ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

東芝三菱電機産業システム、ベトナムの大規模太陽光発電所から製品受注

2018/09/14 13:33 JST配信
Clip to Evernote

 東芝三菱電機産業システム株式会社(TMEIC、東京都中央区)は、日揮株式会社(JGC、神奈川県横浜市)と同社ベトナム法人のJGCベトナム社がタインタインコングループ(Thanh Thanh Cong Group=TTC)傘下のザライ電力(Gia Lai Electricity)より受注し、南中部高原地方ザライ省クロンパー郡で建設中の大規模太陽光発電所向けに、パワーコンディショナ(PCS)、昇圧用変圧器、高圧遮断器などを1つにパッケージングした5.1MWの「SOLARWARESTATION」と、電力会社からの運転条件要求に従って太陽光発電所の出力を制御する「Power Plant Controller(PPC)」を納入する。

 ベトナムでは国を挙げて再生可能エネルギーの利用拡大を推進しており、2030年までに1万2000MWの太陽光発電の導入が計画されている。今回の太陽光発電所は2018年秋の運転開始が予定されており、出力容量は49MWとなる。これは、ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量換算で約4万7000世帯分に相当する。

 今回採用された「SOLARWARE STATION」は、太陽光発電所の心臓部にあたるPCSとその周辺機器を一括収納したワンストップソリューション。TMEICの工場で各機器の組立・配線作業を完了させることによって品質を確保し、完成品としてそのまま輸送、現地据付が可能となることから建設コストの削減も図ることができる。

 また、出力が安定しない再生可能エネルギーに対し、電力会社からは電圧・周波数の制御や出力抑制などを求められることから、太陽光発電所全体の出力制御が必要となる。こうした中、「PPC」は、電力会社からの指令信号に基づき、発電所内の全PCSを最適かつ複数台制御することができる。

[2018年9月12日 東芝三菱電機産業システム株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
JESCO、フオン川流域のODA無償資金協力案件を受注―トゥアティエン・フエ省 (3:02)
 総合エンジニアリング技術を基盤とするJESCOホールディングス株式会社(東京都新宿区)の連結子会社であるJESCOアジア(JESCO Asia、ホーチミン市)は、国際協力機構(JICA)のODA無償資金協力案件「水に関連する災害...>> 続き
長野県知事が訪越、ベトナム政府と人材開発で覚書―首相と懇談も (16日)
 長野県の阿部守一知事は、観光や介護などにおける人材の育成・受け入れ促進を目的として、13日から16日にかけてベトナムを3年ぶりに訪問した。阿部知事は14日にハノイ市でベトナム政府との覚書の締結、ベトナム...>> 続き
ハノイ大学、外国人向けにベトナム語修士課程を新設 (16日)
 ハノイ市にあるハノイ大学は外国人向けにベトナム語修士課程を新設する。ベトナム語の研究及び教育における外国人専門家を育成するのが狙いだ。  同学によると、ベトナムと世界各国・地域の関係構築と発展...>> 続き
国際医療福祉大学、ベトナム保健省と奨学金を創設 (15日)
 国際医療福祉大学(本部:栃木県大田原市)とベトナム保健省は、ベトナム人学生を対象に医療・健康・福祉部門の専門職員を日本で養成し、ベトナムの医療福祉レベルの向上に寄与することを目的として奨学金制度「I...>> 続き
シーアールイー、ハイフォンで物流施設を着工 (13日)
 マスターリースやプロパティマネジメントなどの事業を手掛ける株式会社シーアールイー(東京都港区)のシンガポール子会社であるシーアールイー・アジア(CRE Asia)と、シンガポール政府系企業セムコープ・ディベ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)