ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第36回】ベトナム人が選ぶ 好きな上司と嫌いな上司

2017/06/06 09:15 JST配信

以前に、 ベトナム人の転職の実情 という内容でお話しましたが、ベトナム人が就職や転職する際の基準では「給与」「福利厚生」など条件面を中心に考慮することが多いです。では、実際に働く中での 仕事の満足度 は何から得られるのでしょう。実は、仕事の満足度と上司への満足度は大きく関係性があります。今回は、 ベトナム人会社員の好きな上司、嫌いな上司 について調べてみました。

※ベトナム人フルタイムワーカーの20代男女1149名を対象に調査しました。

上司への満足度は?

データを見てみると、上司に「とても満足」、「満足」していると回答している人の中では、 仕事にも満足している人が7割以上 となっています。

このように、「上司への満足度」と「仕事への満足度」が相関関係にあるのがわかります。実は給与に満足していても、残業時間が少なくても、 上司といい関係を築けていない社員の仕事に対する満足度は低い 傾向にあります。

やっぱり人気は「頼れる上司」

それでは、どのような上司をベトナム人の20代の若手は求めているのでしょうか?

特に人気のある上司像は、社員の意見を良く聞き、責任感がある人物 です。上位に選ばれた選択肢をみてみると「人の意見を聞く」「責任感がある」「公平な評価を下す」といった 頼れる上司像 が浮かんできます。

ベトナム人は自分の意見を人前で発表することを恥ずかしがる傾向にあり、また多くのスタッフを抱えているとそれぞれの意見に耳を傾けることは大変です。しかし、コミュニケーションをしっかりとること、また何か問題があった時に頼れ、的確な判断が下せることなどが重要な要素になってきます。

感情的な上司が最も不人気

一方で、人気のない上司の傾向としてはその逆の 「感情的」「人の意見を聞かない」「不公平な評価をする」 が挙げられます。

ベトナム人にとって、 感情的になることは、大人になっても自分をコントロール出来ない恥ずかしいこと だと考えられ、また、プライドが高い彼らは人前で怒られると反対に腹を立ててしまい、反省を怠るため機能的とも言えません。社員が何か失敗を犯しても感情的になって叱りつけるのではなく、冷静に何がいけなかったのか、これからどうしてほしいのかを説明するのが効果的です。

また、 自分の実績を重視するベトナム人は、不平等に評価されることをとても嫌います 。「自分の給与はパフォーマンスに比べて低い」と考えている社員が4割いるなど、どうしてもそれぞれが自己を過大評価する傾向にあり、評価を行う段階でギャップが生まれます。このギャップを埋めるためには、より多くのコミュニケーションやフィードバックの機会を設けることが有効です。

さらに、日本企業の上司はベトナム企業と比べると、概ね「人の意見を聞く」「責任感」などの項目は高い一方で、コミュニケーションの不足から「公平な評価が得られていない」と感じているベトナム人も少なくないようです。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
5G対応エリア、25年までに全国拡大 情報通信省目標 (12日)

 情報通信省はこのほど、「2025年までのベトナム移動通信ネットワークの品質向上計画」を承認した。同計画は、個人や企業のサービス利用体験を向上させるほか、デジタル経済、デジタル社会、デジタル政府の促進...

1~6月期のベトナム人海外派遣労働者数7.9万人、日本向けが最多4.. (12日)

 2024年1~6月期にベトナムから海外に派遣された労働者数は7万8640人で、前年同期から微増となり、年間計画の約63%に達した。なお、労働傷病兵社会省は、2024年にベトナムから海外に派遣する労働者数の目標を計...

23年の全国平均月収は3.1万円、1位はビンズオン省の5.2万円 (12日)

 統計総局(GSO)による全国63省・市を対象とした2023年の世帯生活水準調査(確定値)によると、全国の1人当たり平均月収は、前年比+6.2%増の496万VND(約3万1000円)に増加した。  1人当たり平均月収のトップ5の...

ろう者の男性と両脚を失った女性、他人同士の2人が共に生きるわけ (7日)

 南中部沿岸地方クアンナム省タムキー市タンタイン街区にある小さな家で、共に身体にハンデを抱えながら、30年間にわたり静かに支え合って生きてきた男女がいる。初めて会った人には夫婦か兄妹と思われるが、実...

違反発覚のトゥアンアンG、落札した高速道路案件から撤退 (12日)

 ベトナム全国で多くの道路・橋梁プロジェクトを落札している建設会社トゥアンアングループ(Thuan An Group)は、違反が摘発され、複数の役員が逮捕されたことを受け、同社が落札したカインホア(南中部沿岸地方カ...

海外電子署名認証サービス提供組織の認定に関する通達を発出 (12日)

 情報通信省はこのほど、ベトナムで海外の電子署名の認証サービスを提供する組織の認定、ベトナムにおける海外の電子署名の認定・認証に関する通達第6号/2024/TT-BTTTT(8月15日施行)を発出した。  通達には...

バン国会財政予算常務委員を逮捕、職権乱用で (12日)

 国会財政予算委員会のレ・タイン・バン常務委員(男・60歳)が、北部紅河デルタ地方タイビン省警察によって逮捕された。逮捕状の発行は同省人民検察院が承認した。同省警察が10日に明らかにした。  バン容疑...

4つの送り出し機関が韓国の介護事業者と提携、人材派遣と教育で (12日)

 高齢者介護事業を手掛ける韓国のケアドク(Caredoc)はこのほど、ベトナムの4つの人材育成機関との間で、高齢者介護人材の育成と韓国への派遣に関する覚書(MOU)を締結した。  同社と提携したのはドンドー日本...

バンブー航空、イスラエルIAIと航空機エンジンのメンテナンス契約 (12日)

 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は、イスラエルの航空機メーカーであるイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(

ラム国家主席がラオス訪問、就任後初の外遊 ビンファスト製EV贈呈 (12日)

 トー・ラム国家主席は11日、ラオス公式訪問を開始した。13日までの日程でラオスとカンボジアを歴訪する。  11日午前にラオスの首都ビエンチャンで歓迎式典が盛大に執り行われた後、ラム国家主席はトーンル...

バクザン省:ジフテリアの感染者1人を新たに確認 (12日)

 東北部地方バクザン省でジフテリアの感染者として確認されたM・T・Bさん(女性・18歳)と濃厚接触があった同省在住のB・H・Gさん(女性・29歳)が、ジフテリアに感染していることがわかった。同省疾病管制センター(...

小型潜水艦自主製造の会社社長が引退の意向、プロジェクト譲渡へ (12日)

 小型潜水艦の「チュオンサ号」や「ホアンサ号」を自主設計・製造したことで知られる実業家のグエン・クオック・ホア氏(男性・67歳)は8日、小型潜水艦プロジェクトを譲渡する意向を明らかにした。  ホア氏は...

ユニクロ、ホーチミンの「ビンコム・グランドパーク」に新店舗 (12日)

 カジュアルブランド「ユニクロ(UNIQLO)」のベトナム現地法人ユニクロ・ベトナム(UNIQLO Vietnam)は7月20日、ホーチミン市直轄トゥードゥック市にある大型商業施設「ビンコム・メガモール・グランドパーク(Vinco...

6月の新車販売台数統計、1~6月期の販売台数上位20ブランド (12日)

 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2024年6月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーターおよびビンファスト=VinFast含まず)は前月比+3%増、前年同月比では+12%増の2...

メープルツリー、ホーチミンの複合施設を「JWマリオット」に刷新 (12日)

 シンガポールの不動産投資会社メープルツリー・インベストメンツ(Mapletree Investments)はこのほど、米マリオット・インターナショナル(Marriott International)との間で、ホーチミン市における「JWマリオット...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved