ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ヌクマム基準草案、反発多く適用先送り―伝統製法の業者に不利

2019/03/13 05:53 JST配信
Clip to Evernote

 農業農村開発省農産市場開発加工局が策定した、ヌクマム(Nuoc mam=魚醤)に関するベトナム基準(TCVN 12607:2019)の草案が、伝統製法でヌクマムを製造する業者から猛反発を受けている。

 猛反発を受けて、同草案の審査を担当する科学技術省は12日の記者会見で、同基準の適用を先送りすることを明らかにした。農業農村開発省は今後、科学技術省と協力して業界関係者の意見を仰ぎながら草案を見直していく。

 例として、草案には動物用医薬品や農薬の残留検査に関する基準が盛り込まれているが、これは不要かつ業者にとってコスト増にもつながると見られている。

 「ハインフック(Hanh Phuc)」ブランドを展開するハインフック食品加工のグエン・クオック・フン副社長は、「伝統製法で製造するヌクマムは海に生息する魚(カタクチイワシ)を長期間かけて発酵させたもの。養殖に動物用医薬品や農薬などを必要とする淡水魚ではないため、動物用医薬品や農薬の残留検査を求めるのは不適切」とコメントした。

 また、伝統製法で製造するヌクマムと、大量生産のヌクマムを区別する必要もあると指摘されている。しかしこれは、伝統製法による業者を不利にし、大量生産のメーカーが有利になるとして強く非難する意見もあがっている。

 南中部沿岸地方ビントゥアン省ファンティエット市を本拠地とし、伝統製法によってヌクマムを製造している某業者の責任者は、「ヒスタミン含有量に関する基準にも問題がある。伝統製法で製造するヌクマムはいずれもタンパク質含有量が多く、ヒスタミン含有量も大量生産のヌクマムと比べて多い。ヒスタミンの多量摂取によりアレルギーを起こす可能性はあるが、1人当たりの毎日のヌクマム摂取量は非常に少ないため、アレルギーを起こすことは考えにくい」と述べた。

[Vnexpress 01:40 11/3/2019, 10:19 12/3/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
2020年テトのGoogle検索キーワードトップ10 (24日)
 インターネット検索大手の米グーグル(Google)は、2020年のテト(旧正月)前に最も多く検索されたキーワードを発表した。  2020年のテトに関するGoogle検索キーワードのランキングトップ10は以下の通り。 1...>> 続き
テトに需要急増の各種サービス、掃除から美容まで多種多様 (24日)
 例年、テト(旧正月)直前の時期は便利な各種サービスの需要が増す。多くの忙しい人々にとって買い物や家族の世話は大変で、その需要を満たすため、掃除からベビーシッター、配送、美容まで様々なサービスが人気...>> 続き
ハノイ唯一の線香村、テト間近の出荷ピーク迎える (23日)
 テト(旧正月)が間近に迫る中、ハノイ市ウンホア郡クアンフーカウ村(xa Quang Phu Cau, huyen Ung Hoa)は昼夜を問わず忙しく賑やかで、鮮やかな赤色の線香の束が一面に並んでいる。クアンフーカウ村はハノイ市に...>> 続き
交通違反罰金の検索アプリ「iThong」がリリース、国内初 (22日)
 ベトナム法律サイト「https://thuvienphapluat.vn」はこのほど、交通違反罰金額の検索アプリ「iトン(iThong)」をリリースした。これは交通違反罰金額の検索を目的とした国内初のアプリで、文字または音声による...>> 続き
グルメ専用SNS「Hatto」、ベータ版がローンチ (22日)
 グルメ好きな人向けのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ハット(Hatto)」のベータ版が17日にローンチされた。アプリはAndroidとiOSに対応しており、ウェブサイト<hatto.vn>からダウンロードする...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)