ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

85歳で夢の大学生活、通学は自転車で片道35分

2018/10/21 05:44 JST配信
Clip to Evernote
(C) Vnexpress
(C) Vnexpress 写真の拡大
(C) Vnexpress
(C) Vnexpress 写真の拡大

 2年生に入り苦戦している科目が、法的文書の作成と英語だ。パソコンやワープロのキーボードに触れたこともなければ携帯電話も持たないリンさんにとって、文書作成は一苦労。英語は若い頃に習いはしたが、65年間使う機会もなかったので忘れてしまった。幼いころから英語を学習してきた同級生たちについて行くことは容易でない。

 10月4日の英語の授業では、ノートにこう記されている。「初めての英語のテスト、学生(リンさん自身のこと)はテストの答案の代わりに詩を詠み提出した。先生は教室のみんなの前で詩を褒めた」。

 このような日記もある。「9月20日、木曜日。先生が自身の100年の幸せ(結婚の意味)を祝して学生にお菓子やジュースを振舞った。生徒ニャット・リンは学生を代表して先生の幸せを祈念して3行の詩を詠んだ」。

 リンさんは幼いころから学校へ通い、英語やフランス語を習った。1965年以降は西北部地方ソンラ省で工員として働き、その後は旧トゥーリエム郡のコーニュエ村に移り住み結婚、建設現場の職人として働いた。

 困窮した暮らしに仕事に追われながらも家の中には常に沢山の本があり、学業への思いが尽きることもなかった。1968年、暮らしは困窮していたが、高等学校卒業試験を受けた。この時の合格証書はラミネート加工して50年経った今でも大切に保管している。

 3人の子供たちが独立すると、リンさんは詩クラブに入会し、現在では会長を務めている。クラブのメンバーには修士号や博士号を持つ人も多く、勉学に対する意欲が駆り立てられた。

 2014年に2か月間のジャーナリズムのコースに申込み、無事に修了証書を手にしたが、思いをはせる大学の卒業証書には敵わなかった。そこで、翌2015年にハノイ法律大学を受験したが、結果は不合格。司法学院の門を叩いたこともあったが、学士号と英語科目の合格証書が必要だとして門前払いされた。

前へ   1   2   3   次へ
[Vnexpress 11:22 10/10/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに (13日)
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェ...>> 続き
下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性 (6日)
 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。  工具が散らかっ...>> 続き
ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年 (5/30)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村...>> 続き
麻薬中毒から自力で抜け出した男性、20年経て中毒者の支援に尽力 (5/23)
 レ・チュン・トゥアンさんは、麻薬に溺れる日々から自力で立ち直り、麻薬中毒者の社会復帰を支援する施設を立ち上げ、数百人もの中毒者をサポートしている。  「母は6回の流産の後に私を出産したため、私は...>> 続き
隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語 (5/16)
 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited