ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

コロナ禍がコワーキングスペース市場の追い風に 新拠点が続々開設

2020/06/05 13:20 JST配信
Clip to Evernote
(C) dautu
(C) dautu 写真の拡大

 ベトナム国内では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がコワーキングスペース市場の追い風になっており、多くの運営会社が続々と新拠点を開設している。

 COVID-19対策の一環として実施された社会的隔離措置の適用期間中、コワーキングスペースの稼働率は若干低下したものの、同措置の終了後は需要が急増している。この背景には、中小企業や零細企業、スタートアップ企業などがコスト削減策として従来のオフィスからコワーキングスペースに切り替える傾向が強まっていることがある。

 コワーキングスペースでは、OA機器を完備したスタイリッシュなワークスペースや会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら、それぞれが独立した仕事を行いつつ、利用者同士の交流により新たな事業やアイデアが生まれるなどのメリットがある。

 コワーキングスペース大手のトーオン(Toong=ハチの巣)は、需要増に対応すべく、1区グエンビンキエム(Nguyen Binh Khiem)通りと3区ボーティサウ(Vo Thi Sau)通りにある施設内での開業に向けた準備を急ピッチで進めている。

 開業が実現すれば、同社の拠点は15か所に拡大する。同社は現在、ベトナム国内でコワーキングスペース13か所(ホーチミン市7か所、ハノイ市5か所、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市1か所)を運営している。

 また、同業のドリームプレックス(Dreamplex)も、5月上旬にハノイ市ドンダー区にあるTTGタワー内に延べ床面積3400m2のコワーキングスペースを開業して同市への進出を果たした。これにより、同社の拠点は4か所(ホーチミン市3か所、ハノイ市1か所)に増えた。さらに同社は年内にもホーチミン市2区に新たな拠点を開業する予定だ。

 なお、コワーキングスペース業者はコロナ禍で、家主にスペース賃貸料の値下げを求めたり、拠点を立地条件の良い場所に移転したりするなどして店舗網の再編を進めている。

[Baodautu 13:39 03/06/2020 U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
好調の新韓ベトナム銀行、現地化・デジタル化奏功し過去最大利益も (14:07)
 韓国系の新韓ベトナム銀行の純利益が昨年に続き、今年も1000億ウォン(約92億7000万円)を超える展望だ。ベトナム進出している韓国系銀行では唯一の1000億ウォン越えとなる。  新韓ベトナム銀行の今年1~6月...>> 続き
1~9月期の日用消費財市場、2桁成長 新型コロナ前の水準に回復 (6:12)
 英市場調査会社カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)のベトナム現地法人カンター・ワールドパネル・ベトナム(Kantar Worldpanel Vietnam)が発表した2020年1~9月期の日用消費財(FMCG)市場に関する最新...>> 続き
ビンGブオン会長の資産、半年で+10億USD増の66億USDに (28日)
 米経済誌フォーブス(Forbes)によると、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)のファム・ニャット・ブオン会長(男性・51歳)の資産(10月26日時点)が6か月前と比べて+10億USD(約1050億円)...>> 続き
ベトナムヌクマム協会とベトナム伝統ヌクマム協会が設立 (28日)
 ハノイ市で27日、ベトナムヌクマム協会およびベトナム伝統ヌクマム協会の設立総会が開催された。これに先立ち、両協会は内務省により設立の承認を受けていた。  ベトナムヌクマム協会は会員数が250社となっ...>> 続き
ベトナムの消費者、新型コロナで買い控え続くも60%が世帯収入増と予想 (28日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、ベトナムでは消費者が高額商品の買い控えを意識していることが、フランスの調査会社イプソス(Ipsos)の調査で分かった。  調査は9月18日~22日にかけて18...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited