ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語

2021/03/28 05:33 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話がシェアされ、多くの感動を呼んだ。

 SNSの投稿によると、トゥエティン(Tue Tinh)通りに近いチャンフー(Tran Phu)通り沿いの公園の一角に置かれた古びたシクロは、車上が祭壇になっており、持ち主だった男性の遺影、線香の束、菓子、酒、花などが供えられ、最近亡くなったこのシクロの運転手を偲ぶ場所になっている。シクロのそばには黄色い菊の鉢植えとともに、通行人に線香の購入費の寄付を呼び掛けるメッセージと、アルミの募金箱も添えられている。

 投稿では、寂しく佇むそのシクロの写真と共に、持ち主だった男性の情報も共有されている。遺影の男性は北中部地方ハティン省出身で、身寄りがなく、生前はシクロの上で生活していた。男性が亡くなった時は地元当局が火葬を行い、同業のシクロ運転手がシクロの上に祭壇を設置した。

 この投稿には数万件の「いいね!」やコメントがつき、数百件もシェアされた。多くのSNSユーザーが感動を表し、またこの投稿が拡散されることによって、この男性の親族に情報が届くよう願った。

 同じ公園にシクロを停めている同業のグエン・バン・ミンさん(男性・61歳)によると、故人の名はハイさんで、20年以上前に故郷のハティン省からニャチャン市に移り住み、シクロで生計を立て、自宅や家族もなく、ずっとシクロの上で生活していたという。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 12:28 05/03/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited