ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【番外編 ~イベント大娘の独り言?】ヒントの宝庫、飲食店から学ぶ事

2020/05/13 09:40 JST配信

初めまして、 タマ と申します。私のボスが連載している「 イベントオヤジの独り言/平櫛開三 」というコラムに、これから時々差し込ませていただくことになりました。私の同僚のイベント小娘「ゆずちゃん」と交代で時々登場します。どうぞよろしくお願いします。

さて、私ごとですがホーチミンに来て丸3年が経ちました。昼は日系イベント会社のスタッフとして、様々な企業様や日本に関連するイベント現場に携わりながら、夜は愛すべきホーチミンの酒飲みたちとの死闘を繰り広げ、時々は気まぐれで小さな飲み屋(最近はおでん屋さんも)をやったりしながら、楽しく暮らしております。ところが、この度会社からハノイ担当を仰せつかり、5月からハノイでの暮らしが始まることになりました。ハノイのみなさまどうか仲良くしてください。心地よい友人と酒場に支えられて、はじめて仕事に精が出る、そういうタイプです私。

酒場に限らず、飲食店には「イベント仕事をするためのヒントがたくさん詰まっているなぁ」、なんて事を最近改めて感じています。基本的にイベントの仕事は単発の現場が多く、打ち上げ花火のように一発で決めなければいけないような感覚が私にはあります。そして本番の何倍もの時間を準備にあてるわけですが、「イベント仕事って、ほぼ準備なんですよ…、ホホホ」なんて思いながら、日々粛々と準備をしています。そして、その準備の中で多くの選択を迫られます。本番でお客さんの反応をみて臨機応変に調整できる事ってすごく限られているため、想像力をフル稼働させ、本番の様子をイメージしながら、小さな選択を積み重ねます。準備期間が長ければ長いほど、本番のイメージがぼやけだし、本来の目的を見失いやすくなったりする事もよくある話です。 準備期間中の舵取りこそが私たちイベント屋の一番大切な仕事なのかもしれない です。だけど、そんなかっこいい事を言ってはみても、すぐに考えが煮詰まり、迫り来る期限の数々に舵取りどころじゃなくなるわけです。(私の場合)

煮詰まるといっても、誰かに相談したら、「なんで悩むの?」「どっちでもいいじゃん」と言われるような小さな選択のほうが、余計に一人で悶々とすることが多いです。赤がいいのか、青がいいのか、別にどっちでもいいのか、そんなことより他にやるべき事が山積みなんじゃないのか…。頭の中を無数の選択肢がループをし始めます。だけど、頭を抱えたままで何かが解決することや、ヒントを見つけることってあまりないですから、 そういう時は悩むことを一旦放置して、会社を出て街に繰り出します 。(私の場合)

お腹を空かせて、美味しいご飯とお酒を前にすると、毎日が「本番」である飲食店から見えてくることが沢山あります。日々お客様のニーズに応え、その土地の性質に合わせ、いい塩梅のテンションをキープしつつ、時代や流行も取り入れ、その店それぞれのこだわりを守り、日々店を維持する。そこには 待ったなしの「今」 が詰まっていて、それだけでも沢山のヒントが見えてきます。それに加え、みなさん「本番中」に悶々と悩んでいる暇などなく、テキパキと動きながら考え、店が終わってもまた明日やってくる「本番」に向け、短い準備時間で動きながら考え決断するスタイル。頭でこねくり回すより、 その時々の空気を読み感覚でスパッと判断することの大切さや、行動の早さがいかに大切か を再認識します。そして、私はというと、美味しいご飯とお酒に酔いしれ、なにかヒントを得られたような気持ちになり、気持ちだけが大きくなり、気がつくと明日のことも忘れ、1軒、2軒、3軒…と街を彷徨いつづけ、何を迷い悩んでいたかも忘れ、しまいには財布や携帯を忘れたまま帰宅する始末。こうやって人様に迷惑をかける日々です。これも大切なプロセスのひとつとご理解いただき、ハノイの皆様どうかお手柔らかに、お願いします。

<文責:AAB 五十嵐珠実>

著者紹介
平櫛開三 HIRAGUSHI KAIZO
1987年に株式会社AABを日本(大阪)に設立、その後、2006年にAAB VIETNAMを設立。

AAB VIETNAMはイベント関連事業全般を業務範囲とする。日本の公官庁や自治体、ベトナム進出の日系企業等の顧客を持ち、各種式典(竣工式などのオープニングセレモニー、周年記念など)やPRイベント(新商品発表会や日本の物産展、商談会や観光誘致プロモーションなど)、会議、展示会、各種パーティーからエンターテインメント(ベトナム人歌手のライブショー、ファッションショーなど)までを幅広く手掛け、ベトナムにおけるイベント専門会社の中でもトップクラスの規模を誇る存在に成長させた。

2018年より日本及び海外拠点(ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、フランス)の統括管理責任者として、グループのCEOに就任。ベトナムの日本人向け媒体に「イベントオヤジの独り言」を連載した。


◆連絡先

AAB VIETNAM

平櫛直通TEL:090-262-0066

hiragushi@aab.co.jp
イベントオヤジの独り言
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
国家統一試験の結果公表、ビンフック省が2年連続で平均点トップ (5:46)

 教育訓練省は、2024~2025年度の高校卒業 兼 大学入学統一試験(国家統一試験)の結果を公表した。試験科目は、◇数学、◇国語、◇外国語、◇物理、◇化学、◇生物、◇歴史、◇地理、◇国民教育の9科目。合格率は98.9%と...

竹筒容器でドリンク提供、SNS映えすると若者の間で人気に (5:05)

 最近、ドリンクを竹筒の容器に入れて提供する店舗が増えており、環境に優しいエコライフを好む若者の間で人気を博している。  竹筒でドリンクを提供する店は、ハノイ市やバリア・ブンタウ省(東南部地方)、...

FPT加盟のAIアライアンス、世界初の半導体産業特化型AIを発表 (4:17)

 オープンで責任ある人工知能(AI)開発を積極的に推進する業界横断的イニシアチブ「AIアライアンス(AI Alliance)」が共同開発した、世界初の半導体産業特化型オープンソース人工知能(AI)大規模言語モデル(LLM)「S...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

6月の対日貿易収支、942億円の黒字 前年同月比▲1.5%減 (3:21)

 日本の財務省が発表した2024年6月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲1.5%減の941億8500万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+14.4%増の2220億2300万...

ホーチミン:「ベトナムスポーツショー2024」、9月26日から (2:24)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、9月26日(木)から28日(土)まで、「ベトナムスポーツショー(Vietnam Sport Show 202...

チョン書記長、治療に専念 党序列2位のラム国家主席が代行 (18日)

 ベトナム共産党中央官房は18日、グエン・フー・チョン書記長(80歳)の健康状態に関する政治局の発表を公表した。  発表によると、チョン書記長はこれまで公務と並行して治療を受けてきたが、今後は治療に専...

バンコクの越系6人死亡事件、日本への投資関連で金銭トラブル (18日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人の遺体が発見された事件で、ファム・ミン・チン首相は17日、外務省、公安省、駐タイ・ベトナム大使館宛て...

米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (18日)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (18日)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (18日)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (18日)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (18日)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (18日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (18日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved