ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

御年86歳、サイゴン中央郵便局の代筆屋

2016/08/28 05:28 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, My Phuong
(C) vnexpress, My Phuong 写真の拡大
(C) vnexpress, My Phuong
(C) vnexpress, My Phuong 写真の拡大

 ホーチミン市1区中心部のサイゴン中央郵便局には、いつもこざっぱりした身なりで控えめながら、嬉しそうに旅行客にホーチミン市の話を聞かせるおじいさんの姿がある。このおじいさんが言わずと知れた、ベトナムで最も長い間英語やフランス語の手紙を代筆してきたズオン・バン・ゴさんだ。

 ゴさんは86歳になった現在も、毎日ビンタイン区ティゲーから自転車をこいで中央郵便局まで通っている。1通あたり1万~1万5000 VND(約45~68円)程しか代筆料を取らないゴさんは、代筆は生計のためではなくベトナムの国のためにしているのだと語る。

 ゴさんは、16歳だった1946年にティゲー郵便局に就職し、2年後にサイゴン中央郵便局に移った。36歳の時、語学力の高さを買われて郵便局の代表として語学学校に通い、英語とフランスを習得。その後、1990年に定年を迎えてから現在まで、26年間にわたり代筆屋を続けている。

 郵便局には毎日国内外から数百人の客がやって来る。多くの客がゴさんを訪ねては記念写真を撮り、手紙の代筆を依頼する。ゴさんもまた旅行客にホーチミン市の歴史を語り、訪問すべきスポットを紹介する。ゴさんのこの謙虚で親身な姿勢が旅行客に美しいベトナム人像を与え、世界各国からゴさん宛てに写真や手紙が届く。

 ゴさんにはこれまでに出会った人々との数えきれないエピソードがあるが、なかでも忘れられないものがある。それは、両親が1956年から1958年にかけて住んでいた家を探しにベトナムへ来たというフランス人夫婦の話だ。

 夫婦はたまたま訪れた郵便局で、ホーチミン市の長い歴史に精通したゴさんに出会った。夫婦が事情を話すと、家の特徴を聞いたゴさんは夫婦を旧フランス大使館近くの場所まで連れて行った。

前へ   1   2   次へ
[My Phuong , VnExpress, 18/8/2016 | 14:05 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに (13日)
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェ...>> 続き
下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性 (6日)
 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。  工具が散らかっ...>> 続き
ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年 (5/30)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村...>> 続き
麻薬中毒から自力で抜け出した男性、20年経て中毒者の支援に尽力 (5/23)
 レ・チュン・トゥアンさんは、麻薬に溺れる日々から自力で立ち直り、麻薬中毒者の社会復帰を支援する施設を立ち上げ、数百人もの中毒者をサポートしている。  「母は6回の流産の後に私を出産したため、私は...>> 続き
隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語 (5/16)
 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited