ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ベトナムの有名カフェチェーン、フランチャイズ料は?

2019/09/24 16:23 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 ベトナムでフランチャイズ(FC)展開しているカフェチェーンは少なくない。

 最近では、地場大手コーヒーメーカーのチュングエン・レジェンド(Trung Nguyen Legend)が8月に開業したFCによるコーヒーチェーン「イーコーヒー(E-Coffee)」が飛躍的な成長をみせている。

 イーコーヒーは2020年までに全国63省・市で3000店舗の展開を目指しており、ここまで1日10店舗ペースという驚異的なスピードで店舗数を拡大させている。さらに、国内企業のみならず、中国や韓国、米国、ロシア、欧州など多くの海外企業が関心を寄せている。

 以下、ベトナムでFC展開しているカフェチェーンのいくつかを紹介する。

◇ハイランズ・コーヒー(Highlands Coffee)
 20年前に誕生し、フランチャイズ経営が最も成功しているカフェの一つ。フランチャイズ料は高め。初期費用は35億~50億VND(約1640万~2350万円)。1か月のロイヤリティは売上の7%、管理費は5%。

◇コンカフェ(CONG ca phe)
 配給(バオカップ=Bao cap)時代をイメージしたデザインが特徴。国内に約50店、海外に3店を展開中。フランチャイズ料は地域によって異なる。

◇イーコーヒー(E-Coffee)
 チュングエン・レジェンドが展開、現在約100店だが、3000店を目指している。初期費用は6500万~1億7500万VND(約30万5000~82万2000円)、ロイヤリティは無料。

◇ミラノコーヒー(Milano Coffee)
 2011年末の誕生で後発組だが、2017年には1045店に達した。初期費用は9000万~1億VND(約42万3000~46万9000円)。

 このほか、◇ビバスターコーヒー(Viva Star Coffee)、◇ナポリコーヒー(Napoli Coffee)、◇カフェ・エフォック(Cafe Effoc)などがある。

[Cafebiz 07:16 20/9/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
配車サービスに対するVAT税率引き上げで各社が運賃値上げを検討 (4日)
 改正税管理法(7月1日施行)をガイダンスする政令第126号/2020/ND-CP(12月5日施行)によると、配車アプリ運営企業の契約ドライバーに対する付加価値税(VAT)率が現行の3%から10%へと大幅に引き上げられる。これに...>> 続き
ベトナム企業の過半数が21年の成長を楽観視 HSBC調査 (4日)
 香港上海銀行(HSBC)が先般発表した調査結果によると、コロナ禍の影響があるにもかかわらず、ベトナム企業の過半数が2021年の成長を楽観視していることが明らかになった。  この調査にはベトナムから200社が...>> 続き
ネットフリックスやアマゾンなどの納税義務を厳格化へ (4日)
 財政省傘下の税務総局のダン・ゴック・ミン副局長によると、同局は近く映像ストリーミングサービス運営のネットフリックス(Netflix)やインターネット通販大手アマゾン(Amazon)、グーグル(Google)、ユーチューブ...>> 続き
アジアコマーシャル銀行、9日にホーチミン証取に鞍替え上場 (4日)
 アジアコマーシャル銀行[ACB](Asia Commercial Bank)が12月9日にホーチミン証券取引所(HSX)に上場する。  取引登録株式数は21億6155万8460株。初日の取引基準株価2万6400VND(約120円)に基づく時価総額は57...>> 続き
FLCグループ、クイニョン市に5つ星ホテルを開業 (4日)
 不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)は11月28日、南中部沿岸地方ビンディン省クイニョン市で展開中の生態観光地区「FLCクイニョン (FLC Quy Nhon)」内に5つ星ホテル「FLCグランド・ホテル・クイ...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited