ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【前編】ホルモン剤の売買の実態

2021/01/17 05:49 JST配信
Clip to Evernote
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大

 「本当の性」で生きることに憧れ、全てを捨てて生まれ変わるため、多くのトランスジェンダーが「闇市(ブラックマーケット)」で流通するホルモン剤に手を出している。

 東南部地方ビンズオン省に暮らすシャオ・ミー(Xiao Mie)さん(26歳)は、男性として生まれたが、今は女性として生きている。彼女は客との「ツアー」から戻ると、通話・メッセージアプリ「ザロ(Zalo)」を通じて現地紙の記者に語り始めた。彼女は、自分も参加しているトランスジェンダーの売春活動に、記者たちを潜入させることに同意したのだった。

 「『シャオ・ミー』は私の源氏名。私たちはトランスジェンダーの秘密のグループでお客さんに同伴するとき、相手の印象に残るようにこういう名前を名乗るんです」とシャオ・ミーさんは明かした。

 知り合って間もないが、おそらく彼女は記者たちが「変な客」ではないことを悟っており、リラックスしているようだった。彼女は「第3の世界」の一端について、包み隠さず話してくれた。

 シャオ・ミーさんはこう話す。「私はレディボーイで、つまりまだ完全な女性というわけではありません。上のほうを『いじった』だけですが、これでも十分。今、幸せです。私のグループでは、レディボーイも、100%性転換したシーメールも変わらず同じように客を取っています。私はずっと自分の性別に忠実に生きたいと望んでいました。女の子として生きられれば、それで満足なんです。他のことはもう気にしません」。

 こうした憧れは、シャオ・ミーさんのような人々を性転換の方法探しに駆り立てる。運が良く、経済的にも恵まれている人は海外に出る。シャオ・ミーさんを含め、多くはタイで手術を受ける。タイには、界隈で「鋼の医師」の名で知られる有名な専門医もいる。手術の費用や医師はピンキリだ。

前へ   1   2   3   次へ
[Vietnamnet 05:10 29/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホーチミンの新たな路上文化、プラ椅子でカクテルを楽しむ若者たち (7日)
 バーといえば、多くの人はグラスやボトル、氷、火などを巧みに操る専門技術を持ったバーテンダーがいる高級なプライベート空間を想像するだろう。こうしたバーを訪れる客は、場の文化を理解し、適した服装をす...>> 続き
橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務 (2/28)
 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。  ...>> 続き
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (2/21)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (2/14)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (2/7)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited