ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

鹿島と地場の合弁、ヴィエティンバンクと戦略的業務提携

2021/04/29 14:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) vietinbank
(C) vietinbank 写真の拡大

 鹿島建設株式会社(東京都港区)と地場デベロッパーのインドチャイナ・キャピタル(Indochina Capital)の合弁会社であるインドチャイナ・カジマ・デベロップメント(Indochina Kajima Development)はこのほど、ヴィエティンバンク[CTG](Vietinbank)との間で戦略的業務提携契約を締結した。

 契約によると、CTGは同合弁会社が北部紅河デルタ地方ハイフォン市ハノイ市、南中部沿岸地方フーイエン省などで開発する不動産案件向けの融資を行う。

 なお、インドチャイナ・カジマ・デベロップメントは4月初め、フーイエン省のノムビーチ(Bai Nom)で高級リゾート案件を着工した。これに先立つ3月には、ホーチミン市1区で「ウインク・ホテル・サイゴンセンター(Wink Hotel Saigon Centre)」を開業した。

 インドチャイナ・カジマ・デベロップメントは2016年9月の設立で、ハノイ市や南中部沿岸地方ダナン市、ホーチミン市を中心に不動産案件を展開している。

 一方、CTGは1988年に設立された元国営4大銀行の一行で、全国に支店155か所と出張所1000か所、ドイツのフランクフルトとベルリンに支店2か所、ラオスに子銀行1行を擁する。

[Vietinbank 08:28 26/04/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
韓国系シネコンCGV、ベトナムの営業利益5.3倍 ベトナム映画ヒットで (13日)
 韓国のシネマコンプレックス(シネコン)大手CJ CGVは、2021年1~3月期に連結売上高1725億ウォン(約168億円)、連結営業損失628億ウォン(約61億2000万円)を記録したと発表した。  売上高は前年同期比▲29.1%減...>> 続き
韓国系フードデリバリー、ベトナム市場を対象に教育プログラム実施 (13日)
 韓国最大のフードデリバリーアプリを提供する韓国系スタートアップ企業、ウーワブラザーズ(Woowa Brothers)によるフードデリバリーサービス「配達の民族(Baemin)」は、飲食店の経営者を対象とした、海外進出を...>> 続き
中央銀行、不動産融資の引き締めを指示 (13日)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は金融機関宛てに公文書第3029号/NHNN-TTGSNHを送付し、不動産融資を引き締めるよう指導した。  中央銀行は、この背景として金融機関による不動産向け融資や不動産事業向け社債...>> 続き
クアンガイ省:リーソン島に空港新設を提案 (13日)
 南中部沿岸地方クアンガイ省人民委員会は、ファム・ミン・チン首相に対し、同省のリーソン島に空港を新たに建設するよう提案した。  また、省当局は首相に対し、「2050年までを視野に入れた2030年までの全...>> 続き
ベトトラベル、組織再編でベトトラベル・エアラインズを分離 (12日)
 国内トップブランドの旅行会社ベトトラベル[VTR](Vietravel)は組織再編に向けて、傘下企業ベトトラベル・エアラインズ(Vietravel Airlines)の株式譲渡を計画している。  この背景には、新型コロナ禍の影響...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited