ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

湯本電機がベトナム進出、KIZUNA3の入居企業第1号に

2018/02/23 14:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) KIZUNA
(C) KIZUNA 写真の拡大

 製造装置・産業用ロボット部品(エンジニアリングプラスチックや金属など)の切削加工を手掛ける湯本電機株式会社(大阪市東成区)のベトナム現地法人である湯本ベトナム(Yumoto Vietnam)は1月23日、メコンデルタ地方ロンアン省のタンキム工業団地内でKIZUNAレンタルサービス工場を運営するKizuna JV株式会社との間で、同工場の第3期プロジェクト(KIZUNA3)入居企業第1号として工場賃貸契約書に調印し、工場の引き渡しを受けた。

 湯本電機は、優秀な人材および供給量の確保のためにベトナム進出を決定した。湯本ベトナムでは、アルミやMCナイロン・POMなどのエンジニアリングプラスチックの加工を主に行う予定。湯本ベトナムは2018年3月に機械を搬入、4月から本格的に操業を開始し、3年後には1億円の売上を目指す。

 Kizuna JVは2012年8月設立で、主に日系中小企業に向けたレンタルサービス工場を提供する100%ベトナム資本の企業。日本人1人を含めた6人の日本語対応スタッフと、日系中小企業が安心且つ快適な環境で事業に集中できる環境を整えている。現在は、ホーチミン市内のレミンソン工業団地内のエコファクトリーをはじめ、ロンアン省のKIZUNA1、KIZUNA2、KIZUNA3レンタルサービス工場の4つのプロジェクトを運営・管理している。

 Kizuna JVは、KIZUNA1、KIZUNA2の成功を受けてKIZUNA2から約1.3km離れたタンキム拡張工業団地でKIZUNA3レンタルサービス工場(総敷地面積4万3460m2、うちレンタル工場面積2万5650m2、全39区画)の整備を進めており、2018年1月から順次引き渡しを開始している。全ての建屋は2018年4月までに完成する予定で、既に湯本ベトナムを含めた日系2社が予約済みとなっている。

[2018年2月22日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
丸紅、ベトナムでインスタントコーヒー製造販売事業を開始 (17:09)
 丸紅株式会社(東京都中央区)は、ベトナムにおいて丸紅100%出資のインスタントコーヒー製造販売事業を開始する。需要の拡大が見込めるASEANと中国を中心に、2022年からの供給開始を目指す。  丸紅は、東南...>> 続き
パソナグループ、ベトナム人材育成で「淡路ダナンセンター」開設 (14:01)
 株式会社パソナグループ(東京都千代田区)は、4月に南中部沿岸地方ダナン市との間で「日系企業の企業進出支援、人材育成・就職支援、観光促進支援」に関する覚書(MOU)を締結した。この取り組みの一環として、同...>> 続き
ホワイトホール、ダナンITパークと覚書―IT企業誘致の日本側窓口に (13:11)
 日本から海外へのビジネス視察ツアーサービスやアジア各国におけるコンサルティング業務を手掛ける株式会社ホワイトホール(東京都港区)は6月3日、南中部沿岸地方ダナン市で開催された「日越交流カンファレンス...>> 続き
イオン、ベトナム産商品の日本向け輸出強化―25年までに輸出額10億USD (18日)
 日本の流通大手イオングループ(AEON)はこのほど、ハノイ市で行われたサプライヤーとの会合で、ベトナム産商品の日本向け輸出額を増やす方針を明らかにした。  イオンによるベトナム産商品の日本向け輸出額...>> 続き
大成ロテック、ベトナム現地法人をハノイに設立 (18日)
 舗装工事を中心とした土木工事を手掛ける大成ロテック株式会社(東京都新宿区)は4月、ベトナム現地法人「大成ロテックベトナム(Taisei Rotec Vietnam Co., Ltd.)」をハノイ市に設立した。  6月12日には、計...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)