ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

計画投資省、「ベトナム企業白書」の22年版を発表

2022/11/24 15:51 JST配信
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 計画投資省は、2016年から2020年までの5か年および2021年における全国の企業に関する基本情報をまとめた「2022年版ベトナム企業白書」を発表した。

 2021年12月31日現在、全国には約85万7500社の企業があり、このうちホーチミン市が約26万8400社で全体の3割強を占めた。以下、◇ハノイ市:約17万8500社、◇東南部地方ビンズオン省:約3万7600社、◇同ドンナイ省:約2万5000社、◇南中部沿岸地方ダナン市:約2万4700社、◇北部紅河デルタ地方ハイフォン市:約1万9800社などと続く。

 また、2021年には、全国で約11万6800社が新規設立され、約4万3100社が事業再開、約5万4900社が一時休業、約1万6700社が解散した。

 労働者1000人当たりの企業数は、◇ホーチミン市:61.9社、◇ハノイ市:49.8社、◇ダナン市:45.4社、◇ビンズオン省:23.2社、◇ハイフォン市:22.0社など。

 売上を計上した企業の数が、活動中の企業の数を大きく下回っていることが特に目立った。2020年を見てみると、活動中の企業の数が約81万1500社だったのに対し、同年に売上を計上した企業の数は68万4200社で、全体の約8割に留まった。残る2割弱は、売上がない、いわゆるペーパーカンパニーだ。

 なお、売上を計上した企業のうち、黒字計上は全体の39.7%程度に留まり、損益分岐は同18.8%、赤字計上は同41.5%だった。

Clip to Evernote
[PLO 20:15 22/11/2022 / Tuoi Tre 15:14 23/11/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
政府、国営・政府系企業141社から出資金回収へ 再編計画で (1日)
 レ・ミン・カイ副首相は11月29日、2022~2025年における国営企業・政府出資企業再編計画に関する決定第1479号/QD-TTgを公布した。  決定第1479号によると、2022~2025年の期間に政府が100%出資を維持する...>> 続き
ベトナム・ブロックチェーン協会、韓国NFTコンテンツ協会などと協力覚書を締結 (1日)
 ダウトゥー紙(Bao Dau Tu)は28日、ベトナム・ブロックチェーン協会(VBA)、韓国NFTコンテンツ協会(Korea NFT Content Association=KONCA)、韓国NBN TV(内外経済TV)と共に、「ベトナムと韓国のテクノロジー投資...>> 続き
食品宅配サービスのクッキー、450万USD調達 (1日)
 食品宅配サービスのスタートアップ企業「クッキー(Cooky)」はこのほど、投資ファンド2社から合わせて450万USD(約6億3000万円)の出資を獲得した。  今回の出資者は、韓国の投資ファンドであるネクストランス...>> 続き
アハムーブとビンファスト、国内初の電動バイク配車サービス展開 (1日)
 運送・配送会社アハムーブ(Ahamove)と地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)はこのほど、国内初となる電動バイクによる配車サービス「アハライド(AhaRide)...>> 続き
デンマークの海運大手マースク、ベトナムのEC物流市場を強化 (11/30)
 ベトナムの電子商取引(eコマース=EC)市場規模が急拡大していることを背景に、コンテナ船世界最大手であるデンマークのA.P.モラー・マースク(A.P. Moller - Maersk)は、ベトナムのEC向け物流市場の開拓を強化し...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved