ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

80の手習い、幼い頃に夢見たピアノの弾き語り目指し奮闘する女性

2018/04/29 06:21 JST配信
Clip to Evernote
(C) Xuan Vinh, Tuoi Tre
(C) Xuan Vinh, Tuoi Tre 写真の拡大
(C) Xuan Vinh, Tuoi Tre
(C) Xuan Vinh, Tuoi Tre 写真の拡大

 ホーチミン市ホックモン郡ドンタイン村タンドン集落にある小さな下宿に住むチャン・フイン・スアンさんは、80歳と高齢ながら現役で英語の家庭教師をしている。さらに、ピアノの弾き語りを目指して日々練習中だというから驚きだ。

 スアンさんは旧サイゴンのレタントン通り(Le Thanh Ton)の裕福な家庭に生まれたが、幼くして母を亡くした。父は再婚したが継母はスアンさんのことを拒絶し、辛い生活だった。その頃の唯一の楽しみは、当時有名だった歌手たちの公演を観に行くことで、毎晩のように行くほど音楽に魅了されたという。

 マリーキュリー(Marie Curie)高校を卒業後はサイゴン文科大学に進学、後に親が決めた相手と結婚したが、夫はスアンさんに暴力を振るう人だった。夫との間に4人の子供をもうけたスアンさんだったが、最後は暴力に耐えかねたスアンさんが子供を連れて家を出た。その後、女手一つで苦労して育てた子供たちはみな結婚し、家族と暮らすようになった。

 不運は去ったように見えたが1997年にスアンさんは事業に失敗し破産、さらに次男が自ら命を絶ってしまった。残された3人の子供の負担になるまいとスアンさんは1人あちらこちらの下宿を渡り歩いて暮らし、あまりに困窮した時にはお寺の世話になった。

 しかし、数年が経つと、身元保証人になる身寄りもない高齢のスアンさんは長期で下宿を借りることさえ困難になった。現在では、地域の子供に英語を教えてなんとか生計を立てている。

 そんなある日、仕事に向かう途中でピアノ教室の看板が目に入り、幼い頃に抱いた音楽への想いが蘇った。悩んだ末にスアンさんはピアノ教室のドアを叩いた。先生は授業がない時に週に数回、市内の音楽センターや生徒の自宅に赴きアルバイトでピアノを教えるホーチミン市音楽院ピアノ科2年の女子大生だ。

前へ   1   2   次へ
[Xuan Vinh, Tuoi Tre, 21/04/2018 11:01 GMT+7, T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義 (2日)
 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。  世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (4/18)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (4/11)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4/4)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited