ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

35歳の男性、戸籍の性別ミスで婚姻届が受理されず

2018/03/21 06:11 JST配信
(C) Hai Hai
(C) Hai Hai 写真の拡大

 メコンデルタ地方カマウ省カイヌオック郡に住む男性、ラム・ティ・ミー・チャウ(Lam Thi My Chau)さんは、ミドルネームが一般的に女性に使われる「ティ・ミー」であるが故に、生まれてから35年間にわたり戸籍をはじめとする身分証明書の性別が全て女性と誤植され、訂正することができず困難に直面している。

 チャウさんの家族は子沢山なうえ、その日の食事を心配しなければならない困窮した暮らしで両親は働きづめだった。父親がチャウさんの出生届を提出したが、慌ただしさから書類上の性別まで気が回らなかったのか、役所の職員とのやりとりで行き違いがあったのか詳細な原因は定かでない。

 2001年にチャウさんが警察へID登録をしに行った時には、チャウさんの容姿が男性であるにもかかわらず書類上の性別が女性となっているために受け付けてもらえなかった。仕方なくチャウさんは地元の役所で特別に証明書を発行してもらい、なんとか書類を受理してもらったが、氏名はそのままとなった。

 その後、進学や就職など身分証明書が必要な場面に合わなかったこともあり、チャウさんは自身の書類上の性別で不便を感じることはなかった。ところが、いざ結婚することになり婚姻届けを出そうとした時に問題が生じた。

 そこで、3月初旬に同郡の書類受付窓口に行き、書類の性別を女性から男性へ、ミドルネームを「ティ・ミー」から一般的に男性に良く使われる「バン(Van)」へ修正してもらうよう要請した。

 すると、ホーチミン市の関連機関へ行って性別を証明する書類を貰ってから出直すよう指示されたが、家計が苦しいチャウさんはホーチミン市へ行くお金を工面することができないでいる。同郡人民委員会によると、人民委員会には性別の訂正手続や戸籍の補足などはできるが、性別の証明はできいないという。
 
 同省人民委員会は関連当局に対して、実態解明と法規に基づいてチャウさんのケースに適正に対応するよう指導した。

Clip to Evernote
[Phuc Hung, VnExpress, 15/3/2018 00:00 GMT+7, T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:28日の市中感染4583人、他にホーチミンの3417人が抗原検査陽性 (28日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する28日の発表によると、34省・市で市中感染者4583人が新たに確認された。海外からの入国者6人も陽性となった。  また、ホーチミン市の感染リスクが「高い...>> 続き
気候変動による水没リスクが高いアジア10都市、ベトナムから2都市がリスト入り (28日)
 米国ニュース専門放送局CNBCはこのほど、2070年までの気候変動による水没・洪水リスクが最も大きいアジア10都市のリストを発表した。この中には、ベトナムの商都ホーチミン市と北部紅河デルタ地方ハイフォン市...>> 続き
ハノイ:28日から屋外スポーツ活動やショッピングセンターの営業を再開 (28日)
 ハノイ市人民委員会は27日午後、直近4日間で市中感染が確認されなかったことを受け、社会的隔離措置の更なる緩和を決定した。同日付で公布された公文書によると、28日以降、屋外でのスポーツ活動やショッピング...>> 続き
ホーチミン:10月1日から社会的隔離措置を大幅緩和、再開可能な事業・活動計画案 (28日)
 ホーチミン市人民委員会のレ・ホア・ビン副主席は、ニューノーマル(新常態)に向けた社会的隔離措置の緩和に関する計画案を発表し、同市直轄トゥードゥック市と各区・郡の自治体の意見聴取を行っている。10月1日...>> 続き
英アストラゼネカ製ワクチン130万回分、保健省に引き渡し (28日)
 保健省がベトナムワクチン株式会社(VNVC)を通じて英国の製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)から購入した新型コロナウイルスワクチン合計3000万回分のうち131万7500回分が、24日にホーチミン市タンソンニャッ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited