ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ベトナムの有名カフェチェーン、フランチャイズ料は?

2019/09/24 16:23 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 ベトナムでフランチャイズ(FC)展開しているカフェチェーンは少なくない。

 最近では、地場大手コーヒーメーカーのチュングエン・レジェンド(Trung Nguyen Legend)が8月に開業したFCによるコーヒーチェーン「イーコーヒー(E-Coffee)」が飛躍的な成長をみせている。

 イーコーヒーは2020年までに全国63省・市で3000店舗の展開を目指しており、ここまで1日10店舗ペースという驚異的なスピードで店舗数を拡大させている。さらに、国内企業のみならず、中国や韓国、米国、ロシア、欧州など多くの海外企業が関心を寄せている。

 以下、ベトナムでFC展開しているカフェチェーンのいくつかを紹介する。

◇ハイランズ・コーヒー(Highlands Coffee)
 20年前に誕生し、フランチャイズ経営が最も成功しているカフェの一つ。フランチャイズ料は高め。初期費用は35億~50億VND(約1640万~2350万円)。1か月のロイヤリティは売上の7%、管理費は5%。

◇コンカフェ(CONG ca phe)
 配給(バオカップ=Bao cap)時代をイメージしたデザインが特徴。国内に約50店、海外に3店を展開中。フランチャイズ料は地域によって異なる。

◇イーコーヒー(E-Coffee)
 チュングエン・レジェンドが展開、現在約100店だが、3000店を目指している。初期費用は6500万~1億7500万VND(約30万5000~82万2000円)、ロイヤリティは無料。

◇ミラノコーヒー(Milano Coffee)
 2011年末の誕生で後発組だが、2017年には1045店に達した。初期費用は9000万~1億VND(約42万3000~46万9000円)。

 このほか、◇ビバスターコーヒー(Viva Star Coffee)、◇ナポリコーヒー(Napoli Coffee)、◇カフェ・エフォック(Cafe Effoc)などがある。

[Cafebiz 07:16 20/9/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトテル、ハノイで5Gの商用サービスを開始 国内初 (6:22)
 ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は30日、試験期間を経て、ハノイ市で第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスを開始した。ベトナム国内で商業ベースの5Gサービスが提供されるのはこれが初...>> 続き
ホーチミン:メトロ3A号線、イオンモール付近に駅追加を提案 (5:47)
 ホーチミン市人民委員会は計画投資省に対し、建設準備が進められている同市都市鉄道ベンタイン~タンキエン間(メトロ3A号線)第1期に駅を追加するよう提案した。  追加が提案されている駅は「C11」というエ...>> 続き
電子マネー「MoMo」、航空・列車・バスチケットの予約決済サービスを開始 (4:44)
 スマートフォン向け電子決済サービス(電子マネー)「モモ(MoMo)」を運営するオンラインモバイルサービス社(M_Service)はこのほど、航空券・列車・バスのチケットの予約決済サービスを正式に開始した。  同サ...>> 続き
グラブ、スタートアップ支援プログラムで優良5社を発表 (1日)
 シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)のベトナム現地法人であるグラブベトナム(Grab Vietnam)はこのほど、ベトナムで展開中のスタートアップ支援プロ...>> 続き
テーゾイジードン投資、薬局チェーンのブランド刷新 100店舗目指す (1日)
 携帯電話小売・家電小売最大手でミニスーパーも手掛けるテーゾイジードン投資[MWG](Mobile World Investment)は、薬局チェーン「アンカン(An Khang)」のブランドアイデンティティを刷新し、色を緑から赤とした...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited