ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ビンG会長、ウクライナ人の帰国便を手配―第二の故郷に恩返し

2020/03/25 04:59 JST配信
Clip to Evernote
(C) cafef
(C) cafef 写真の拡大

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)のファム・ニャット・ブオン会長は、ボーイング787ドリームライナー型機(Boeing 787 Dreamliner)をレンタルし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でベトナムに立ち往生していたウクライナ人の帰国を手配した。

 ウクライナ名誉領事のブー・ディン・ルエン氏が明らかにした。ルエン氏は、「ベトナムとウクライナを結ぶ直行便がなく、経由便も運航が停止されてしまったため、在ベトナム・ウクライナ大使館はこの1週間、ウクライナ人の帰国をどのように手配するか頭を抱えていたが、ブオン氏のおかげで皆がチャーター便で帰国できた」と述べた。

 ブオン氏は奨学金を得てロシアのモスクワ地質調査研究所(現:ロシア国立地質調査大学)に留学し、1993年に卒業。その後、ウクライナでベトナムレストランを開き、ベトナムから製麺機を輸入しインスタントラーメンを生産すると、地元で大評判となった。ブオン氏の会社「テクノコム(Technocom)」は、ウクライナのインスタント食品加工分野でトップ企業となった。

 2000年代に入ると、ブオン氏は祖国の発展のためにベトナムへの投資を開始。2009年にテクノコムをネスレ(Nestle)に売却しベトナムに本拠を移したが、一族にとって第二の故郷であるウクライナへの恩返しを続けている。

[Cafef 23:55 23/03/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [社会]
ベトナムの女子高生、ハーバード大学4年間の奨学金を取得 (6:28)
 南中部沿岸地方ビントゥアン省ハムトゥアンバック郡フーロン町(thi tran Phu Long, huyen Ham Thuan Bac)にある小さな家に住む高校3年生のレ・ミー・ヒエンさんに、朗報が届いた。返済不要の奨学金を4年間取得...>> 続き
光海底ケーブルAAG、トラブルでアクセスに影響 (3日)
 2日、ベトナムと香港を結ぶ光海底ケーブル「アジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)」のS1支線にトラブルが発生した。携帯通信最大手の国防省傘下ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)が明らかにした...>> 続き
日本政府、ベトナムに関する水際対策を強化―入国拒否対象に追加 (3日)
 日本政府は1日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策本部の会合を開催し、ベトナムからの入国について新たな水際措置を取ることを決定した。  この措置は4月3日午前0時から適用されている。措置の実施...>> 続き
新型コロナ、ベトナム国内の感染者233人に―75人が完治 (3日)
 ベトナム保健省によると、1日午後から3日午前までに国内で新たに21人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性と判明した。これにより、ベトナム国内の感染者は233人に増えた。一方、2日午後までに75...>> 続き
ベトテル、追加料金なしで通信量2倍に―自宅勤務の需要増に対応 (3日)
 携帯通信最大手の国防省傘下ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は2日、インターネット契約者全員に対し、追加料金なしで通信量を既存契約の2倍に増やしたと明らかにした。  同社がこの措置を...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)