ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

配給時代の「ビアホイグラス」、40年間の歴史

2017/09/24 04:58 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 数十年前から、ハノイ市の人々はよく青いガラス製の500mlのグラスでビールを飲む。ドイモイ(刷新)前、1976年から1986年ごろのベトナムは配給時代。ハノイ市の人々は、毎日午後になると配給のビールを扱う店の前に長蛇の列を作っていた。

 ビールの配給は国営の店に独占権があったため、市民劇場(オペラハウス)近くのコータン(Co Tan)通りやグエンディンチエウ(Nguyen Dinh Chieu)通り、ハンバイ(Hang Bai)通りなどの店はいつもごった返していた。

 しかし、割り込まれないようにしながら長時間並んで店の入り口にたどり着いても、ビールよりも冷たい顔の店の人の「売り切れ」の一言で終わることもあるため、気が抜けなかったという。

 ビールは青いガラス製のグラスにちょうど500ml注がれた。ビールが注がれると、小さな泡がグラスの底から浮かび上がり、表面の白い泡と合わさって消えていく。グラスは重く、互いにぶつかり合うたびにかちゃかちゃと音を立てる。

 「ビールはただの飲み物ではなく、配給生活の不足を補い、様々なストレスを発散するものでした」と、画家のレ・フイ・バンさんは振り返る。当時、彼のような幹部の給料は64VNDだったため、月に数回グラス1杯のビールを飲み、家に帰って妻と一緒にご飯と茹でた空芯菜を食べるのだった。

 当時、ハノイ市のビール醸造所はホアンホアタム(Hoang Hoa Tham)通りの1か所しかなく、スチールのバレルに詰めて国営の配給の店へ運ばれていた。ビールは贅沢品だったが、ビール専用のグラスもなく、ハノイ市の人々はお茶やジュースを飲む小さなグラスを使って飲んでいた。ソ連のものに似たガラス製のグラスもあったが、高価だったため手に入れることができなかった。

前へ   1   2   次へ
[Hoang Phuong, VnExpress, 27/8/2017 | 00:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
車椅子の妻と年下夫の愛の形、2人で歩む新たな人生 (19日)
 「本当にいいの?私は一生、車椅子に座ったままよ」と言う女性を横目に、男性は婚姻届にサインをした――。  昼の12時、ファン・ゴック・ジエムさん(31歳)は宝くじを売り切り、夫に電話をかけて迎えにきてと...>> 続き
高校教師の義足ランナー、ホーチミン市マラソンで5km完走 (12日)
 1月5日、ホーチミン市で「ホーチミン市マラソン2020」が開催され、国内外から約9000人のランナーが参加した。ランナーの中には、義足を装着した若いベトナム人女性がいた。  「かつては500mも歩ければ良い...>> 続き
「男になりたい」愛する女性とともに自分らしく生きる道 (5日)
 ハノイ市に暮らすホアン・リン(本名:ドアン・フオン・ラン)さんは、幼い頃から自分は男の子だと意識し、「本当の自分として生きる」ために様々な方法を模索してきた。しかし、小さな変化を遂げるたび、両親や...>> 続き
【特集】2019年ベトジョー記事アクセス数ランキング (12/29)
 VIETJOベトナムニュースが2019年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位 行方不明の娘を探して中国へ15回、魔の売春宿に潜入した父親 (2019>> 続き
ベトナムのソフトウェア技術を世界へ、29歳プログラマーの挑戦 (19/12/22)
 起業からわずか8か月余りで、グエン・フウ・アインさん(男性・29歳)のソフトウェア会社「テソ(TESO)」は、国内外の大手テクノロジー企業と50件ものアウトソーシング契約を結んだ。  ある日、シンガポール国...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)