ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:大都市の真ん中で昆虫を売る青空市場

2013/12/06 11:34 JST配信
Clip to Evernote
(C)Dan Viet
(C)Dan Viet 写真の拡大

 ホーチミン市には各種の昆虫を売る小さな青空市場がある。約15年前に始まった当初は数人が朝だけ売っていたが、客が増えるに連れて店も増え昼間も売るようになった。4日付ザンベトが報じた。

 場所は5区ホンバン通りのショッピングセンター「トゥアンキエウプラザ」近くの歩道で、面積はせいぜい30平方メートルほど。この市場の“特産品”は、バッタ、コオロギ、イナゴなどで、常連客は「バッタ市場」、「昆虫市場」などと呼んでいる。

 毎朝5時には10人ほどの店主が、それぞれ昆虫の詰まった容器や箱などを歩道に広げて店を出す。その1人のチョンさんによると、コオロギは1袋5000ドン(約24円)、イナゴは2000ドン(約10円)が相場で、大きな儲けにはならないが暮らしていくには十分だという。

 バッタやイナゴを自分で捕って売っているディエンさんは、以前は郊外のホックモン郡やビンチャイン郡でいくらでも捕れたが、今ではメコンデルタ地方ロンアン省まで出かけないと十分集められないと話す。自分では捕りに行かず、昆虫を買い集めてここで売る人も多い。50万ドン(約2440円)で仕入れると、1日当たり20万ドン(約976円)前後の利益が出るという。

[Dan Viet,04/12/2013 07:58,O].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ドンタップ省:ビンホアン水産が国産ワクチン「ナノコバックス」購入へ (15:04)
 南部メコンデルタ地方ドンタップ省人民委員会はこのほど、チャ魚(パンガシウスの一種)の加工輸出大手ビンホアン水産[VHC](Vinh Hoan)が代表機関として、地場ナノゲン社(Nanogen、ホーチミン市)から新型コロナウ...>> 続き
新型コロナウイルス感染症対策、首相と政府に特別権限付与 (14:32)
 国会は28日、第15期(2021~2026年)第1回国会の閉幕に当たって第1回国会決議を採択した。国会は政府と首相に対し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の緊急対策に関する決定権限を付与した。  国会は感染...>> 続き
新型コロナ:20省・市で市中感染4987人、累計感染者13万人超える(30日午前発表) (13:49)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する30日午前の発表によると、20省・市で市中感染者4987人が新たに確認された。海外からの入国者5人も陽性となった。  新規の市中感染者の内訳は、◇ホーチ...>> 続き
英アストラゼネカ製ワクチン66万回分が到着、保健省購入分の第6弾 (5:14)
 保健省がベトナムワクチン株式会社(VNVC)を通じて英国の製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)から購入した新型コロナウイルスワクチン合計3000万回分のうち第6弾となる65万9900回分が29日、ホーチミン市タンソ...>> 続き
ホーチミン:午後18時以降のワクチン接種での外出許可を要請 (4:25)
 ホーチミン市は現在、新型コロナワクチン接種計画の第5フェーズを展開しており、計93万回分のワクチンを投入する予定。同市は進捗加速のため、プロセスの簡略化と午後18時以降のワクチン接種での外出許可を保健...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited