ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

2大陸を大型バイクで制覇、66歳の4万5000kmの旅

2020/03/22 05:35 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 「でも、氷点下16度の寒さの中を600km以上走らなければならなかった日に比べれば怖くありません。その時は服を10枚重ね着しても手足の感覚がなく、30km走るごとに止まってバイクのマフラーで手を温めていましたから」。

 砂嵐を抜けると、次はキルギスにある標高4000km近い峠を越えるという困難が待ち受けていた。険しい岩だらけの道に、片側は高い山、もう片側は深い断崖。「無限に続く音楽のように坂を上り、下りました。この山を征服することはバイカーたちの夢です。でも、あまりにも過酷で私は途中でリタイアしなければなりませんでした」とフンさんは語る。

 ある夜は、道端に張ったテントの中に座り、ありったけの服を着ても歯がガチガチと鳴った。寒さと空腹と息苦しさの中でも、フンさんは「ここで一夜を過ごすことにも価値がある」と自分を慰めた。

 フンさんに同行したガイドは、「フンさんは(私にとって)お客さんですが、道に迷ったり、食事や睡眠をとる場所が見つからない時でも文句ひとつ言いませんでした。フンさんが私たちの世話をし、励ましてくれることもありました。特にフンさんのバイク修理の腕前にはたくさん助けられましたし、外国人の修理工でさえ感心していました」と語る。

 旅の途中で起きた数々の事故の痕跡は、折れたミラーや長い傷のついた車体、ぼろぼろのリアボックスに今でも残っている。「カザフスタンの高速道路で転倒した時、ミラーが折れて数十m吹っ飛びました。私の身体は路上を滑り、服は破れ、(服の)羽が雪のように舞いました」とフンさんは振り返る。

 4万5000kmの旅は、フンさんに「お金で買えない」感覚を与えてくれた。フンさんにとって最もロマンチックな思い出は、シルクロードの終わりにあるキルギスだ。危険な道もあったが、そこには山々がそびえ、荒野が広がり、山腹で家畜が放牧され、遊牧民が穏やかな暮らしを送っていた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 12:22 10/01/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
自閉症の少年画家たちの夢、絵画で人生を彩る (10:21)
 2021年12月、「障がい者が学校に通う権利」というテーマで開催された絵画コンテストで最優秀賞を受賞した17歳のチャン・ナム・ロンさんは、成功に満ちた1年を締め括った。  障がいを持つ子どもたちが他の多...>> 続き
父親は麻薬中毒に暴力・母親は家出…幼い弟を育てる小学4年生の少年 (15日)
 西北部地方ソンラ省に住む小学4年生のザン・アー・ソン君は、麻薬中毒の父親から暴力を受け、母親が家出する中で、これまで3年間にわたり母親の帰りを待ちながら弟の世話を続けている。  ソン君は2019年末...>> 続き
ロンタイン空港建設、地図から消えた村と人々の新生活 (8日)
 ベトナム最大の空港となるロンタイン国際空港。この一大プロジェクトのために土地を譲った人々はいま、どのような暮らしを送っているのだろうか。 地図から消えた村  3月はじめ、ロンタイン国際空港建...>> 続き
ヤミ美容整形の世界【後編】SNSで手に入る資格 (1日)
前編はこちら  ホーチミン市ゴーバップ区のヤミ美容整形クリニックで仕事をする男性T(31歳)は、施術のコツをこう話す。  「鼻のフィラー注射は難しい。施術するときは、>> 続き
ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に (4/24)
 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。 練習はホ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved