ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

東京国際映画祭、ベトナム映画初のコンペティション作品「輝かしき灰」の監督や俳優らが精力的に交流

2022/10/31 12:00 JST配信
(C) 大塚淳史
(C) 大塚淳史 写真の拡大

(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。)

 現在開催中の「第35回東京国際映画祭」で、ベトナム映画として初めてメインコンペティション作品に選ばれた「輝かしき灰(原題:Tro Tan Ruc Ro、英題:Glorious Ashes)」のブイ・タック・チュエン(Bui Thac Chuyen)監督や出演俳優たちが訪日し、映画祭のレッドカーペット、上映後舞台あいさつやトークイベントに参加して観客や映画関係者らと交流を楽しんでいる。

 「輝かしき灰」は映画祭初日の10月24日夜にワールドプレミアムとして上映された。上映終了後には、チュエン監督や、出演した俳優のレ・コン・ホアン(Le Cong Hoang)、ジュリエット・バオ・ゴック・ドーリン(Juliet Bao Ngoc Doling)、フオン・アイン・ダオ(Phuong Anh Dao)、ゴ・クアン・トゥアン(Ngo Quang Tuan)、そしてチャン・ティ・ビック・ゴック(Tran Thi Bich Ngoc)プロデューサーが登壇した。

(C) 大塚淳史

 チュエン監督は「コロナ禍の制作でよくやったと思います。このコロナが収束していく中で皆様の前で上映できるこの嬉しい気持ち、きっと皆様にもわかってもらえると思います。私たち全てのスタッフにとって良いお祝いになりました」と観客に語った。

 また、チャンプロデューサーは「私たちのベトナム映画が東京国際映画祭のコンペに参加できるチャンスをいただき感謝していますし、嬉しく思います。将来はもっとたくさんのベトナム映画が日本の観客の皆様の目に触れるよう、もっともっと素晴らしい作品を作っていきたいと思っています。今日はその第一歩だと思います」と期待を述べた。

(C) 大塚淳史

(C) 大塚淳史

 「輝かしき灰」はベトナム南部の海沿いの村を舞台に、3人のヒロインとそれぞれの男性との関係を描いた作品で、作家グエン・ゴック・トゥー(Nguyen Ngoc Tu)の小説を映画化した。チュエン監督は「このストーリーとは6年前に出会いました。ラブストーリーで、ベトナム南部のカマウ省に住む女性作家の短編小説が気に入ったんです」と製作のきっかけを明かした。

 レ・コン・ホアンはイベント終了後の取材で「実は私がこの映画を見たのも今回が初めてでした(笑)。この映画は私にとって自分の暮らしだとかを表している特別な映画で、結びつきを表しています。また、東京国際映画祭に参加できたという特別なチャンスに感動しています。今度はぜひ、観客がどういう風にこの作品を見ているのかこの目で感じたいです」と話した。

 同作品は東京国際映画祭で3回上映されたが、いずれも多くの観客で埋まっていた。


”交流ラウンジ”ブイ・タック・チュエン×藤元明緒

 10月25日には、トークイベント「”交流ラウンジ”ブイ・タック・チュエン×藤元明緒」が行われた。藤元明緒監督は、外国人技能実習生として訪日したベトナム人女性の厳しい現実を描いた「海辺の彼女たち」を2021年に公開しており、過去にもミャンマーをテーマにした映画を製作している。

(C) 大塚淳史

 藤元監督が「チュエン監督は前作も今作も、俳優もですが水や海が同じくらい重要な要素として出てくるのが印象的でした。今回衝撃的だったのが、水と人が溶け合っているようなシーンが冒頭などにあって、原風景を見ている感覚になって普遍的な芸術的な表現で感動しました。前作でも使っていましたが、これは意識的な演出なんですか?」と問うと、チュエン監督は「日本もベトナムも長い海岸線を持っていることで共通しています。私にとって水は情と繋がっている。気持ち、情けでもあるし、愛情でもあるし、性欲という意味でもある。水というのは制御することができない。ストーリーを描く上で、水は流れ、人間の本質を表していると考えました」と解説した。2人の監督同士で互いの映画についてや考え方を語り合い、終始なごやかなムードで進みイベントを終えた。出演俳優たちも側の席から2人の会話に聞き入っていた。

 藤元監督はチュエン監督に「チュエン監督の作品は国籍や国境で区切れないものを捉えていると思います。いちファンとしては日本を舞台にした映画も撮って欲しいです」とお願いすれば、チュエン監督は「ベトナムに対して新しい視点を持って、日本でもベトナムでもいいので、もっと作品を作って欲しいです」と話した。

 10月28日も舞台挨拶を行うなど、チュエン監督らは精力的に映画祭で活動していた。

(C) 大塚淳史

次ページ → ジュリエット・バオ・ゴック・ドーリン インタビュー~作品内で存在感を見せた女優は今作品が出演2作目~

前へ   1   2   次へ
[2022年10月28日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
都会の自宅で過ごす念願のテトは「苦い味」 (10:30)

(本記事は、ベトナム現地紙の読者コラムを翻訳・編集したものです。)  皆さんは、テト(旧正月)をどのように過ごされただろうか。私はと言えば、ようやく「寂しいテト」が終わってくれた、と救われるような気...

「江南スタイル」PVで一躍有名人、越韓ハーフの「リトルPSY」は今 (24日)

 2012年にリリースされ、世界中で大ヒットした韓国人ラッパーPSY(サイ)の「江南スタイル(Gangnam Style)」。このPVに出演し、「リトルPSY」として一躍有名人となった当時8歳のファン・ミヌは、韓国人の父親とベ...

道のり200kmにサービスエリアなし、高速道路にかかる「救いの橋」 (24日)

 このテト(旧正月)に、高速道路で南中部沿岸地方ビントゥアン省区間を通った人の中には、その「橋」を使った人も多かったかもしれない。  「高速道路でザウザイ(Dau Giay、東南部地方ドンナイ省)からビント...

アジアのベストビーチ、ベトナムから2か所選出 トリップアドバイザー (24日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「2024 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト ビーチ」を発表した。  これは、2022年10月から2023年9月までの1年間に...

1月のメーカー別新車販売台数リスト、販売台数上位20ブランド (23日)

 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2024年1月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーターおよびビンファスト=VinFast含まず)は前月比▲50%減、前年同月比では+11%増の1...

新型コロナ検査キット汚職事件、3.4億円収賄額トップの元保健相が控訴 (23日)

 ベトナム人民軍の軍医学院と地場ベトアー・テクノロジー・コーポレーション(Viet A Technology Corporation、ホーチミン市)から成るコンソーシアムによる新型コロナウイルス検査キットの研究開発(R&D)、評価、...

ホーチミン:市内最大墓地の墓移転作業開始、まず1836基 (23日)

 ホーチミン市ビンタン区の補償・土地収用委員会のグエン・ミン・ゴック副委員長は21日、市内最大の墓地のビンフンホア墓地にある墓の集中移転の開始手続きを行ったと発表した。24日から第1期分となる1836基の墓...

人気コメディアンの制作会社、映画ヒットで純利益率70%の超高水準 (23日)

 監督作品の興行収入の合計がベトナム人として初めて1兆VND(約61億円)を超えた映画監督としても知られる人気男性コメディアンのチャン・タイン(Tran Thanh)が立ち上げた制作会社「チャン・タイン・タウン (Tran ...

ブンタウ~コンダオ島間の双胴高速船、3月から運航再開 (23日)

 フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は3月2日(土)から、東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市と同省コンダオ島を結ぶ双胴高速船「コンダオ・エクスプレス36(Con Dao Express 36)」の運航を再開す...

ホーチミン市人民委員会庁舎の一般公開、24年は12回実施 (23日)

 ホーチミン市は、2024年の市人民委員会・人民評議会庁舎(1区レタントン=Le Thanh Tong通り86番地)の一般公開計画を発表した。  毎月の最終土曜日・日曜日に合計12回実施する。具体的な日程は以下の通り。 ...

ビンファスト、インドネシア企業3社にEV車600台を供給 (23日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は22日、2月15日から25日にかけてインドネシアの首都ジャ

ビンファスト、インドにEV・バッテリー工場を建設へ (23日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は25日、インドのタミルナドゥ州トゥートゥクディ市で電気自動車(EV)・バッテリー工場の

中央銀行、上半期は政策金利維持 借金返済猶予の延長も (23日)

 ベトナム国家銀行(中央銀行)は、少なくとも2024年1~6月期は現在の政策金利を維持する方針だ。国内経済が安定傾向にあり、明るい兆しも見られることが背景にある。  中央銀行はまた、借金返済期限の猶予や...

ベトナム、今後10年間で資産2.3倍に増加 繁栄スピードは世界一 (23日)

 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)が、世界的なウェルスインテリジェンス会社ニュー・ワールド・ウェルス(New World Wealth)と提携して先般発表したレポートによると、世界的な製造...

パスポート自由度24年版、ベトナムは199か国中92位 (23日)

 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)は、世界199か国・地域のパスポートおよび世界227か国・地域の渡航先を対象としたパスポート自由度ランキング(The Henl

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved