ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

慈善活動に尽力する片脚のYouTuber、幼少期の悲劇乗り越え

2021/08/08 10:15 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 幼い頃に左脚を失ったルオン・フィーさん(31歳、南中部沿岸地方クアンナム省ズイスエン郡ナムフオック町在住)の人生には、たくさんの浮き沈みや苦労があった。しかし、フィーさんは鉄の意志で努力を続け、今や有名ユーチューバー(YouTuber)となり、数多くの慈善活動を行っている。

 フィーさんのユーチューブ(YouTube)チャンネル「Phi Mot Chan(フィーモットチャン=「片脚のフィー」の意)」のチャンネル登録者数は2021年8月8日時点で22万人を超え、1000本余りの動画の視聴回数は合計5700万回超に達している。フィーさんの動画の内容は、不運な人々に生きる力や勇気を与え、困難な状況にある人々を助けるものだ。

 今から28年前のある夏の日の昼間、精神病質者の男がナタを手にフィーさん一家の自宅に押し入り、当時妊娠中だった母親、姉、そしてフィーさんに襲い掛かった。母親は頭を、姉とフィーさんは脚を切りつけられ、3人とも命は助かったものの、フィーさんは左脚を永遠に失うこととなってしまった。事件後、母親は身体が弱くなり、姉は幸いにも脚の接合手術に成功した。

 以来、事件当時に不在で難を逃れた父親が1人で一家を養うため、働き詰めとなった。片脚だけが残ったフィーさんは、生活の全てを親戚に頼らざるを得なくなった。

 10歳になると、周りの友人たちがふざけ合ったり、走り回ったりする様子を見て、自分の障がいを実感した。フィーさんに片脚がないことを理由に、友人たちにからかわれたり、笑いものにされたりすることも多々あった。

 「その時はとても悲しかったです。しょっちゅううつに陥り、自虐的になり、誰とも接したくなくなりました。教室に座って、自分の脚が無傷だったらいじめられることもなく、遊べたのにとばかり思っていました」とフィーさんは打ち明けた。

 フィーさんの母親のホー・ティ・トゥエットさん(59歳)は、幼少期のショックな出来事のせいでフィーさんが傷つき、うつ病になってしまい、家族もとても心配したのだと語る。部屋に座って物思いにふける息子を見ては心が痛み、自分の家族にこんな仕打ちをした犯人を憎んだ。「息子がからかわれないよう、学校や遊びに行かせたくありませんでした。息子に義足を作ってあげたかったのですが、お金もありませんでした」とトゥエットさんは涙を流した。

 しかし、家族の励ましとけなされることを許さない強い意志のもと、フィーさんは人生を変えることを決心し、木製の松葉杖を使って歩く練習を始め、脚の筋肉を鍛え、生活の全てを自分でこなすようになった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Tuoi Tre 14:30 22/07/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」日本公開、小野美由紀(作家)×リム・カーワイ(映画監督)対談 (21日)
 アジア9か国・地域のキャストが出演するリム・カーワイ監督作「COME & GO カム・アンド・ゴー」が、11月19日に日本で公開された。この映画は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパ...>> 続き
乳児期の火傷で顔にケロイド、差別を乗り越え夢のケーキ屋をオープンした男性 (14日)
 顔にケロイドがあるゴ・クイ・ハイさん(男性・27歳)は、10歳のときに聴覚障害を持つ友人の誕生日ケーキを買いにケーキ屋に入ったが、顔が醜いという理由で店から追い出されてしまった。それからというもの、ハ...>> 続き
米国で7年服役した有名ハッカー、政府公認の専門家として社会貢献 (7日)
 「HieuPC」ことゴ・ミン・ヒエウさん(男性・32歳、南中部高原地方ザライ省出身)は、多国籍サイバー犯罪者集団の1人として2013年に米国で逮捕された、有名な元ブラックハットハッカーだ。米国で7年間服役した後...>> 続き
新型コロナで彼女の故郷に足止め、そのまま結婚したサイゴンの男性とモン族の女性 (10/31)
 4月30日の南部解放記念日に伴う連休に合わせて、西北部地方ライチャウ省に暮らす恋人のもとを訪れたホーチミン市出身のグエン・タイン・ゴックさん(1996年生まれ)は、同時期に新型コロナウイルス感染症(COVID-1...>> 続き
新型コロナで路線バス運休、仕事もお金もなく…車内で生活する運転手たち (10/24)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う社会的隔離措置により、ホーチミン市内の路線バスの運行が停止されてから4か月余りの間、多くの運転手や車掌は仕事もお金もなく、故郷に帰ることも家賃を支払うことも...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited