ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

モスフードサービス、ダナン観光短大と提携―外食向け特定技能ビザ取得支援教育を開始

2019/10/16 05:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) モスフードサービス
(C) モスフードサービス 写真の拡大

 ハンバーガー専門店「モスバーガー」を展開する株式会社モスフードサービス(東京都品川区)は10月より、ベトナム国立ダナン観光短期大学(南中部沿岸地方ダナン市)と提携し、外食向けの特定技能ビザ取得を支援する教育を開始する。

 この教育では、モスバーガー店舗での業務を早期に習得するための独自のカリキュラム 「MFC(モスフードビジネスカレッジ)」を大学と共同で開発し、プログラム参加を希望する学生に提供する。このプログラムを受講し、在留資格「特定技能」を取得したベトナム人学生を、日本国内のモスバーガー店舗などで採用する計画だ。

 同社が「ベトナム・カゾク(Viet Nam Kazoku)」と名付けた取り組みでは、希望する学生がダナン観光短期大学で日本語、外食産業、MFCを学習し、ベトナムで外食向けの特定技能試験を受験する。合格すれば、現地送り出し機関を通じて日本国内のモスバーガーならびにグループ店舗でフルタイムの正規雇用者として就業し、最長5年の就業を経てベトナムに帰国。帰国後もモスの仲間としてアジアで展開するモスバーガーでの就業を目指す。

 採用計画については、まず2019年に50人がダナン観光短期大学での教育を受ける。2020年には同校で教育を受け、在留資格「特定技能」を取得する学生を100人とし、2020年夏ごろの訪日を想定して50人が「モスバーガー」やグループ店舗で就業する。2023年には累計350人を採用する計画だ。

 現地教育機関と独自のプログラムを開発し、特定技能ビザ取得者を外食チェーンで採用する取り組みを行うのはモスフードサービスが初めてとなる。このプログラム受講希望者が増加した場合、同社グループ店舗だけでなく、他の外食チェーンへの就業者の紹介も見据えている。

[2019年10月15日 株式会社モスフードサービスニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [日系]
旭化成アドバンス、フンイエン省にエアバッグ縫製加工の新会社を設立 (15日)
 マテリアル・住宅・ヘルスケアの3事業を手掛ける旭化成アドバンス株式会社(東京都港区)は、同社100%出資の新会社「旭化成アドバンスベトナム」を北部紅河デルタ地方フンイエン省に設立し、エアバッグ縫製加工...>> 続き
日機装、ベトナムに血液回路製造販売の子会社を設立 (15日)
 日機装株式会社(東京都渋谷区)は、透析用消耗品(血液回路)の製造および販売を手掛ける子会社(孫会社)をベトナムに設立し、工場を建設する。設立は2020年の予定。  名称は未定、所在地は南中部沿岸地方クア...>> 続き
アイカ工業、ベトナム化粧板販売会社グループ8社の事業譲受け (15日)
 化成品や建装、建材、機能材料の製造販売を手掛けるアイカ工業株式会社(愛知県名古屋市)は、CP XNK Compact HPLを統括会社とするCHIグループ8社の事業を譲り受けるため、100%子会社のアイカ・アジア・ラミネー...>> 続き
ベトナム戦争描く長編漫画「ディエンビエンフー 完全版」全12巻電子刊行 (15日)
 漫画家の西島大介によるベトナム戦争を描いた長編漫画「ディエンビエンフー 完全版」全12巻が、15日からKindleほか約50の電子マンガストアに一斉配信される。発行は「島島」、電子書籍販売代行は「電書バト>> 続き
オプティムとVNPT、AIサービス・スマート農業で業務提携 (14日)
 AI(人工知能)・IoT (モノのインターネット)・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(東京都港区)は、ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Gro...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)