ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムのソフトウェアの74%が違法コピー、改善も依然多く

2018/06/15 16:12 JST配信
Clip to Evernote

 米国の非営利団体ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA)の調査によると、ベトナムにおける2017年のコンピュータソフトウェアの著作権侵害(違法コピー)率は74%で、前回調査に比べて4ポイント改善したものの、依然として高いままだという。

 ベトナムのソフトウェアの違法コピー率は、2009年が85%、2011年と2013年が81%、2015年と2016年が78%だった。また、2017年の海賊版ソフトの損害額は4億9200万USD(約540億円)だった。

 BSAによると、世界の違法コピー率は前回調査に比べて2ポイント改善し、37%となった。アジア太平洋地域で違法コピー率がベトナムを上回ったのは、◇インドネシア:83%、◇パキスタン:83%、◇スリランカ:77%。

 一方、違法コピー率が低いのは、◇日本:16%、◇ニュージーランド:16%、◇シンガポール:27%、◇韓国:32%、◇台湾:34%、◇香港:38%などとなっている。

[Duc Nam, News.zing, 14:47 (GMT+7) 13/06/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
外国人の住宅所有状況、建設省が地方当局に報告を指示 (18日)
 建設省は各省・市当局に対して、各省・市における海外組織・外国人・在外ベトナム人(越僑)の住宅所有の状況を把握して報告するよう指示した。  これにより、各省・市は、改正住宅法2014年版の施行日(2015年...>> 続き
愛玩用ミニブタの売買が活発化、アフリカ豚コレラ蔓延でも (18日)
 今年の2月下旬以降、各地でアフリカ豚コレラ(ASF)が確認され豚の殺処分が行われている一方で、この2か月ほど中国から輸入された愛玩用のミニブタの売買が活発化している。  ホーチミン市5区の女性は、友人...>> 続き
AIによるがん診断支援に大きな期待、国内3病院で試行 (18日)
 ホーチミン市がん腫瘍病院は14日、ビッグデータを活用した人工知能(AI)によるがん診断支援システムの試行を完了し、その結果を発表した。  それによると、乳がん患者103人と大腸がん患者126人の診療におい...>> 続き
ベトナム系のドイツ元副首相レスラー氏、スタートアップ支援で祖国ベトナムに (18日)
 大手ファンド運用会社ビナキャピタル(VinaCapital)からの招へいを受けて、ベトナム系のドイツ元副首相フィリップ・レスラー氏(46歳)はベトナムに帰国し、スタートアップ企業を支援するファンド「ビナキャピタル...>> 続き
ヌクマム基準草案問題、保健省の関与も浮上 (18日)
 地場系大手食品メーカーでヌクマムの大量生産を手掛けるマサングループ[MSN](Masan Group)がヌクマム(Nuoc mam=魚醤)のベトナム基準草案の内容を操作した疑いに関連して、保健省もこれに関与していたことが関...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)