ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

小さな夫婦の大きな愛、始まりはYouTubeで一目惚れ

2020/11/22 05:13 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 小人のように小さいグエン・バン・フンさん(男性・32歳)とレ・ティ・ジエム・ミーさん(女性・32歳)のカップルは最近、結婚1周年の記念に撮影した写真をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にアップし、多くの人々から祝福を受けた。夫婦はどちらも身長が小さく、小学1年生のような見た目だが、互いを愛する気持ちはとてつもなく大きい。

 フンさんは北中部地方ゲアン省ナムダン郡出身、ミーさんは南中部沿岸地方ニントゥアン省ニンフオック郡出身だ。身長と体重は、フンさんが120cmの20kg、ミーさんが118cmの18kg。見た目にハンデはあるものの、2人が互いに与え合う愛とエネルギーは、困難な状況にある多くの人々のモチベーションとなっている。

 「結婚して1年が経ち、短い期間ではありますが、私たちにはたくさんの思い出があります。2人の愛をさらに深める機会にもなるので、結婚1周年の記念に写真を撮影することに決めました」とフンさんは語る。

 普通の人たちと異なり、成長ホルモンが不足していることから2人は30歳を超えても子供のような顔つきと体つきをしている。

 フンさんは高校を卒業すると、コンピューターの勉強をするため東南部地方ドンナイ省に引っ越した。生計を立てるために小中学生の家庭教師として働き、収入を得た。しばらくして、ハノイ市にある「ウィルトゥーライブ(Will to Live=Nghi Luc Song)」という職業学校のことを知り、ここでトレーニングマネージャーとして、また写真加工の教員として働くことに決めた。それ以来、「リトルティーチャー」というあだ名がついている。

 その後、運命がフンさんとミーさんを結び付け、2人は互いに好意を抱くようになり、運命を受け入れ、夫婦になった。ミーさんはフンさんの並外れたエネルギーと才能に惚れ込み、最初のころは自分のほうから積極的にフンさんにアプローチしていたのだと打ち明けた。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:31 02/11/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務 (2/28)
 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。  ...>> 続き
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (2/21)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (2/14)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (2/7)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited