ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンの外国人向け市場を巡る

2012/08/30 18:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) Tuoitre
(C) Tuoitre 写真の拡大

 ホーチミン市内には数百の伝統的市場があり、どこも賑わいを見せているが、国際都市ホーチミンには、外国人向けの市場やスーパーも多数存在し、その数は年々増えている。現地紙の記者は週末、これら外国人向け市場の実態を探るべく、各市場に足を運んだ。25日付トゥオイチェー紙(電子版)が報じた。

 10区レホンフォン通りの小道にあるレホンフォン市場は別名「南蛮(カンボジア)市場」と呼ばれている。規模は小さいものの、市場にはカンボジア産の食料品や衣類、アクセサリー類が所狭しと並んでいる。屋台のオススメ料理はなんと言っても、フーティウナンバンなどのカンボジア風麺料理。その他、産地直送の魚なども味わえる。地元客だけでなく越僑や観光客も訪れる穴場スポットだという。

 タンビン区のタンソンホア通り周辺は韓国人向けの食料品店が立ち並ぶ韓国市場となっている。ここではキムチ、トッポギ、キムパプ(海苔巻き)などの食料品を販売している。この市場は、市内にある他の韓国人居住区(7区フーミーフン新都市区、タンビン区タンソンニャット空港周辺など)にある韓国系スーパーに食料品を供給している。

 上記で紹介したカンボジア市場と韓国市場は、ベトナムの伝統的市場と類似した点が多いが、在越日本人は、ミニスーパーやコンビニエンスストアを好んで利用している。ベトナム人消費者をメインターゲットとしているコンビニは市内中心部を中心に展開しているが、ミニスーパーについては、日本人居住区(1区レタントン通り、タンビン区ファムバンハイ通り、コンホア通り)に集中している。しかし、日本製品は高品質であり、日本の食料品は健康によいと信じるベトナム人消費者の利用も増えているという。

[Bao Chau, Tuoi Tre, 13:30 (GMT+7) 25/08/2012U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
世界の銀行ブランド価値ランキング、越の9行がトップ500入り (5:17)
 英ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社(Brand Finance)はこのほど、世界の銀行のブランド力を数値化したランキング「世界で最も価値のある銀行ブランドトップ500(Banking 500)」2020年版を...>> 続き
豪フィットネス「ジェッツ」、ホーチミンにベトナム1号店 (27日)
 24時間営業のオーストラリア系フィットネスジム「ジェッツ(Jetts)」のベトナム1号店が、ホーチミン市1区グエンクーチン街区コンクイン通りA36B番地(A36B Cong Quynh, phuong Nguyen Cu Trinh, quan 1, TP. Ho C...>> 続き
軍隊銀行、富裕層向けプライベート・バンキングサービスを開始 (27日)
 軍隊銀行[MBB](Military Bank)はこのほど、個人金融サービスで175年以上の経験を持つスイス系大手銀行ボーディエ(Bordier & Cie)との協力により、富裕層を対象に総合的な資産管理を行うプライベート・バンキン...>> 続き
電子契約によるチャーター車両、4月から全国展開可能に―新政令施行で (27日)
 自動車による輸送事業に関する政令第86号/2014/ND-CPに代わる政令第10号/2020/ND-CPが4月1日に施行されることを受け、シンガポール系グラブ(Grab)や地場ファストゴー(FastGo)など配車アプリをプラットフォーム...>> 続き
ベトナム、CPTPP締結国との貿易収支39億USDの黒字―前年2.4倍 (26日)
 米国抜きの新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」が2019年1月にベトナムで発効してから1年以上が経過した。商工省はこのほど、2019年にお...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)