ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム、グリホサート系除草剤の新たな輸入契約を禁止

2019/03/27 16:01 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre,REUTERS
(C)Tuoi tre,REUTERS 写真の拡大

 農業農村開発省植物保護局はこのほど、化学物質「グリホサート(Glyphosate)」を含む除草剤の新たな輸入契約を結ばないよう、各組織や個人に求める公文書を出した。米カリフォルニア州地方裁判所で、グリホサートを含む除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」ががんを発症させた大きな要因だったと認められたことを受けた措置。ラウンドアップは米農薬大手モンサント(Monsanto)が製造販売している。

 植物保護局のホアン・チュン局長によると、現在ベトナムではグリホサートを含む除草剤が輸入販売されている。近い将来、使用禁止にする予定だが、それには手続きが必要となる。新たな輸入契約は禁止しても、市場に流通中の製品や既に契約した分については、通常通り販売されることになるという。

 植物保護局は、除草剤のメーカーや輸入業者に対し、グリホサートを含む除草剤の生産・在庫・販売・流通・輸入などの状況を3月30日までに報告するよう指示した。こうした措置は人の健康・安全と環境・生態系保護を目的とするもの。

 ベトナムは毎年平均10万tの農薬を輸入している。うち30%が除草剤で、30%は殺虫剤。残りは一時輸入後に再輸出されている。

[Tuoi tre 11:27 24/3/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
米国、ビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動 (6:40)
 ベトナム国防省防空・空軍部隊と米国国際開発庁(USAID)は20日、東南部地方ドンナイ省ビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動した。ビエンホア空港はベトナム戦争によるダイオキシン汚染が最も深刻...>> 続き
ベトナム最年少准教授、米国最難関大学の教授に任命 (4:14)
 ハノイ医科大学予防医学・公共医療研究所のチャン・スアン・バック准教授はこのほど、米国メリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の教授(兼任)に任命された。同氏は1984年生まれの35歳で、同...>> 続き
高級ブランド偽造品販売サイトを摘発、売上総額200億VND超 (3:26)
 公安省ハイテク犯罪防止警察局およびネットセキュリティ局は20日、高級ブランドの偽造品を販売していた2つのウェブサイトを摘発したことを明らかにした。  摘発されたウェブサイト「menshop79.com」および...>> 続き
ベトナム、国内初のプラスチックごみのリサイクル道路を建設へ (22日)
 紅河デルタ地方ハイフォン市のDEEP C(ディープシー)工業団地内で、プラスチックごみをリサイクルして作る道路建設プロジェクトがスタートした。プラスチックの大量生産と廃棄は国際的な問題となっており、これ...>> 続き
ベトナムとソウルの弁護士協会、戦争被害調査を韓国政府に要求 (22日)
 ベトナム弁護士協会と韓国のソウル弁護士協会は17日、ベトナム戦争でベトナムが受けた被害の調査を行い、それに基づいて戦争被害者に対する正当な賠償を実施するよう韓国政府に要求する共同声明を発表した。 ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)