ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

タクシー車内で産気づいた妊婦、路上に置き去りで男児死亡

2019/08/21 05:05 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre,CTV
(C)Tuoi tre,CTV 写真の拡大

 東南部地方ビンフオック省で17日、タクシー運転手が車中で産気づいた妊婦の運搬を拒み、道端に降ろして走り去るという事件が起きた。妊婦は路上で男児を出産したが、男児はまもなく死亡した。

 妊娠7か月余りのYさん(33歳)は17日午前5時ごろに急な腹痛を催し、家族がタクシーを呼んで病院に向かった。10kmほど離れた村の医療施設に着いたが、設備が不十分なため、ドンソアイ市の病院に向かった。しかし5kmほど走ったところでYさんが産気づいた。運転手はYさんと付き添いの家族を車から追い出して走り去り、1時間ほどして通りかかった別の車に病院に運んでもらったという。病院で男児の死亡が確認され、Yさんは入院して治療を受けている。

 この事件について、ハノイ市弁護士会所属のチャン・トゥー・ナム弁護士は、2015年刑法第132条で規定する生命が危険な状況にいる人に対する救助拒否の疑いで、運転手を起訴できるとの見方を示した。

 一方、ホーチミン市法律大学刑法学科の教員ディン・バン・ドアン氏は、運転手の行為には一切同意できないとした上で、刑事責任を問うには不十分との考えだ。刑法第132条の罪に該当する要件は母親の死亡だが、Yさんは生存している。また、男児が生まれたのは車からYさんを降ろした後であり、車から降ろした事が男児の死亡の直接の原因とは言えないという。ホーチミン市弁護士会のグエン・キエウ・フン弁護士も同様の見方を示し、「法律の穴」だと指摘した。
 

[Tuoi tre 11:11 19/8/2019 / Zing 16:41 19/8/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ハノイ:水道水の悪臭、原因はスチレン―違法投棄の廃油に含有か (6:49)
 ハノイ市南西部の広域で10日から水道水が悪臭を放ち生活用水として利用できない状態が続いている中、市当局は15日に水道水の成分検査の結果を発表した。  検査の結果によると、水道水中のスチレン濃度がベ...>> 続き
妻の凍結保存胚を愛人に移植、夫が病院だまして (6:17)
 ハノイ市の郵便病院で、夫が病院側をだまして凍結保存されていた妻の「胚(受精卵が発育したもの)」を愛人に移植させていたことが発覚した。  調べによると、紅河デルタ地方バクニン省在住の夫妻は1990年に...>> 続き
美容整形クリニックでフェイスリフト手術後に女性が死亡、ホーチミン (3:39)
 ホーチミン市3区にあるカンナム(Kangnam)美容整形クリニックでこのほど、米国在住の越僑(在外ベトナム人)の女性(59歳)がフェイスリフト手術を受けた後に死亡した。  女性は11日午前、フェイスリフト手術を...>> 続き
THグループ、ハイテク医療複合施設案件を始動―慶応大学と協力覚書 (16日)
 ベトナムの乳業大手THグループは14日、ハノイ市ドンアイン郡ティエンズオン町(xa Tien Duong)で「ハイテクメディカルヘルスケアコンプレックス」設立プロジェクトの始動式を執り行った。  これは、◇予防医...>> 続き
ビナシン幹部らによる国の資産横領事件、控訴審で元会長にさらに重い刑罰 (16日)
 オーシャンバンク(Ocean Bank)における簿外の利息支払いによる国の資産横領事件の控訴審でハノイ市上級人民裁判所は14日、造船工業総公社(ShipBuilding Industry Corporation=SBIC、旧ビナシン=Vinashin)の元...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)