ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
経済記事一覧
 ホーチミン:自動車進入可の路地、住宅価格が急上昇 (1日)
 不動産取引に関するウェブサイト「プロプジー(Propzy)」の調査結果によると、ホーチミン市では自動車が進入できる広さの路地に建つ住宅の価格が急上昇しており、中でも12区では第1四半期初めにおける住宅価格が前年同期比+35%上昇し、市内19の区で最も大きな上昇率となっている...
 地場・日系デベ3社が開発のマンション発売、ホーチミン7区新都市区で (1日)
 ホーチミン市7区フーミーフン新都市区で建設中の複合施設「フーミーフン・ミッドタウン(Phu My Hung Midtown)」の高級分譲マンション「ザ・グランデ(The Grande)」が25日、発売された。ミッドタウンでは初めての発売で、2019年の完成が予定されている...
 オーガニック認証取得の農場、全国50か所に―南部に集中 (2/28)
 米農務省(USDA)によると、2017年2月現在でオーガニック認証を取得している農場はベトナム全国に50か所あるという。  認証を取得した農場は、ホーチミン市、南中部高原地方ラムドン省、東南部地方ビンズオン省、同タイニン省、メコンデルタ地方ベンチェ省など、主に南部に...
 ベトナム航空、ベトテルと戦略的パートナーシップ契約を締結 (2/28)
 ベトナム航空総公社[HVN](Vietnam Airline)は24日、国防省傘下のベトナム軍隊通信グループ(Viettel Group=ベトテル)との間で戦略的パートナーシップ契約を締結した。  契約により、HVNはベトテルの要望に応じて、航空輸送サービス(旅客・手...
 ホーチミン:卸売市場を観光地に、ビンディエンが有力候補 (2/27)
 ホーチミン市人民委員会のチャン・ビン・トゥエン副主席は、このほど開かれた市内3か所の大規模な卸売市場管理委員会との会合で、卸売市場を観光スポットにする考えを明らかにした。日本や韓国などで卸売市場が観光客の人気を集めていることがヒントになっている。  トゥードゥック卸売市...
 ダナン:ソンチャー国立観光区開発、エコ観光やビーチリゾートに注力 (2/27)
 南中部沿岸地方ダナン市観光局はこのほど、2016年11月にグエン・スアン・フック首相が承認した「2025年までのソンチャー国立観光区開発全体計画及び2030年までのビジョン」を発表した。同計画では、ソンチャー半島を同地方のエコツーリズムの中心地として開発していく。  具...
 LCC最大手ベトジェットエア、国内線シェアがベトナム航空を上回る―大幅増収増益 (2/25)
(本記事は、2016年12月27日付け「ベトナム株・経済情報」でプレミアム会員専用記事として配信されたものです。)  格安航空(LCC)最大手ベトジェットエア(Vietjet Air)は、効率的なマーケティング戦略により、売上高と利益が共に著しく伸びている。
 ベトナム航空とハノイ市が観光促進で協力、ツアー開発など (2/24)
 ハノイ市人民委員会は22日、ベトナム航空総公社[HVN](Vietnam Airline)との間で、2017年~2021年の5年間における同市の観光商品の開発などを含めた観光促進に関する協力契約を締結した。  それによると、両者は同市のイメージと観光的魅力を広く紹介...
 LCC最大手ベトジェット、IATAに正式加盟―運航開始から5年で (2/23)
 格安航空(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Aviation=Vietjet Air)は18日、国際航空運送協会(IATA)に正式加盟し、その会員証明書を受領した。  現在のIATA加盟航空会社数は世界117か国・地域の約260社に上るという。こ...
 世界最大級のコンテナ船、カイメップ港に初接岸 (2/23)
 デンマークの海運大手マースクラインが所有する世界最大級のコンテナ船「マルグレーテ・マースク(Margrethe Maersk)」が20日、東南部地方バリア・ブンタウ省のカイメップ国際港(CMIT)に寄港した。  「マルグレーテ・マースク」はマースク・トリプルE級のコン...
 タンソンニャット空港拡張用の21ha、国防省が引き渡し (2/22)
 国防省は21日、ホーチミン市タンソンニャット国際空港の拡張用として21haの軍用地を運輸省に引き渡した。ベトナム民間航空局(CAAV)のライ・スアン・タイン局長によると、同用地には2018年のテト(旧正月)までに30~35機分の駐機場が整備される予定だ。  同空港全体で...
 米サブウェイ、フランチャイズ展開が難航―年内にニャチャン出店も (2/21)
 2011年にベトナム進出を果たした世界最大のファストフードチェーン「サブウェイ(SUBWAY)」は、ベトナムでのフランチャイズ展開に向けて提携先を積極的に模索しているが、店舗数の拡大に難航している。  当初サブウェイは2015 年までに50店舗をオープンする計画だった...
 乳業大手THグループ、ハノイに学校「THスクール」開校 (2/21)
 ベトナムの乳業大手THグループは15日、ハノイ市ドンダー区チュアボック通り4-6番地(4-6 Chua Boc St., Dong Da Dist., Ha Noi)で、幼稚園から高校までの一貫教育施設「THスクール(TH School)」を開校した。同社が学校を開校するのは...
 ハノイ:新たな配車アプリ「Taxi-Group」登場 (2/21)
 配車サービスをサポートする新たなスマートフォン(スマホ)向けアプリ「タクシーグループ(Taxi-Group)」が15日、「Google Play」と「App Store」に登場した。同サービスはハノイ市で導入される。  このアプリは無料で、iOS(
 ベトジェット、航空技術センター設立―サイゴンハイテクパークで (2/21)
 格安航空(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Aviation=VIETJET AIR)は18日、ホーチミン市9区サイゴンハイテクパーク(SHTP)における「航空技術センター」の投資認可を取得した。3月に着工し、1年後に開業する見通し。  同社...
 カントー市と広島県、都市下水道の管理で協力協議 (2/20)
 メコンデルタ地方カントー市の幹部らは15日、訪越中の広島県の企業代表団と、都市の下水道システムを管理するソフトウェアシステムの開発などについて協議を行った。同市人民委のボー・ティ・ホン・アイン副主席によると、カントー市はこれまで都市下水道を整備してきたが、データに基づいた...
 中央銀行通達、債務借り替え融資を3月15日から禁止へ (2/17)
 2016年12月30日付けベトナム国家銀行(中央銀行)通達第39号/2016/TT-NHNN(3月15日施行)では、企業向けの債務借り替え融資に関し、元の債務が当該銀行からの融資によるものか、他行からの融資によるものかを問わず、禁止すると規定している。  ただし、与信枠...
 米TPP離脱、RCEPはベトナムに負の影響を与えるか (2/16)
 ドナルド・トランプ米大統領が1月、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱に関する大統領令に署名したことでTPPの先行きが不透明になる中、ベトナムも交渉中の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)が締結されれば貿易赤字が拡大するのではないかと懸念する声が上がっている。...
 ダナン国際空港の新国際線ターミナル、3月29日に竣工 (2/16)
 南中部沿岸地方ダナン市のダナン国際空港で建設が進められている新国際線ターミナルは、2015年11月の着工から16か月を経てダナン市解放記念日にあたる3月29日に竣工する予定だ。  同案件では、旅客ターミナル、陸橋、駐車場を新たに建設している。旅客ターミナルの用地面積...
 ベトナム株、710超えで9年ぶり高値更新―売買代金は高水準維持 (2/16)
 前夜の米国株式市場で主要3指数が終値で過去最高を更新したことを受け、15日のベトナム株式指数(VNインデックス)は+5.31ポイント(+0.75%)高の711.57の高値圏で引け、2008年2月以来9年ぶりの高値を更新した。  売買代金は2兆8600億VND(約144億円)...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 
前へ | 次のページ 
(3/525)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)