ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「生ける者も亡き者も助ける」が信条、親に代わり水子供養する女性

2018/09/16 05:38 JST配信
Clip to Evernote
(C) Dan tri
(C) Dan tri 写真の拡大
(C) Dan tri
(C) Dan tri 写真の拡大

 ハノイ市ソックソン郡タインスアン村ドイコック集落に住むグエン・ティ・二エムさんは、2006年のある日、病院で我が子を「捨てに行く」母親を見て、不幸な子供たちのために何かしなければと思った。その日から10年間、二エムさんはあちらこちらから胎児の亡骸を連れて帰っては埋葬している。

 お腹を痛めて我が子を出産した時のことを忘れる母親などこの世にいないだろう。しかし、二エムさんが忘れられないのは、何の罪もない赤ん坊がこの世で産声を上げる前に亡くなった日のことだ。「出産を控えた身内の子を病院へ連れて行った日のことです。妊娠6か月ほどのお腹の子を中絶しに来ていた女の子を見かけたんです。私は彼女に、赤ん坊は貴女の全てだと言いました」。

 二エムさんは見ず知らずの少女に夜通し付き添い諭したが、少女の決意を変えることはできなかった。普通は出産後は誰もが喜びを感じるものだが、あの時赤ん坊が「出てきた」時は身の毛がよだったと二エムさんはその日の出来事を振り返る。それから二エムさんは水子供養をするようになった。

前へ   1   2   3   次へ
[Dan tri 08:28 06/09/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
我が子の為なら何のその、路上で笑顔振りまき踊るアオザイ姿の男性 (17日)
 テト(旧正月)を目前に控え賑わうホーチミン市の歩道に、赤いアオザイを身にまとい、テトの楽し気な音楽に合わせて踊る中年男性の姿があった。お菓子を販売する傍らで、満面の笑みで踊り客を呼び込む。しかし、...>> 続き
「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う (10日)
 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りして...>> 続き
テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様 (3日)
 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。  ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラ...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【後編】 (1/27)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si >> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】 (1/20)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)