ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベビーリフトで米国へ渡った女性、44年ぶりに産みの母と再会

2019/11/17 05:56 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 米国メイン州スカボローに住むリー・ボートン・スモールさん(女性・47歳)は、44年前に生き別れになったベトナム人の母に会うため、近くベトナムを訪問する。スモールさんは3歳の時に米軍の「オペレーション・ベビーリフト」により米国へ渡った。

 「オペレーション・ベビーリフト」とは、1975年4月30日のサイゴン陥落前のベトナム戦争末期に米軍が行った南ベトナムの孤児を国外へ避難させる空輸作戦で、3000人以上の南ベトナムの孤児が米国やオーストラリアなどに養子として迎えられたとされている。

 スモールさんの幼少期の写真や記憶はニュージャージー州の両親に引き取られた3歳の時から始まり、それ以前のものは残っていない。育ての母の他にもう1人ベトナム人の母親がいることは知っていたが、それは「自分を孤児院に捨てた母親」だと考えていた。父親は元米兵で、ベトナム人の母親とは軍の基地で出会ったという。

 それでも自分のルーツを知りたいという思いで、スモールさんは何年も前に米国のある系図研究専門会社へDNAを提出していた。そして9月に突然、この会社から鑑定結果を告げるメールが届いた。それにより、スモールさんは50%がベトナム、50%が英国系の血を引いていることが分かった。

 メールを読み終えると、スモールさんの妹だと名乗る見知らぬ女性からメッセージが届いた。「私たちは姉妹で、ベトナム人の母があなたを探しています」。

 スモールさんは自身のルーツがベトナムにあることは知っていたが、産みの母親のこと、ましてその母親が自分を探していること、妹がいることなど考えたこともなかった。産みの母親の名前すら知らなかったのだ。妹だという女性もDNA鑑定を通じて同じ米国人男性を父に持つスモールさんの異母姉妹だということが判明したのだという。

 スモールさんの産みの母グエン・ティ・デップさん(70歳)は、1975年4月に米兵だったジョーさんとの間にもうけた娘、グエン・ティ・フオン・マイさん(後のスモールさん)を孤児院に置いていったことをずっと後悔して生きてきた。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 14:37 8/11/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited