ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

小さな夫婦の大きな愛、始まりはYouTubeで一目惚れ

2020/11/22 05:13 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 小人のように小さいグエン・バン・フンさん(男性・32歳)とレ・ティ・ジエム・ミーさん(女性・32歳)のカップルは最近、結婚1周年の記念に撮影した写真をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にアップし、多くの人々から祝福を受けた。夫婦はどちらも身長が小さく、小学1年生のような見た目だが、互いを愛する気持ちはとてつもなく大きい。

 フンさんは北中部地方ゲアン省ナムダン郡出身、ミーさんは南中部沿岸地方ニントゥアン省ニンフオック郡出身だ。身長と体重は、フンさんが120cmの20kg、ミーさんが118cmの18kg。見た目にハンデはあるものの、2人が互いに与え合う愛とエネルギーは、困難な状況にある多くの人々のモチベーションとなっている。

 「結婚して1年が経ち、短い期間ではありますが、私たちにはたくさんの思い出があります。2人の愛をさらに深める機会にもなるので、結婚1周年の記念に写真を撮影することに決めました」とフンさんは語る。

 普通の人たちと異なり、成長ホルモンが不足していることから2人は30歳を超えても子供のような顔つきと体つきをしている。

 フンさんは高校を卒業すると、コンピューターの勉強をするため東南部地方ドンナイ省に引っ越した。生計を立てるために小中学生の家庭教師として働き、収入を得た。しばらくして、ハノイ市にある「ウィルトゥーライブ(Will to Live=Nghi Luc Song)」という職業学校のことを知り、ここでトレーニングマネージャーとして、また写真加工の教員として働くことに決めた。それ以来、「リトルティーチャー」というあだ名がついている。

 その後、運命がフンさんとミーさんを結び付け、2人は互いに好意を抱くようになり、運命を受け入れ、夫婦になった。ミーさんはフンさんの並外れたエネルギーと才能に惚れ込み、最初のころは自分のほうから積極的にフンさんにアプローチしていたのだと打ち明けた。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:31 02/11/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
両腕がなくても両足がある、夢を追い大学生になった青年 (15日)
 生まれつき両腕がないホー・フウ・ハインさんは、両足を腕のように使い、健常者と変わらない生活を送っている。ITエンジニアになるという夢を叶えるため大学を受験し、今年9月に東南部地方ドンナイ省のラックホ...>> 続き
170年前に初めて米国へ渡ったベトナム人、チャン・チョン・キエム (8日)
 現在のホーチミン市9区ロンビン街区(phuong Long Binh)に、「チャンチョンキエム(Tran Trong Khiem)通り」がある。この通り名の由来となった人物が、今から170年余り前に初めて米国へ渡ったベトナム人だという...>> 続き
片腕の水泳選手とアオザイデザイナー、2人の愛の物語 (1日)
 生まれつき両脚がなく、右腕の手首から先もなく、実の父親からも捨てられたロイさんは、誰のことも好きにならず、誰とも結婚しないと決めていた。しかし、2年前の運命的な出会いがすべてを覆した。  ホーチ...>> 続き
分離手術から17年、大学生になった結合双生児の姉妹 (10/25)
 分離手術から17年が経ち、結合双生児だったクックさんとアンさんの姉妹は18歳の大学生になった。2人の身体がまだつながっていた時のことは、彼女たちが日々努力を続ける原動力となっている。  2003年10月、...>> 続き
苦しみ乗り越え女性に、新たな外見とともに手に入れた幸せな人生 (10/18)
 「本当の性」で生きるため、グエン・ゴック・アインさん(22歳)は何十回もの手術を受け、人に嫌悪され、遠ざけられることすらも受け入れた。新たな外見を手に入れた今、彼女はようやく幸せをつかむことができた...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited