ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム、グリホサート系除草剤の新たな輸入契約を禁止

2019/03/27 16:01 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre,REUTERS
(C)Tuoi tre,REUTERS 写真の拡大

 農業農村開発省植物保護局はこのほど、化学物質「グリホサート(Glyphosate)」を含む除草剤の新たな輸入契約を結ばないよう、各組織や個人に求める公文書を出した。米カリフォルニア州地方裁判所で、グリホサートを含む除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」ががんを発症させた大きな要因だったと認められたことを受けた措置。ラウンドアップは米農薬大手モンサント(Monsanto)が製造販売している。

 植物保護局のホアン・チュン局長によると、現在ベトナムではグリホサートを含む除草剤が輸入販売されている。近い将来、使用禁止にする予定だが、それには手続きが必要となる。新たな輸入契約は禁止しても、市場に流通中の製品や既に契約した分については、通常通り販売されることになるという。

 植物保護局は、除草剤のメーカーや輸入業者に対し、グリホサートを含む除草剤の生産・在庫・販売・流通・輸入などの状況を3月30日までに報告するよう指示した。こうした措置は人の健康・安全と環境・生態系保護を目的とするもの。

 ベトナムは毎年平均10万tの農薬を輸入している。うち30%が除草剤で、30%は殺虫剤。残りは一時輸入後に再輸出されている。

[Tuoi tre 11:27 24/3/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
JEBO、ハノイ市人民委主席に反論―トーリック川水処理問題で (5:18)
 ハノイ市を流れるトーリック川で今年5月に、株式会社日本環境ビジネス機構(JEBO)が日本のバイオリアクター技術「Nano-Bioreactor」を活用した水処理システムを試験的に導入したことについて、同市人民委員会の...>> 続き
国家公共サービスポータルサイト開設、まず8つのサービスから (10日)
 国家公共サービスポータルサイト<www.dichvucong.gov.vn>が9日、稼働を開始した。このポータルサイトではオンライン公共サービスを提供し、まずは以下の8つのサービスを取り扱う。 ◇運転免許証の更新 ◇国...>> 続き
ミシェル・オバマ前大統領夫人が専用機でベトナムに到着 (10日)
 前米ファーストレディで、法律家のミシェル・オバマ女史はこのほど、夫であるバラク・オバマ前大統領と共にベトナムを訪問した。  前大統領夫妻を乗せた専用機は、8日午後6時9分ごろにホーチミン市タンソン...>> 続き
フック首相、海洋プラごみ管理の国家行動計画を公布 (10日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、2030年までの海洋プラスチックごみ管理に関する国家行動計画を公布した。海洋プラスチックごみを中心とするプラスチックごみの問題を解決することが狙いだ。  同計...>> 続き
ミスユニバース・ベトナム2019、グランプリ女性があわや性虐待被害の過去を告白 (10日)
 ミスユニバース・ベトナム2019の決勝が南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市で12月7日に行われ、チャン・カイン・バンさん(24歳)が43人の候補者との争いを勝ち抜いてグランプリに輝いた。昨年度のミスユニバ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)