ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

交通運輸省、南北高速道路建設案件で初のPPP方式の契約締結

2021/05/07 15:28 JST配信
2021/05/17 16:33 JST最終更新
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 交通運輸省は6日、ニャチャン~カムラム(Nha Trang~Cam Lam)区間高速道路建設案件の事業者を務めるソンハイグループ(Son Hai Group)との間で、官民パートナーシップ(PPP)方式による契約を締結した。

 同案件は南北高速道路の一部で、PPP方式で実施する3区間のうちの1つ。3区間のうち、最初にPPP方式による契約がまとまった案件となった。

 同区間は全長約50kmで、南中部沿岸地方カインホア省ジエンカイン郡ジエントー村(xa Dien Tho, huyen Dien Khanh)を起点とし、同省カムラン市カムティンタイム村(xa Cam Thinh Tay, TP.Cam Ranh)を終点とする。

 4車線を設置し、設計速度は時速80km。投資総額は5兆5240億VND(約263億円)で、うち2兆9670億VND(約140億円)を国家予算から拠出し、残る約2兆5560億VND(約122億円)を投資主による調達資金で賄う。開通時期は2023年の見通し。

 なお、同じく南北高速道路の一部としてPPP方式で実施するカムラム~ビンハオ(Cam Lam~Vinh Hao)区間とジエンチャウ~バイボット(Dien Chau~Bai Vot)区間も近く契約がまとまる見通しとなっている。

最終更新:2021年5月17日 16:33 JST

[Thanh Nien 12:33 06/05/2021 U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
地場フェニカー、路線バスアプリ「BusMap」を傘下に 150万USD出資 (4:43)
 地場コングロマリット(複合企業)フェニカーグループ(Phenikaa Group)は、路線バス情報の無料アプリ「バスマップ(BusMap)」を開発する地場スタートアップ企業バスマップ社(BusMap)に150万USD(約1億6500万円)を出...>> 続き
ビットコイン取引利益が高い国トップ25、ベトナムが13位 (16日)
 ブロックチェーン分析会社チェイナリシス(Chainalysis)はこのほど、2020年にビットコイン取引により最も利益を上げた国のランキングトップ25を発表した。  ベトナムの取引利益は4億USD(約440億円)で世界13...>> 続き
ホーチミン:旅行会社171社が市場撤退、新型コロナの影響続く (16日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が拡大していることを受け、ホーチミン市の旅行会社の2021年1~5月期の観光収入は前年同期の3割程度に縮小した。  これを背景に、旅行会社171社が営業許可証の取...>> 続き
ホーチミン証取とハノイ証取は海外投資家売り越し、UPCoMは買い越し 年初来データ (16日)
 地元紙のデータによると、年初から6月7日までの約5か月間におけるホーチミン証券取引所(HSX)・ハノイ証券取引所(HNX)・未上場公開株取引市場(UPCoM)での海外投資家による取引は、合わせて約31兆VND(約1480億円)...>> 続き
ベトナム英国自由貿易協定、商工省が原産地規則の通達を発出 (16日)
 商工省はこのほど、5月1日に発効したベトナムと英国の自由貿易協定(UKVFTA)における原産地規則を定める通達第2号/2021/TT-BCTを発出した。同通達は2021年7月26日に発効する。  同通達は5章と42条、8つの付...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited