ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

苦しみ乗り越え女性に、新たな外見とともに手に入れた幸せな人生

2020/10/18 05:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 「本当の性」で生きるため、グエン・ゴック・アインさん(22歳)は何十回もの手術を受け、人に嫌悪され、遠ざけられることすらも受け入れた。新たな外見を手に入れた今、彼女はようやく幸せをつかむことができた。

 ホーチミン市在住のアインさんは、ベトナムでトランスジェンダーであることをオープンにしている数少ない1人だ。男の性で生まれ、グエン・ベト・トゥアン・アインとして幼少期を過ごしたが、思春期には女性の服を着たり、化粧をしたりすることを好んだ。

 「ある日、私のクローゼットにスカートや化粧品が入っているのを見つけた母は、とてもショックを受けていました。母は長い時間泣き続け、ようやく私を受け入れてくれました」とアインさんは語る。

 中学4年生(日本の中学3年生)になると、アインさんはトランスジェンダーに関する情報を収集し、性転換手術を受けてエンターテインメント界でも活躍しているフオン・ザンさんの影響を受け、性転換手術に向けて貯金を始めた。

 高校を卒業すると、東南部地方ビンズオン省にあるトゥーザウモット大学の英語学科に進学し、貯金をするために家庭教師や外資系企業の翻訳などのアルバイトをしてお金を稼いだ。

 5億VND(約230万円)が貯まった2015年、アインさんは母親に手術を受けたいという思いを伝えた。しかし、アインさんが打ち明けるや否や、母親はアインさんを家の外に追い出した。

 スーツケースを引きずって家を出た瞬間、男の「トゥアン・アイン」さんは女の「ゴック・アイン」さんに生まれ変わった。かつらをかぶったり、スカートを履いたり、胸にパッドを詰めたり、化粧をしたり、自由に好きなことができるようになったのだ。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing news 07:36 10/10/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務 (2/28)
 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。  ...>> 続き
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (2/21)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (2/14)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (2/7)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited