ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2018年のベトナムの生活費指数、1位ホーチミン、2位ハノイ

2019/04/02 06:32 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 統計総局(GSO)がこのほど発表した「空間別生活費指数(Spatial Cost of Living Index=SCOLI)」2018年版によると、全国63省・市で生活費が最も高いのは前年同様ホーチミン市となった。

 これは、各省・市の物価をパーセンテージに換算した生活費指数を比較したもので、各地方の傾向や生活費の変動を反映している。同指数が高いほど生活費が高いことになる。2014年に初めて発表され、今回が5回目。


 2018年の生活費指数トップ3は昨年と変わらず、◇1位:ホーチミン市(101.47%)、◇2位:ハノイ市(100%)、◇3位:南中部沿岸地方ダナン市(97.81%)の順となった。


 生活コストが最も低いのはメコンデルタ地方ハウザン省(90.5%)。続いて、同ドンタップ省(90.67%)、同チャビン省(90.84%)でいずれもメコンデルタ地方の省となっている。

 2018年の生活費指数の順位に前年と大きな変動はなかったが、統計によると、中部および北部山岳地方の生活コストが減少傾向にある。これは、交通が日々発達して便利になっていることで輸送や物流コストが減少していることが要因の一つとなっている。

[vneconomy 29/03/2019 15:51 U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [生活]
20年のテト休暇は7連休、首相がスケジュール承認 (10日)
 グエン・スアン・フック首相は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を承認した。  労働法ではテト休暇を5連休...>> 続き
ハノイ:10日にW杯2次予選マレーシア戦、一部道路で交通規制 (10日)
 ハノイ市警察は、同市のミーディン国立競技場で10日20時(ベトナム時間)から行われるFIFAワールドカップ・カタール2022アジア2次予選のマレーシア代表戦に伴い、同日の一部の時間帯に市内の通りを通行止めとする...>> 続き
9月のベトジョー記事10選:20年テト休暇7連休案、主要政策金利一斉引き下げなど (2日)
 労働傷病兵社会省は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を政府に提出するとのこと。同案が承認されれば、2020年...>> 続き
年間祝日の追加を提案、計13日以上に―ベトナム労働総連盟 (9/19)
 ベトナム労働総連盟は、年間の祝日について現行の10日に少なくとも3日追加し、計13日以上とすることを労働法改正案に盛り込むよう国会に提案する方針だ。  ベトナム労働総連盟は、祝日の追加に関して以下の...>> 続き
訪日外国人向け災害時情報提供アプリ「Safety tips」、ベトナム語に対応―観光庁監修 (9/16)
 日本の観光庁が監修する外国人旅行者向け災害情報提供アプリ「Safety tips」は13日、対応言語をこれまでの4か国語からベトナム語を含む11か国語に拡大した。アプリは無料で利用できる。  気象庁と消防庁が...>> 続き
これより過去の記事は、生活記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)