ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ヤマト子会社のスワン、ホーチミンにカフェ2店舗オープン―海外初のFC店

2019/01/10 06:00 JST配信
Clip to Evernote

 ヤマトホールディングス株式会社(東京都中央区)の特例子会社で、障がい者の自立と社会参加を支援する株式会社スワン(東京都中央区)は、地場バーサウナム・トレーディング・ロジスティクス(365 Trading Logistics、ホーチミン市)と加盟店契約を締結し、7日に海外初のフランチャイズ(FC)店となる「スワンカフェ&ベーカリー」2店舗をホーチミン市にオープンした。

 「スワンカフェ&ベーカリー グエンチャイ店」はホーチミン市1区グエンチャイ通り5番地(5 Nguyen Trai St, Dist.1)に立地し、店舗面積153m²、座席数73席。「スワンカフェ&ベーカリー レライ店」は同市1区レライ通り6B番地(6B Le Lai St., Dist.1)に立地し、店舗面積71m²、座席数28席となっている。

 ベトナムは急速な経済発展を遂げている一方、貧困層や戦争孤児、障がい者などの社会的弱者が教育や労働、福祉などといった領域で十分なサポートを受けられていないのが現状だ。

 こうした社会的課題に対して365社は、グループ内で経営するベトナム料理レストラン「オットドー・レストラン(Ot Do Restaurant)」で、毎週日曜日に近所の貧しい人々に昼食を提供している。また、障がいのある子供たちへ奨学金を給付するほか、ベトナムの子供の日にプレゼントを贈呈するなど、社会的弱者を含めた全ての人が健康で文化的な生活を送るための支援活動を行ってきた。

 365社は、「スワンカフェ&ベーカリー」で、障がい者や貧困層などこれまで教育や就職の機会がなかった人を雇用する。スワンは、障がい者に雇用の場を提供することで培った「個性に合わせて就労能力を高めるノウハウ」を提供していく。

 なお、スワンは、障がい者に雇用の場を提供するため、1998年6月に第1号店としてスワンベーカリー銀座店をオープンし、現在は直営4店、加盟店23店を日本国内で展開している。

[2018年12月27日 株式会社スワンニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
農林中央金庫、ベトナム投資開発銀行と包括的業務提携で覚書 (13:17)
 農林中央金庫(東京都千代田区)は、ベトナム投資開発銀行[BID](BIDV)およびフィリピンのBDOユニバンクと、主に東南アジアでの金融業務にかかる相互補完と機能強化を目的とした業務提携の覚書(MOU)を締結した。 ...>> 続き
三谷産業ベトナム⼦会社、粉わさびのハラル認証とHACCP認証を取得 (12:30)
 三⾕産業株式会社(⽯川県⾦沢市)のベトナム子会社で健康⾷品・サプリメント向け原料の製造を担うオレオ・ファインケミカル・プロダクツ(Aureole Fine Chemical Products=AFCP、東南部...>> 続き
ナガオカ、ハノイの浄水場内水処理設備更新工事を受注 (2:39)
 エネルギー関連事業及び水関連事業を手掛ける株式会社ナガオカ(大阪府貝塚市)は18日、地場最大手のステンレス製貯水タンク・配管メーカーであるソンハ・インターナショナルステンレス[SHI](Son Ha Internationa...>> 続き
東北電力、第2ギーソン火力発電所事業に出資参画 (25日)
 東北電力株式会社(宮城県仙台市)は、丸紅株式会社(東京都中央区)と韓国電力公社(KEPCO)が北中部地方タインホア省で進めている第2ギーソン石炭火力発電事業(Nghi Son 2 Power、合計出力120万kW)に出資参画する。...>> 続き
日本政府、教育・医療など6案件に48.3万USD無償援助 (25日)
 在ホーチミン日本国総領事館で20日、日本政府による対ベトナム草の根・人間の安全保障無償資金協力の一環としてベトナムの教育・医療関連案件6件に対する総額48万3271USD(約5360万円)の贈与契約署名式が行われ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)