ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

バンブー航空、ホーチミン~タインホア/バンドン線を就航

2019/02/09 05:20 JST配信
Clip to Evernote

 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は、1月29日よりホーチミン~タインホア(北中部地方)線に、2月2日よりホーチミン~バンドン(東北部地方クアンニン省)に就航した。

 これに先立ち、バンブー航空は1月16日に同社初の路線としてホーチミン~ハノイ線の運航を開始している。同社にとって、ホーチミン~タインホア線が2路線目、ホーチミン~バンドン線が3路線目となる。

 ホーチミン~タインホア線はデイリー運航で、出発時刻はホーチミン発便が13時50分(15時55分タインホア着)、タインホア発便が16時40分(18時40分ホーチミン着)。飛行時間は約2時間となる。運賃は14万9000VND(約700円)から(税など含まず)。

 ホーチミン~バンドン線は週4便(土・日・火・木)の運航で、出発時刻はホーチミン発便が7時40分(10時00分バンドン着)、バンドン発便が10時45分(12時55分ホーチミン着)。飛行時間は約2時間となる。運賃は14万9000VND(約700円)から(税など含まず)。

 同社はテト(旧正月)に合わせて、既存3路線のほか、◇ハノイ/ホーチミン~クイニョン(南中部沿岸地方ビンディン省)線、◇ハノイ~ニャチャン(南中部沿岸地方カインホア省)線、◇ハノイ~ドンホイ(北中部地方クアンビン省)線、◇ハノイ~バンメトート(南中部高原地方ダクラク省)線、◇ハノイ~フーコック(メコンデルタ地方キエンザン省)線などを運航する。

 同社は2019年内に、国内の主要都市を結ぶ国内線、ベトナムの都市と日本や韓国、シンガポールなどのアジアの都市を結ぶ国際線と合わせて37路線を就航する計画だ。

[FLC Group 10:16 30/01/2019 / FLC Group 17:14 31/01/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
米誌、読者が選ぶ世界の旅行先でベトナムが10位、日本12位 (19日)
 米国の大手出版社コンデナスト社が発行する人気旅行情報誌「コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler)」はこのほど「2019年度 読者が選ぶ世界の旅行先トップ20(Top 20 Countries in the World: Readers’ ...>> 続き
ダナン:ソンチャー半島へのスクーター乗り入れを規制 (18日)
 南中部沿岸地方ダナン市当局はソンチャー半島(ban dao Son Tra)へのスクーター乗り入れについて一部道路で規制すると発表した。スクーター以外の自動二輪車については、これまで同様に利用が可能だ。  対象...>> 続き
ロシアのS7航空、ウラジオストク~ニャチャン線を12月13日就航 (18日)
 ロシアのS7航空(S7 Airlines=シベリア航空)は12月13日、ロシアのウラジオストク国際空港と南中部沿岸地方カインホア省のカムラン国際空港(ニャチャン)を結ぶ新路線に就航する。  同路線は週1往復の運航で...>> 続き
ベトナム航空、ハイフォン~ホーチミン線でワイドボディ機を投入 (17日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は10月27日より、ハイフォン(北部紅河デルタ地方)~ホーチミン線で「ボーイングB787型機」と「エアバスA350」の両ワイドボディ機を投入すると発表した。  同路線は現在...>> 続き
ホーチミン:中華街チョロンのグルメPR、グラブと提携で観光促進 (17日)
 ホーチミン市5区人民委員会はこのほど、中華系の人々が集まる同市の中華街「チョロン地区」のグルメを売り込む観光促進プロジェクト「チョロン・フード・ストーリー(Cho Lon Food Story)」を発表した。  5...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)