ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

モスフードサービス、ダナン観光短大と提携―外食向け特定技能ビザ取得支援教育を開始

2019/10/16 05:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) モスフードサービス
(C) モスフードサービス 写真の拡大

 ハンバーガー専門店「モスバーガー」を展開する株式会社モスフードサービス(東京都品川区)は10月より、ベトナム国立ダナン観光短期大学(南中部沿岸地方ダナン市)と提携し、外食向けの特定技能ビザ取得を支援する教育を開始する。

 この教育では、モスバーガー店舗での業務を早期に習得するための独自のカリキュラム 「MFC(モスフードビジネスカレッジ)」を大学と共同で開発し、プログラム参加を希望する学生に提供する。このプログラムを受講し、在留資格「特定技能」を取得したベトナム人学生を、日本国内のモスバーガー店舗などで採用する計画だ。

 同社が「ベトナム・カゾク(Viet Nam Kazoku)」と名付けた取り組みでは、希望する学生がダナン観光短期大学で日本語、外食産業、MFCを学習し、ベトナムで外食向けの特定技能試験を受験する。合格すれば、現地送り出し機関を通じて日本国内のモスバーガーならびにグループ店舗でフルタイムの正規雇用者として就業し、最長5年の就業を経てベトナムに帰国。帰国後もモスの仲間としてアジアで展開するモスバーガーでの就業を目指す。

 採用計画については、まず2019年に50人がダナン観光短期大学での教育を受ける。2020年には同校で教育を受け、在留資格「特定技能」を取得する学生を100人とし、2020年夏ごろの訪日を想定して50人が「モスバーガー」やグループ店舗で就業する。2023年には累計350人を採用する計画だ。

 現地教育機関と独自のプログラムを開発し、特定技能ビザ取得者を外食チェーンで採用する取り組みを行うのはモスフードサービスが初めてとなる。このプログラム受講希望者が増加した場合、同社グループ店舗だけでなく、他の外食チェーンへの就業者の紹介も見据えている。

[2019年10月15日 株式会社モスフードサービスニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [日系]
イオンのベトナム7号店、ハノイのホアンマイ区に出店 (6:35)
 イオンモール株式会社(千葉県千葉市)は、ハノイ市ホアンマイ区にイオンモールのベトナム7号店、ハノイ3号店となる「イオンモール・ホアンマイ(AEON MALL Hoang Mai)」を出店する。2022年度下期の開業を目指す。...>> 続き
TOKAI、中部ペトロ生産投資に出資 LPガス事業でベトナム市場参入 (7日)
 エネルギー事業などを手掛ける株式会社TOKAI(静岡県静岡市)は、ベトナム中部地方の液化石油ガス(LPガス)販売事業者である中部ペトロ生産投資[PMG](Petro Center)の子会社、中部ガス(Mien Trung Gas=MTG)および...>> 続き
「ホテル・ニッコー・ハイフォン」、8月1日開業 予約受付開始 (7日)
 北部紅河デルタ地方ハイフォン市レチャン区ビンニエム街区(phuong Vinh Niem, quan Le Chan, TP. Hai Phong)で8月1日、「ホテル・ニッコー・ハイフォン」が開業する。開業日の決定に伴い、6日より宿泊予約の受...>> 続き
海上自衛隊、エンジン不具合の哨戒機P-3C受け入れでベトナムに感謝 (7日)
 6月29日、ホーチミン市タンソンニャット国際空港から防衛省海上自衛隊哨戒機P-3Cが日本に向けて飛び立った。この機体は、ソマリア沖・アデン湾で海賊対処の任務を終えて帰国途中にエンジン不具合が発生し、4月2...>> 続き
JCB、バンベト銀行とセブンイレブンベトナムと提携 JCBカード発行 (7日)
 日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービー(東京都港区)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(東京都港区)は、ホーチミン市に本拠を置くバンベトバ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)