ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム企業トップ500、ペトロベトナムグループが首位維持

2015/12/03 16:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnr500
(C) vnr500 写真の拡大

 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート)は、「ベトナム企業トップ500(VNR500)」の2015年版を発表した。それによると、1~7位は前年の順位と変わらず、ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)が首位を維持している。

 VNR500は、売上高、成長速度、利益、総資産、労働力などの指標に基づき各企業をランキング化したもの。VNR500にランクインした企業を企業形態別で見てみると、国営企業が38.4%を占めているが、前年の40.8%からは減少した。また、事業別では採鉱やガソリン・石油の売上高が最も大きくなっている。

 2015年におけるベトナム企業トップ10は以下の通り(カッコ内は前年の順位)。

1位:ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN) (1位)
2位:サムスン電子ベトナム(Samsung Electronics Vietnam=SEV) (2位)
3位:ペトロリメックス総公社(Petrolimex=ペトロリメックス) (3位)
4位:ベトナム電力グループ(Vietnam Electricity=EVN) (4位)
5位:ベトナム軍隊通信グループ(Viettel Group=ベトテル) (5位)
6位:ビンソン製油・石化社(Binh Son Refining & Petrochemical=BSR) (6位)
7位:ベトナム郵政通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT) (7位)
8位:ベトソブペトロ合弁会社(Vietsovpetro Joint Venture) (11位)
9位:ベトナム石炭鉱産グループ(Vinacomin=ビナコミン) (9位)
10位:ペトロベトナムガス[GAS](PV Gas) (13位)

 2015年におけるベトナム民間企業トップ10は以下の通り(カッコ内は前年の順位)。

1位:ビナミルク[VNM](Vinamilk) (2位)
2位:DOJIジュエリー株式会社(DOJI Jewelry) (1位)
3位:FPT情報通信[FPT](FPT Holdings) (3位)
4位:ビングループ[VIC](Vingroup) (4位)
5位:ホアファット鉄鋼グループ[HPG](Hoa Phat Group) (6位)
6位:チュオンハイ自動車(THACO) (11位)
7位:サイゴン商業銀行(Saigon commercial Bank=SCB) (8位)
8位:マサンインベストメントグループ[MSN](Masan Group) (24位)
9位:サコムバンク[STB](Sacombank) (7位)
10位:テーゾイジードン投資[MWG](Mobile World Investment) (33位)

[C.V.Kinh, VNR500, Tuoi Tre, 10:39 (GMT+7) 01/12/2015, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
FLCグループ、コントゥム省で高級都市区案件を着工 (3:40)
 FLCグループ[FLC](FLC Group)はこのほど、南中部高原地方コントゥム省で高級都市区案件「FLCレガシー・コントゥム(FLC Legacy Kon Tum)」を着工した。  同案件は、投資総額1兆7000億VND(約77.6億円)。同省...>> 続き
別荘市場が多くの地方で発展、高所得層が所有に関心 (20日)
 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)のニール・マグレガー(Neil MacGregor)社長は、10年前に南中部沿岸地方ダナン市にリゾート不動産が初めて出現して以来、別荘市場が発展し多...>> 続き
VNPT、東南アジア初のガラス光ファイバー工場を竣工 (20日)
 ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下の郵電設備社(ポステフ=Postef)は15日、北部紅河デルタ地方バクニン省で光ファイバー通信用のガラス光ファイバー工場を竣工...>> 続き
「一帯一路」関連事業の有望投資先、東南アジアでベトナムが首位 (20日)
 シンガポール最大の経済団体であるシンガポール事業連盟(SBF)および大手国際会計事務所の英プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が発表した調査結果で、2013年に中国の習近平国家主席が提唱したアジア、欧...>> 続き
米国からの輸入品、ベトナムのスーパーで売れ行き好調 (19日)
 ホーチミン市1区で米国からの輸入品を専門に扱っているスーパーマーケット「USマート」では、飲料、果物、菓子などの食品から日用品まで様々な商品を販売している。価格は商品により数万~数十万VND(1万VND=約...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)