ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ヤマト子会社のスワン、ホーチミンにカフェ2店舗オープン―海外初のFC店

2019/01/10 06:00 JST配信
Clip to Evernote

 ヤマトホールディングス株式会社(東京都中央区)の特例子会社で、障がい者の自立と社会参加を支援する株式会社スワン(東京都中央区)は、地場バーサウナム・トレーディング・ロジスティクス(365 Trading Logistics、ホーチミン市)と加盟店契約を締結し、7日に海外初のフランチャイズ(FC)店となる「スワンカフェ&ベーカリー」2店舗をホーチミン市にオープンした。

 「スワンカフェ&ベーカリー グエンチャイ店」はホーチミン市1区グエンチャイ通り5番地(5 Nguyen Trai St, Dist.1)に立地し、店舗面積153m²、座席数73席。「スワンカフェ&ベーカリー レライ店」は同市1区レライ通り6B番地(6B Le Lai St., Dist.1)に立地し、店舗面積71m²、座席数28席となっている。

 ベトナムは急速な経済発展を遂げている一方、貧困層や戦争孤児、障がい者などの社会的弱者が教育や労働、福祉などといった領域で十分なサポートを受けられていないのが現状だ。

 こうした社会的課題に対して365社は、グループ内で経営するベトナム料理レストラン「オットドー・レストラン(Ot Do Restaurant)」で、毎週日曜日に近所の貧しい人々に昼食を提供している。また、障がいのある子供たちへ奨学金を給付するほか、ベトナムの子供の日にプレゼントを贈呈するなど、社会的弱者を含めた全ての人が健康で文化的な生活を送るための支援活動を行ってきた。

 365社は、「スワンカフェ&ベーカリー」で、障がい者や貧困層などこれまで教育や就職の機会がなかった人を雇用する。スワンは、障がい者に雇用の場を提供することで培った「個性に合わせて就労能力を高めるノウハウ」を提供していく。

 なお、スワンは、障がい者に雇用の場を提供するため、1998年6月に第1号店としてスワンベーカリー銀座店をオープンし、現在は直営4店、加盟店23店を日本国内で展開している。

[2018年12月27日 株式会社スワンニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
熊本の造船所で働くベトナム人実習生47人が新型コロナ感染 (7日)
 在福岡ベトナム総領事館は5日、熊本県玉名郡長洲町有明にある造船所で働くベトナム人実習生47人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと明らかにした。  この造船所では245人のベトナム人実習生が...>> 続き
ジャックス、ベトナム子会社の増資引き受け (7日)
 クレジット事業やカード事業などを手掛ける株式会社ジャックス(東京都渋谷区)は、ベトナムにおける連結子会社であるジャックス・インターナショナル・ベトナム・ファイナンス(JACCS International Vietnam Fina...>> 続き
HISベトナムと菅沼グループ、宿泊分野の特定技能・技能実習人材支援で連携 (7日)
 ベトナムで旅行事業を手掛けるHISベトナム(H.I.S. Song Han Tourist)は、菅沼グループベトナム(ハノイ市)との間で、宿泊分野における特定技能・技能実習人材の日本への入国を支援する新たなプロジェクトを立ち...>> 続き
化粧品販売のプルソワン、ベトナムに新法人を設立 (6日)
 創業38年の化粧品メーカーで、化粧品・健康食品の製造販売および海外輸出やOEM企画、日本国内外の美顔メディカルサロンフランチャイズ展開などを手掛ける株式会社プルソワン(大阪市北区)海外営業部は、新たなベ...>> 続き
ANA、日本~ベトナム路線の9月末までのスケジュール 引き続き運休・減便 (6日)
 全日本空輸株式会社(ANA、東京都港区)は4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う国際線路線・便数計画の一部変更に関して、日本~ベトナム路線の運休・減便について9月30日までのスケジュールを更...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited