ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ヌクマム基準草案、反発多く適用先送り―伝統製法の業者に不利

2019/03/13 05:53 JST配信
Clip to Evernote

 農業農村開発省農産市場開発加工局が策定した、ヌクマム(Nuoc mam=魚醤)に関するベトナム基準(TCVN 12607:2019)の草案が、伝統製法でヌクマムを製造する業者から猛反発を受けている。

 猛反発を受けて、同草案の審査を担当する科学技術省は12日の記者会見で、同基準の適用を先送りすることを明らかにした。農業農村開発省は今後、科学技術省と協力して業界関係者の意見を仰ぎながら草案を見直していく。

 例として、草案には動物用医薬品や農薬の残留検査に関する基準が盛り込まれているが、これは不要かつ業者にとってコスト増にもつながると見られている。

 「ハインフック(Hanh Phuc)」ブランドを展開するハインフック食品加工のグエン・クオック・フン副社長は、「伝統製法で製造するヌクマムは海に生息する魚(カタクチイワシ)を長期間かけて発酵させたもの。養殖に動物用医薬品や農薬などを必要とする淡水魚ではないため、動物用医薬品や農薬の残留検査を求めるのは不適切」とコメントした。

 また、伝統製法で製造するヌクマムと、大量生産のヌクマムを区別する必要もあると指摘されている。しかしこれは、伝統製法による業者を不利にし、大量生産のメーカーが有利になるとして強く非難する意見もあがっている。

 南中部沿岸地方ビントゥアン省ファンティエット市を本拠地とし、伝統製法によってヌクマムを製造している某業者の責任者は、「ヒスタミン含有量に関する基準にも問題がある。伝統製法で製造するヌクマムはいずれもタンパク質含有量が多く、ヒスタミン含有量も大量生産のヌクマムと比べて多い。ヒスタミンの多量摂取によりアレルギーを起こす可能性はあるが、1人当たりの毎日のヌクマム摂取量は非常に少ないため、アレルギーを起こすことは考えにくい」と述べた。

[Vnexpress 01:40 11/3/2019, 10:19 12/3/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ラムドン食品、ベトナム初の欧州規格ワインセラーをオープン (15:02)
 「ダラットワイン」を製造販売するラムドン食品[VDL]はこのほど、南中部沿岸地方ラムドン省ダラット市チャムハイン村ファットチー村落(thon Phat Chi, xa Tram Hanh)の自社ワイナリー「ラドラ・ワイナリー(Lado...>> 続き
ハノイ:連日の濃いスモッグ、気象の逆転現象でPM2.5濃度上昇 (14:36)
 ハノイ市はここ数日、朝を中心に目視できるほど濃いスモッグに覆われている。15日朝8時には市内40か所の観測地で大気汚染の程度を示す指標である大気質指数(AQI)が150~170を記録した。指数が51~200の場合は「...>> 続き
ホーチミン:またシクロ運転手による外国人を狙ったぼったくり事件が発生 (13:14)
 ホーチミン市で、シクロ運転手による外国人観光客を狙ったぼったくり事件がまた発生した。今回被害を受けたのは、フィリピン国籍の観光客の女性2人だった。  16日午後に被害に遭った女性2人は翌17日午前、3...>> 続き
クアンニン省:生きたトラ1頭を保護、希少野生動物密売ルート摘発 (3:27)
 東北部地方クアンニン省警察は18日、希少野生動物密売ルートを摘発し、希少野生動物密輸及び密売の疑いで容疑者3人を逮捕したことを明らかにした。容疑者らはトラを加工した製品を取り扱っていたとみられる。 ...>> 続き
ハノイ:電球工場火災、原因は漏電―公安省の鑑定結果 (3:19)
 ハノイ市タインスアン区タインスアンチュン街区(phuong Thanh Xuan Trung)にあるランドン電球・魔法瓶[RAL](Rang Dong Light Source And Vacuum Flask=RALACO)の工場で8月28日に発生した大規模火災について、...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)