みの母親を探すことを決意し、フェイスブック(Facebook)で情報提供を呼び掛けた。すると投稿後すぐに情報が寄せられ、母娘はテレビ電話で再会を果たした。

 バージニーさんは1997年12月24日にホーチミン市フンブオン病院で産声を上げ、レ・ティ・リエンと名付けられたが、直後にフランス人夫妻の養子となった。産みの母親レ・ティ・ラックさんの人民証明書の写真をフェイスブックに投稿すると、瞬く間に拡散されると共に母娘の再会を願う声が多数寄せられた。

 すると、ラックさんの親族だと名乗り出る人が現れ、バージニーさんとフェイスブックを介して対面した。さらに警察当局の助けもあり、ラックさんは人民証明書に記載されたホーチミン市6区ビンティエン(Binh Tien)通りの住所から引っ越し、現在は8区ホアイタイン(Hoai Thanh)通りに住んでいることが明らかになった。

 当時ラックさん夫妻は2人の娘と6区に住んでいたが、立ち退きに遭い8区に引っ越したという。ラックさんは、経済的に苦しいなか、三女となるバージニーさんを身ごもった。そしてバージニーさんを出産したが、やむを得ない理由で手放すこととなった。

 「昔は本当に貧しくて私は読み書きもできませんでしたし、家族計画も何もありませんでした。病院で出産したものの入院費を工面できず、病院を抜け出そうと思っていたところに子供を望んでいるフランス人夫妻がいると聞いたんです」とラックさん。

 情報を得たフランス人夫妻はすぐにラックさん夫妻の元を訪れて、入院費を肩代わりし3日後にバージニーさんを迎えに来た。1週間で諸所の手続きを終え、バージニーさんはフランス人夫妻の養子となった。この時ラックさんにできることはレ・ティ・リエンと名付け出生届を出すことだけだったという。ラックさんはその後新たに2人の子供を授かった。

 養子縁組の手続きの際にフランス人夫妻の住所を渡されたが、先々のことを考える余裕もなく文字も読めないラックさんはその紙を保管するしかなかった。8区に引っ越して以降も、風の便りで古い住所宛てに手紙が届いたという話は聞いたことがあった。しかし文字も読めなければ受け取りに支払うお金もなかったラックさんは、何もしなかった。

 「もし願いが叶うなら、この胸に娘を抱き一言謝りたいです。そして私たちが一番苦しい時に助けてくださったフランス人のご両親にも感謝の言葉を伝えたいです」とラックさんは声を詰まらせながら想いを語った。

[THANH NIEN 09:10 04/09/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
空港に12年放置のB727型機、介護施設が譲り受け希望―「人生で一度は飛行機に」 (19日)
 ハノイ市にある高齢者介護施設「ジエンホン高齢者介護センター」はこのほど、ブオン・ディン・フエ副首相の承認のもと、ハノイ市のノイバイ国際空港に12年間にわたり放置されているボーイングB727-200型機の航...>> 続き
ソンラ省:「ミス乳牛2019」決定、審査基準はミルクの質と量 (18日)
 西北部地方ソンラ省モックチャウ郡で15日、「モックチャウ・ミス乳牛コンテスト2019」が開催され、「ミス」候補の106頭の中からレ・スアン・ティエンさんが飼育する乳牛(耳番号「16316」)が「ミス乳牛2019」の...>> 続き
FV病院と「流産させられた」患者の訴訟、検察は病院側を支持 (18日)
 ホーチミン市7区のフランス・ベトナム病院(FV病院=FV Hospital)が「情報を捏造された」として賠償金を求めて患者の女性を提訴した裁判で、7区人民検察院は病院側の立場を支持する判断を示した。この事件の裁判...>> 続き
ハノイ:線路沿いの違法カフェ68店舗に計71万円の罰金 (18日)
 ハノイ市カウザイ区(quan Cau Giay)当局はこのほど、ディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇で営業していたカフェ68店舗に対して計1億5300万VND(約71万円)の...>> 続き
警察官になった指名手配犯、10年前の強盗で禁固2年の判決 (18日)
 ホーチミン市人民裁判所は16日、指名手配犯であるにもかかわらず警察官の職に就いていた男の控訴審で、資産強奪罪に問われていたチン・フウ・ビン被告(30歳)に禁固2年の判決を下した。  ビン被告は一審裁判...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)