ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

モスバーガー、地場企業と提携で23年までに10店舗出店

2019/11/08 06:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) モスフードサービス
(C) モスフードサービス 写真の拡大

 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(東京都品川区)はこのほど、ベトナムで食品製造などを手掛けるV Lotus Investment(ブイロータスインベストメント、ホーチミン市)とパートナーシップ契約を締結した。同社と合弁会社を設立し、ASEAN域内でも著しい経済成長を遂げているベトナムへの出店を開始する。ベトナムへの海外展開は、10番目の国・地域への出店となる。

 V Lotus Investmentは、Lotus Food Groupのレストラン事業を統括するグループ会社で、日本食品の食品加工製造や、流通、卸売・小売などの幅広い事業をベトナム国内で展開中。また、フランチャイジーとして日系ブランドの外食チェーンもベトナム国内で展開しており、レストラン事業も行っている。外食インフラ(教育、生産、物流)を自社で既に保有していることから、日本人の食へのこだわりも理解している。

 V Lotus Investmentは、レストラン経営に関する豊富な知識とリソース及びノウハウを有しており、ベトナムにおける信頼できる適切なパートナーとなりうると考え、今回のパートナー契約締結を決定。まずは2020年度内に1号店を出店し、2023年度までに10店舗を出店する予定。

 なお、モスフードサービスでは、在留資格「特定技能」を活用したベトナム人材の育成・採用プログラム「Viet Nam kazoku=ベトナムカゾク」を今年10月より開始。5年後に特定技能ビザが終了してベトナムに帰国した後も、アジアで展開するモスバーガーでの就業を視野に入れている。

<概要>
ベトナムにおける事業主体:MOS BURGER VIETNAM LLC
株主構成:株式会社モスフードサービス 26%
     V Lotus Investment Company Limited 74%

[2019/11/08 株式会社モスフードサービス プレスリリース U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
百十四銀行、取引先のベトナム現地法人向け直接融資を実行―同行初 (22日)
 株式会社百十四銀行(香川県高松市)はこのほど、大阪支店取引先で釣り具用品製造を手掛けるメジャークラフト株式会社(大阪府大阪市)のベトナム現地法人「メジャークラフトベトナム」(東南部地方ドンナイ省)に対...>> 続き
ベトナムと神奈川県、人材育成分野の協力促進で覚書 (22日)
 ベトナム労働傷病兵社会省と神奈川県はハノイ市で19日、「人材育成分野の協力促進に関する覚書(MOU)」を締結した。  覚書によると、双方は今後、介護・看護をはじめとした相互に有益な分野における技術者・...>> 続き
SBI、地場最大手マーケットプレイス「センドー」に追加出資 (21日)
 SBIホールディングス株式会社(東京都港区)は、ベトナムのC2C(Consumer to Consumer=消費者間取引)オンラインマーケットプレイス最大手のセンドー・テクノロジー(Sen Do Technology、ホーチミン市)が発表した第...>> 続き
ライフデザイン・カバヤ、ベトナム現地法人を設立―ベトナム人大工を育成 (20日)
 戸建て住宅販売やリフォーム事業、不動産事業などを手掛けるライフデザイン・カバヤ株式会社(岡山県岡山市)は、ベトナムをはじめとする東南アジア、台湾、沖縄などへの木造建築の普及の足掛かりとすべく、ベト...>> 続き
ANA、羽田~ハノイ線を運休へ―ベトナム路線再編でホーチミン線に切り替え (20日)
 全日本空輸株式会社(ANA、東京都港区)は、2020年3月29日よりベトナム路線を再編する。  これにより、ANAの機材および乗務員で運航する便について、現行7往復/週の羽田~ハノイ線を同日より運休する。  ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)