ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語

2021/03/28 05:33 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話がシェアされ、多くの感動を呼んだ。

 SNSの投稿によると、トゥエティン(Tue Tinh)通りに近いチャンフー(Tran Phu)通り沿いの公園の一角に置かれた古びたシクロは、車上が祭壇になっており、持ち主だった男性の遺影、線香の束、菓子、酒、花などが供えられ、最近亡くなったこのシクロの運転手を偲ぶ場所になっている。シクロのそばには黄色い菊の鉢植えとともに、通行人に線香の購入費の寄付を呼び掛けるメッセージと、アルミの募金箱も添えられている。

 投稿では、寂しく佇むそのシクロの写真と共に、持ち主だった男性の情報も共有されている。遺影の男性は北中部地方ハティン省出身で、身寄りがなく、生前はシクロの上で生活していた。男性が亡くなった時は地元当局が火葬を行い、同業のシクロ運転手がシクロの上に祭壇を設置した。

 この投稿には数万件の「いいね!」やコメントがつき、数百件もシェアされた。多くのSNSユーザーが感動を表し、またこの投稿が拡散されることによって、この男性の親族に情報が届くよう願った。

 同じ公園にシクロを停めている同業のグエン・バン・ミンさん(男性・61歳)によると、故人の名はハイさんで、20年以上前に故郷のハティン省からニャチャン市に移り住み、シクロで生計を立て、自宅や家族もなく、ずっとシクロの上で生活していたという。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:28 05/03/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
新型コロナ禍で失業した夫婦、深夜の資源回収で生活支える (3/21)
 ベトナムでも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の打撃は大きく、特に今年のテト(旧正月)前に発生した第3波の影響により、テト明けに多くの人々が失業した。  ほとんど教育を受けておらず、ホーチミン市で...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited