ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

シーアールイーのベトナム物流施設開発事業に阪急阪神不動産が参画

2020/07/03 12:59 JST配信
Clip to Evernote
(C) シーアールイー
(C) シーアールイー 写真の拡大

 マスターリースやプロパティマネジメントなどの事業を手掛ける株式会社シーアールイー(東京都港区)の連結子会社シーアールイー・アジア(CRE Asia)とシンガポール政府系企業セムコープ・ディベロップメント(Sembcorp Development)が共同出資するセムコープ・インフラ・サービシズ(Sembcorp Infra Services=SIS SG)は、傘下のセムコープ・インフラ・サービシズ・ハイフォン(Sembcorp Infra Services Hai Phong)を通じて北部紅河デルタ地方ハイフォン市のベトナム・シンガポール工業団地ハイフォン(VSIP Hai Phong)・複合都市内で物流施設の開発計画を進めているが、このたび同事業に阪急阪神不動産株式会社(大阪市北区)を迎え入れ、共同で事業を推進することになった。

 阪急阪神不動産は、これまでにASEANにおいてインドネシアとシンガポールで物流不動産の開発運営の経験を有する。

 一方、シーアールイーは2020年4月末現在、物流不動産を中心に約1600物件、約520万m2の不動産の管理運営を行っており、物流不動産に特化した管理会社としては日本国内最大規模を誇る。サービス領域では、物流不動産開発・テナントリーシングから竣工後のアセットマネジメント、プロパティマネジメントまでのトータルサービスをワンストップで提供している。

 両社が有するノウハウと経験を活用することで、より質の高い物流施設を提供し、事業のさらなる拡大と成長を図る。

 シーアールイーは今後、工業団地開発分野で20年以上の経験を持つセムコープ、またASEANで物流不動産の開発ノウハウを持つ阪急阪神不動産と協働し、ベトナムにおける物流施設の開発・賃貸事業をさらに拡大し、日系企業のベトナム進出をサポートしていく。

[2020年7月2日 株式会社シーアールイーニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
HISベトナムと菅沼グループ、宿泊分野の特定技能・技能実習人材支援で連携 (2:40)
 ベトナムで旅行事業を手掛けるHISベトナム(H.I.S. Song Han Tourist)は、菅沼グループベトナム(ハノイ市)との間で、宿泊分野における特定技能・技能実習人材の日本への入国を支援する新たなプロジェクトを立ち...>> 続き
化粧品販売のプルソワン、ベトナムに新法人を設立 (6日)
 創業38年の化粧品メーカーで、化粧品・健康食品の製造販売および海外輸出やOEM企画、日本国内外の美顔メディカルサロンフランチャイズ展開などを手掛ける株式会社プルソワン(大阪市北区)海外営業部は、新たなベ...>> 続き
ANA、日本~ベトナム路線の9月末までのスケジュール 引き続き運休・減便 (6日)
 全日本空輸株式会社(ANA、東京都港区)は4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う国際線路線・便数計画の一部変更に関して、日本~ベトナム路線の運休・減便について9月30日までのスケジュールを更...>> 続き
インターナショナルエクスプレス、ハノイ営業所を開設 (5日)
 国際輸送・国内輸送・倉庫業務などを手掛けるインターナショナルエクスプレス株式会社(東京都港区)のベトナム現地法人であるIECエクスプレス・ベトナム(IEC Express (Vietnam))は、ベトナムで2番目の拠点となる...>> 続き
フォーデジット、ホーチミンに子会社を設立 (5日)
 デザイン&テックカンパニーの株式会社フォーデジット(東京都港区)は、ベトナム子会社「フォーデジット・ベトナム(FOURDIGIT VIETNAM)」をホーチミン市2区に設立した。  フォーデジットにとって、2019年10...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited